テーマ:クリシュナムルティ、ボーム

ご連絡

このところ、多忙で書き込みができないですみません。 また、今日から8日まで留守します。 どうぞよろしくお願いします。
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

5月30日KB会題材

あすのKB会ですが、みなさまより頂いている題材は次の通りです。 日々是好日 愛と慈悲 量子力学と観測問題 「臨済の四料揀」を解説して欲しいです。 なんかハッキリ理解出来ないので。 質問1 人はなぜ、楽になることを追い求めるのか。 質問2 人との縁は仏教思想の縁起とどのように相関しているのか。…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

時間の終焉

>時間の終焉という著作を出された愚さんに質問があります。 私たち凡夫は時間を過去から現在そして未来へ続くと考えています。 時間が終焉すると時系列の順番はどうなりますか? 例えば私は16歳に起きた出来事が前、18歳に起きた出来事が後だと記憶してますが、この順番はなくなるのでしょうか? それとも記憶自体がなくなるのでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:67

続きを読むread more

5月30日KB会のお知らせ

5月30日KB会のお知らせ  次回KB会は次の通りです 5月30日(木曜)18:30より20:00・・・途中入退出自由 港区立生涯学習センター(ばるーん)205教室 http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/toshokan/shogaigakushu/01.html htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

修証一等(正法眼蔵 弁道話)

修証一等(正法眼蔵 弁道話) 道元禅師の言葉であるが、修行と悟りは一つのものだということです。通常は、修行して証(悟り)を得るわけですが、そのふたつは別のものではないということです。 煩悩だらけの自分が、長い間修行を重ねて、悟るという初期仏教をひっくり返したものです。わかってみれば、そもそも最初の修行から、悟りそのものであっ…
トラックバック:0
コメント:58

続きを読むread more

煩悩即菩提(水月集)

煩悩即菩提(水月集) よく耳にし、また、よく理解できない言葉です。 煩悩というのは、心身を乱し、悩ませ、正しい判断をさまたげるもの。要するに、仏教でいえば、貪瞋痴が代表で、一般的に言えば、欲しい、惜しい、憎い、可愛い、等々です。 菩提というのは、早い話が、真理を悟って、煩悩のなくなったところです。 この二つが一緒…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

真理への道

>いつも興味深く動画拝見しております。 キャスリーンの動画を拝見して改めて宗教の 全体像を意識して見るきっかけになりました。 自分なりの考えをこちらにまとめたいとおもいます。 どのような宗教体系にしても 結局のところ、体(及びそこから生じる精神)をある状態にした時に生じた「感覚」そのものを 様々な言葉で…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

次回KB会題材募集

みなさま お世話になります。 前回ご連絡するのを忘れましたが、次回は 5月30日(木)18:30@新橋です・・・・ 改めて、ご案内します。その次は、6月27日(木)です。 次回の議題を募集します。過去のものと重複してもOKです。 いまのところは、次の通りです。 日々是好日 愛と慈悲 量子力学と観…
トラックバック:1
コメント:34

続きを読むread more

KB会4月25日ビデオ

田北さんがアップしてくれました・・・・・ KB会関係各位 田北です。  大変遅くなりました。4月25日のKB会動画をアップしました。 https://youtu.be/JhLR_iasqlk 今回は、カトリックシスターで、禅の印可証明も持っている キャサリーン・ライリーさんのお話と質疑でした。    あと、私事で…
トラックバック:0
コメント:105

続きを読むread more

対象化

>質問させて下さい。 1、対象化できないとは、目は目そのものを対象化できない そのような意味でしょうか。 そうです >2、身体は対象化できるとありますが、今目の前に手があります。 わたしと手は分離しているような感覚です。 そうです、手は対象化できるんです。 >3、本来は対象化できるものは、ないのですが、わた…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

不生の仏心

>思考のない気づき瞑想中、経験してます。 >気づく主体を仮にXとします。 その場が般若心経で唱えられている場でしょうか。 また盤珪禅師がいう不生の仏心でしょうか。 不生不滅の場。 飛びすぎでしょうか。 般若心経の場という意味がわからないのですが、般若心経が主張しているのは 「わたし」はいないよ、ということだけです。…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

本来の自己

>本来の自己の空っぽの所を気づいた所が空ですかね。 そして煩悩などは色と言えますか? カムイ 気づいても、気づかなくても、本来の自己は空っぽなんで、空なんです。 2019/05/02 11:57 >もしそうであれば、本来の自己とは空でもあり色でもあることになりますね。 だから色即是空ですか? カムイ 色即是空…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

思考の停止

>思考は本来の自己から来てるんですよね。 となると、思考停止または沈黙とは本来の自己の停止または沈黙ですか? それとも沈黙が本来の自己のありようですか? 思考があろうがなかろうが、うれしい、悲しい、煩悩、みな、本来の自己の現れです。 この本来の自己は、空っぽなのですが、煩悩とかがあると、なにか実体があるように思っちゃうわ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

矛盾

>脳は自分の中の矛盾に気づくとは、 どのような意味になりますか? 大事な意味だと思います。 心理的な問題の作り手は「わたし」であり、その作り上げた問題を「わたし」が恐れ、嫌い、解決しようとしているという矛盾です。 意外ですが、元来、あらゆる問題は存在しません。思考過程が働かなければ心理的な問題は存在しないという簡単な理由…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

存在感

>今外からクルマの音が聞こえてます。 わたしが聞こうと思わなくとも聞こえます。 ここからです。で誰が聞いているのと自問します。するとわたしが聞いているという実存感が湧いてきます。そこで観察してみると思考がこの実存感を作り上げていると気づきます。 その時思考は見れない、思考のままであると。 一瞬のことを言葉で表現したので、うまく伝…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

思考のない気づき

>今日はKB会の動画を拝聴してました。そして今までの瞑想体験を振り返り、構造を理論的に理解しました。 理論と実践ですね。今のお寺にかけているのは、理論を教えないことだと痛感しました。まあ、今までの老師の不親切が良かったかもしれませんが。 >思考と思考者の違いが良く分かりませんでしたが、愚さんの理論と瞑想の実践を吟味すると、理解が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シャドーボクシング

>朝、仕事中悶々としてました。いつもなら、何らかの言い訳をして抑圧してしまうのですが、 その悶々ととした気持ちを身体中で味わい、 別の部屋でシャドーボクシングの真似で、なんだよう、バカヤローとやりました。 その後は効果的面でしたよ。 何ならかの不快感情が出る度に、身体で感じ、身体に任せるようにしてます。 けして自我で解決…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

無字の公案 と 現在の問題のブリッジ

>六根によるなんらかの入力後、感情がぐわっと出てきます。今までは、思考で解決をこころみていました。正確には、勝手に出る思考です。そこで苦しみます。自我が分裂しているので、当たり前ですね。 >昔ゴエンカさんのリトリートに出た経験があります。思考には全て身体的感覚が伴っていると 習ったような。 >そこで、愚さんのアイデアを借り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

完全無欠

>それ(スマホはわたしである)を実証すれば、私は私に落ち着き、完全無欠に成るで良いでしょうか。 完全無欠に成るのではなく、もともと完全無欠であったということに気が付くわけです。 通常、自分は不完全だと感じます。恐怖、欲望、心配、欲求不満、ありとあらゆる煩悩があり、そのため、不完全だと感じます。罪深さを感じたりもしま…
トラックバック:0
コメント:104

続きを読むread more

わたしとスマホ

>私がスマホを見る、スマホはわたしでない。 同じく私は私の身体をみる 身体は私でない。 見るものと見られものは、同じでないとは。 で何故私がスマホとなるのですか。 つまり、あらゆるものは私ではないということになります。 これは結構衝撃的です。というのは、わたしは、自分の過去、経験、 身体、家族関係、といったものを、私の一…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

思考と自我

>思考が先で自我が後なんですかね。 なので、一般的な わたしが考えてるは間違い? しかし、 本来の自己が先で思考が後かな? なので構造としては 本来の自己→思考→自我 こんな感じでいいですか? そうです。本来の自己が思考しているんですが、思考はそれを見て、 思考者=自我が思考していると錯覚します。 むずかしく…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

観察・・・・目撃

>瞑想中の体験で、経験していることから質問させて頂きます。 こころを観察する空の瞑想 も します。 観察というより目撃意識のほうが、より体験に近くなります。 観察というと対象に働きかけている感じですので、 主体なく目撃したというほうが言葉としては適切かもしれません。 ふわっとした感じで、思考に同調せず、嫌わず、好…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

観察者

>観察者の不在の場所とは、思考と思考の間の沈黙の場所でしょうか? いつでもどこでも、観察者は不在です。 いま、この文章を読んでいる観察者はいません。 つねに観察者はいないのですが、思考があるとき、あたかも思考者がいるような感じがします。 そこで、思考が静まると、観察者の不在に気が付きやすいわけです。 思考と思考…
トラックバック:0
コメント:128

続きを読むread more

無意識の浄化

>無意識となってしまった 過去の嫌な感情を伴う記憶を浄化したいのですが 座禅中 何かに集中することで意識化された無意識が現れても気がつきにくいと思うのですが このあたりいかがでしょうか? 坐禅で三昧に入ると、意識化されなくても、無意識が浄化されてしまうようです。無意識の意識化というのはさまざま困難が伴うので、この意味では坐禅…
トラックバック:0
コメント:50

続きを読むread more

無字の公案

>人為的に思考を止めるわけですね。だから、ムームーだけではダメなわけです。 どんな疑団を持つか、そこがポイントですね。 >だから、わたしはダメだったんです。 強い疑団がありませんでした、つまり工夫が足りない、無門さんの説明が届きませんでした。 熱鉄丸を飲み込むように、吐くとも飲み込む事もなく、ここの工夫をどう自分でアレンジす…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

公案禅と只管打坐

>ムームーと止観は矛盾しませんか? 矛盾しません。いずれも、観察者を消す方便です。 只管打坐は、対象を思考にします。・・・・止観は息でしたっけ・・・ それをただ観察していくわけです。 ただ、観察しているときに観察者はいなくなります。 そうなると思考の停止となります。 このとき、ふと気が付くわけです。 無字は、対…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

首山竹篦(しゅざんしっぺい)無門関第43則・・・・美

首山竹篦(しゅざんしっぺい)無門関第43則 首山和尚が,竹篦(しっぺい;竹の短い棒のようなもの)を取って、修行僧に言う、「これを竹篦と呼べば、触れるし、竹篦と呼ばなければ、背く。さあ、なんと呼ぶか言ってみろ」 身近なものでいえば、目の前のパソコンを見ながら、パソコンと呼べば、触れる、パソコンと呼ばなければ背く、さあ、なん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more