死の恐怖

以下、ご質問を受けましたので、YOUTUBEのコメントに書いたものです。


何回も聴いていますが、聞く度に新しい気付きがあります。ところでブログにコメントできるか懲りずにテストみましたが、やはり海外IPからはエラーがでました。
なので、私からの質問とかは面倒くなりますが、このYouTubeだけです。


今、アメリカは遅れてコロナウィルス騒ぎになりました。
そこで、『恐怖の構造』について知りたくなりました。


コロナウィルスの背景には死の恐怖があり、
恐怖の構造が分かれば、それに気負けできずに真正面に向かえるかなと思えてきました。


トイレットペーパー無しで生きなければならない可能性が上がったのも怖くなりましたし、食料品も買えなくなるかもしれないと思うと、超然していられないと思います。
仕事もできなく、学校にもいけなくなっているのに、
禅で心を落ち着かせと言ったら石投げられるそうですし。


『不安の構造』これも知っておく必要があるかなと思ってますので、
どうぞご指導お願いします。




Krishnamurti Bohm
Krishnamurti Bohm
1 秒前
死の恐怖

死の恐怖、というのは、この前YOUTUBEにアップしたばかりですが、別の観点から見てみたいと思います。これを理解すれば、不安とか他の問題へのアプローチもわかると思います。

禅のスタイルだと、死の恐怖は、まず、死ぬものを探せ、そうすれば、見つからないだろう、だから、死ぬ自分はいない、死の恐怖はないんだ、という感じになるわけです。それはその通りなんですが、仮に、浅い悟り、見性をしたところで、そうはうまく行きません。
坐禅して、そんなことやってるうちに死んでしまいます。

問題は火急です。いま、死の問題に対処しなければなりません。
まず、わたしたちは、死の恐怖という問題に対して、否定的にアプローチします。つまり、初めに、死の恐怖があり、それから逃れようとします。そして、逃れる手段を探すわけです。

つまり、死の恐怖のある状態が今です。そして、死の恐怖のない未来の状態を想像して、そこへ向かおうとします。そして、そこへ向かっている間、恐怖はあります。未来はいつまでも来ません。恐怖は終わることがありません。

そこで、この取り組みを一時取りやめて、死の恐怖を調べます。恐怖は対象を持ちます。つまり、知っているものしか恐れられません。知らないものを恐れることはできません。死は経験したことのないものです。ですから、死を恐れることはできないのです。これは要点です。

わたしたちは、死そのものではなく、死という言葉によって引き起こされるイメージを恐れているわけです。自分が社会からいなくなること、身体が冷たくなること、ひとりぼっちになること、そういったイメージを恐れているわけです。

わたしは、このイメージを作り、そして、わたしは、そのイメージを恐れ、わたしは、その恐れから逃れようとしています。これが構造です。

どうぞ、わたしのストーリーを受け入れることなく、ご自分で検証してみてください。

つまり、全体は、「わたし」の一人芝居なんです。

じゃあ、一人芝居を止めればいいんだ、一人芝居をやめようとします。このように結論を急いではいけません。ここで、少し時間を置きます。構造を、かみしめるように、ゆっくりと理解します。この構造を理解すれば、構造自体が壊れます。努力がいりません。要するに、なにもしないんです。

もし、それほどうまく行かないなら、死の恐怖とそこから逃れることは、右手が左手を引っ張っているようなものだと理解すればいいです。

このとき、恐怖があろうがなかろうが、そこから逃れようとしようがしまいが、どうでもいいことだとわかります。別のいいかたをすれば、死の恐怖があってもかまわないんです。

これを実践的にしたのが、先日のYOUTUBEの内容です。恐怖そのものになっていけ、ということです・・・・・・そうだ、この構造もあらためて、YOUTUBEにアップしますか・・・

くれぐれもお願いするのは、静かに、ゆっくりと、この恐怖の構造を、ご自分でひとつひとつ確かめてください。その理解が恐怖から解放してくれます。

"死の恐怖" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント