わたしたちの問題

ある方からメールをいただき、思ったのですが・・・・

わたしたちの問題は、なにか?ということですが、自分の置かれている状況を理解していないということに尽きると思うのです。

置かれている状況を理解すれば、おのずから、つまり、努力なく、アクションが生まれます。

家に火がついていれば、努力なく、逃げ出します。頭に火が付けば、努力なく、火を払います。

つまり、わたしはわたしの日常を見ていくわけです。ある時は不安にかられ、ある時は怒り、ある時は嫉妬し、ああだこうだを
そのまま見ていくわけです。そうすると、自分がいかに外部ないし内面の思考、感情に、翻弄されているかがわかります。

こういうことを繰り返して、ときたまの幸せはあるかもしれませんが、死んでいきます。

早い話が、牢獄に閉じ込められた囚人です。

この現実をリアルに見るとき、「こんな人生、イヤだ!」という叫びが生まれてきます。

そして、ここから、自分で確かめることが大事なのですが、その中心に自我、エゴというカタマリがあるのに気づきます。

この中心がある限り、外面の世界、感情や思考の内面の世界、それらに翻弄されるのは避けられないと悟ります。
この中心がある限り、わたしは永遠に牢獄にいることでしょう。

そこで、爆発的なエネルギーが生まれてきます。否定のエネルギーです。そのエネルギーは、坐禅に向かうのか、そのほかに向かうのか
わかりませんが、それ自体の力を持っています。

ですから、必要なのはこのエネルギーです。わたしたちは、たくさんのエネルギーを持っているのですが、それが、日常のああだこうだで浪費しているわけです。不安と戦い、恐怖と戦い、人間関係で守り、ああだこうだです。ですから、その浪費をやめます。

つまり、こうなります

日常の自己の観察+エネルギー=爆発・・・・・それが、わたしを解放してくれるのです

"わたしたちの問題" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント