6月16日ライブやります・・・怒り、後悔、罪悪感、トラウマ、懺悔、自己

みなさま

お世話になります。

前回は、こちらの手違いで、うまくライブできず、すみませんでした・・・

あす、6月16日(火曜日)、19時より、ライブやります。

怒り、後悔、罪悪感、トラウマ、懺悔、自己

https://youtu.be/rfgW9fguoCQ

質問

1)怒りについて

これ、感情も同じことですかね?怒りにひっかっかてると思ってたんですけど。怒り自体はその場で爆発して終わってるから、怒ったこと自体は迷いではないってことですか?そこから引き出される過去の記憶、そういえばあの時こう言ったあ〜言ったと切りもなくぐちゃぐちゃ言葉が出まくるのを迷いと呼ぶだけですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぜひご教示ください。
私も、しめきさんの質問にあるような構造で、坐っていてもしばしば連想が連鎖していってしまいます。いわゆる二の念を継いでいってしまいます。


2)一つ質問(悩み)がありまして、ライブ等で取り上げて頂き解説して頂けると大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

質問︰後悔への対応方法

私の場合、特に人間関係が上手くいかず、何であの時あんなことを言ってしまったんだろうと後悔することがよくあります。寝ている間も、テレビを観ている時も、歩いている時でも、当時の会話のやり取りを思い出しては後悔ばかりしてしまいます。全く「今」に生きていないことはよく分かっており、渡辺さんの言われるように「厶ー」とか試みるのですが、上手く解消することができません。また別の方法として感情になり切るという方法もあるのでしょうが、決して怒ったり悲しんでいるわけではないので、後悔の感情になり切ると益々後悔の念が深まりそうです。どう対応すればよいかご指導ください。

もしかしたら同じ様なこと(後悔、罪悪感)で悩んでいる方もおられる様な気がしたことから、メールさせて頂きました。どうぞよろしくお願いいたします。

渡辺 充
09040643765

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ペリフェラル
2020年06月15日 08:47
悔恨、後悔、怒り、懺悔などについていえば、脳-身体を時空間における立ち位置設定の記録デバイスに尽きると捉える限りは、これらのネガテイブ感情は不可避だと思います。 100パーセント回避不可能です。

時空間における立ち位置そのものは無意味、虚仮であって、立ち位置に触れる、立ち位置がその中で生起する「気づき」だけが真理であることにコペルニクス的転回をしましょう。
2020年06月15日 14:52
うん?

怒り💢?

他心通が足りん^_^

修行不足や^_^
2020年06月15日 14:57
他心通とは、相手の心を見通す力のことである。しかし、この言い方では漠然としていて分かり難いであろう。そこで敢えて分かり易く言い変えれば、他心通とは「相手に決して騙されることがない力」である。すなわち、相手の言葉や表情、振る舞いそのものに影響されることなく相手の真意を一瞬に見極める力。それが他心通である。解脱者は、他心通があるゆえに人間関係において過ちを犯すことがない。

ふむふむ^_^

2020年06月15日 17:49
つまりや・^^

武士道とおなじや^^

怒ったら隙がでて刺されるで^^
2020年06月15日 17:51
・・・ということは・・^^

常に無我の境地に住んでいんとあかん^^

ということや^^
2020年06月15日 17:53
相手になりきる^^

とだれかが言いそうな感がする^^
宮啓
2020年06月15日 18:57
 とても興味があります。よろしくお願いします。
2020年06月15日 21:49


>ペリフェラルさん
>
>悔恨、後悔、怒り、懺悔などについていえば、脳-身体を時空間における立ち位置設定の記録デバイスに尽きると捉える限りは、これらのネガテイブ感情は不可避だと思います。 100パーセント回避不可能です。
>
>時空間における立ち位置そのものは無意味、虚仮であって、立ち位置に触れる、立ち位置がその中で生起する「気づき」だけが真理であることにコペルニクス的転回をしましょう。

ありがとうございます・・・・あす、ライブで、ご意見をみなさんにご紹介したいと思っています。
地球人
2020年06月15日 23:50
怒り、憎しみは根深い。民族の争いは1000年以上続くこともあります。

男女間だけでなく人間関係は愛憎なんですね。
2020年06月16日 01:50
全てを受け入れられる人^_^

その人は怒りも憎しみもない^_^

一人くらいいてもおかしくはないな^_^

その人は真に無我なんだろうな^_^
宮啓
2020年06月16日 21:15
 ライブ見ました。

 「ネガティブ感情に見舞われること、見舞われたら避けられないことを理解することが悟りである。」という言葉に感銘を受けました。

 今が戦国時代(大混乱)であること、その中で、ひとつの個体がネガティブ感情に見舞われないことはありえないですね。機械的に見舞われる。

 ネガティブ感情に見舞われたら、これをいじることなく、味わって、浄化に繋げる。
2020年06月16日 23:58


>宮啓さん
>
> ライブ見ました。
>
> 「ネガティブ感情に見舞われること、見舞われたら避けられないことを理解することが悟りである。」という言葉に感銘を受けました。
>
> 今が戦国時代(大混乱)であること、その中で、ひとつの個体がネガティブ感情に見舞われないことはありえないですね。機械的に見舞われる。
>
> ネガティブ感情に見舞われたら、これをいじることなく、味わって、浄化に繋げる。

そうですね・・・・・あらゆる感情は自己ですから・・・・それを避けても意味がないわけです。
ペリフェラル
2020年06月17日 08:43
三次元空間で身体を防衛するという条件にあるかぎり、ネガテイブ感情は不可避ですね。どれだけ勝利したヘビー級ボクシングの世界チャンピオンや大相撲の横綱も、内面はネガテイブ感情でいっぱいだと思います。恐れ、葛藤、後悔、虚しさ。経済の競争、政治や知性の闘争、家族や友人の間での葛藤なども同じでしょう。けっして幸福には行きつかない。

ネガテイブ感情に直面せずに回避したり逃避したりすることは間違いですが、身体の防衛本能による闘争を正当化することも間違いですね。
地球人
2020年06月17日 11:49
怒り、憎しみの感情が厄介なのは、ネガティブではなくポジティブだからです。

ですから、民族、国の闘争心は長年に渡って続くのです。笑
地球人
2020年06月17日 12:32
煩悩は生の欲求であってネガティブではなくポジティブでしょう。

菩提心は生の欲求の諦めであってネガティブです。

やっかいです。笑
2020年06月17日 22:40


>ペリフェラルさん
>
>三次元空間で身体を防衛するという条件にあるかぎり、ネガテイブ感情は不可避ですね。どれだけ勝利したヘビー級ボクシングの世界チャンピオンや大相撲の横綱も、内面はネガテイブ感情でいっぱいだと思います。恐れ、葛藤、後悔、虚しさ。経済の競争、政治や知性の闘争、家族や友人の間での葛藤なども同じでしょう。けっして幸福には行きつかない。
>
>ネガテイブ感情に直面せずに回避したり逃避したりすることは間違いですが、身体の防衛本能による闘争を正当化することも間違いですね。

あらゆる感情から逃避しなければ、どういうことになるのでしょうね?
2020年06月17日 22:42


>宮啓さん
>
> ライブ見ました。
>
> 「ネガティブ感情に見舞われること、見舞われたら避けられないことを理解することが悟りである。」という言葉に感銘を受けました。
>
> 今が戦国時代(大混乱)であること、その中で、ひとつの個体がネガティブ感情に見舞われないことはありえないですね。機械的に見舞われる。
>
> ネガティブ感情に見舞われたら、これをいじることなく、味わって、浄化に繋げる。

実験されたらいいです・・・・単純ですが、結構、難しいですが、得るものも多いと思います。
宮啓
2020年06月18日 19:52
>> ネガティブ感情に見舞われたら、これをいじることなく、味わって、浄化に繋げる。

>実験されたらいいです・・・・単純ですが、結構、難しいですが、得るものも多いと思います。


 はい。

 私は、クリシュナムルティを読むときには、可能な限り実験を試みています。

 実験することによって、更に理解が深まることが分かります。。
地球人
2020年06月19日 11:01
ネガティブな感情はネガティブな現実から生じるわけです。

ネガティブな感情を味わって浄化されて、ネガティブだった現実がポジティブな現実に変わりますか? そうでなければ意味ないです。 



地球人
2020年06月19日 20:47
仏教の時代の昔は人権が守られてない酷い社会だったから、一切皆苦だったのだ。
現代は一切皆苦なんて言う人はいない。
現代人は自業自得の利己主義の自我苦です。
そんな人は黙照禅は無理であって、渡邊さんのバカヤロー禅がお勧めです。
通行人
2020年06月19日 21:05
利己主義のエゴの強い人は日常でバカヤロウ!と平然と口走る。^^
坐禅は当然、無理! 坐禅のできない人は多いよ。
地球人
2020年06月19日 22:05
坐禅をする人は「バカヤロー」は言わない。

そんな境涯は超えている。
地球人
2020年06月20日 10:49
坐禅をする人は枕叩きなんてしない。
地球人
2020年06月20日 11:54
坐禅とは即今の覚醒
地球人
2020年06月20日 12:09
過去も未来も今日の後付け
通行人
2020年06月20日 17:43
即今は因縁生起、諸法無我の仏教とは違うんじゃないの?^^
地球人
2020年06月21日 09:36
ん? 因果で生きてるんじゃないのか。

2020年06月21日 09:51
うん?

因縁性空やな・・^^
2020年06月21日 09:57
私はつむじ風^^
地球人
2020年06月21日 10:00
ん?

因果を無視して、マスクしないで人ごみの街中に出たら、コロナウィルスに感染することもある。因果応報。 

即今では感染します。笑
2020年06月21日 10:05
うん?

天命やな・・^^

すべては必然^^
2020年06月21日 10:11
孔子先生はおっしゃいました。「私は十五歳のときに学問を志し始めました。三十歳にして独り立ちをし、四十歳で迷うことがなくなりました。五十歳のときに天命を理解し、六十歳のときに人の意見を素直に聞けるようになりました。七十歳の時にやっと自分の思うままに行動をしても人の道を踏み外すことがなくなりました。」と。
地球人
2020年06月21日 10:13
ん?
自分ひとりならいざ知らず、人に感染させて巻き込むのを天命とは言わない。

だから、因縁生起、諸法無我を無視する即今の禅は仏教では無い。^^
通行人
2020年06月21日 10:34
コロナウィルス感染の即今只今では、当然、マスクするでしょ。^^
地球人
2020年06月21日 10:57
即今とは諸行無常の刹那の体験であって、因縁生起の諸法無我に由縁してるわけではない。
地球人
2020年06月21日 11:36
いずれにせよ、即今、刹那の体験は個々だから、「我有り」です。
地球人
2020年06月21日 11:59
無我だったら、作曲できないですよね。

地球人
2020年06月21日 13:37
但し、我有り、自我有りの認識だと生死は避けれらない。
通行人
2020年06月21日 18:03
自我とか、無我とか、神だの仏だのヒト科の猿が居るだけだわ。^^
地球人
2020年06月21日 23:15
確かに、体調虐殺、核兵器を作ったり、ヒトほど凶暴なサルはいないな。

自ら抑制する神仏を創造したのも自明と言える。苦笑
地球人
2020年06月21日 23:16
大量虐殺
ゆききち
2020年06月22日 17:02
はじめまして渡辺さま。
真理を知りたくて 禅にも興味を持っている者です。
最近になって偶然 渡辺さんも 動画に出会い
渡辺さんの 聡明さとあったかさに惹かれて
最初の動画から毎日 視聴しています。
今は まだ2014年のところなのですが 毎回面白いので
急がずにじっくり味わって見続けようかと思います。

そこで、分からないことが湧いたのですが ひとつお聞きしていいですか?
「因果」のことです。
人は 生まれたときから 因果を持っていて
それが個性。というようなことを 何度か仰られてるんですが
それだと「 私」という輪廻を繰り返してきた実体があるようになりませんか?
「私」はない。実体はない。 は 理解していたつもりですが
「人それぞれの持って生まれた個性」=「因果」と なんか繋がらないので
もやもやしています。
もしよろしければ ヒントなど頂ければ嬉しいです。





地球人
2020年06月22日 17:43
因果、因縁で変化しても、自己同一性の自我は実体と言えますね。
地球人
2020年06月22日 17:59
諸法無我と言いますが、私である自我意識は変わらない。
地球人
2020年06月22日 18:30
記憶喪失になっても、自我意識は変わらない。
2020年06月22日 18:33


>ゆききちさん
>
>はじめまして渡辺さま。
>真理を知りたくて 禅にも興味を持っている者です。
>最近になって偶然 渡辺さんも 動画に出会い
>渡辺さんの 聡明さとあったかさに惹かれて
>最初の動画から毎日 視聴しています。
>今は まだ2014年のところなのですが 毎回面白いので
>急がずにじっくり味わって見続けようかと思います。
>
>そこで、分からないことが湧いたのですが ひとつお聞きしていいですか?
>「因果」のことです。
>人は 生まれたときから 因果を持っていて
>それが個性。というようなことを 何度か仰られてるんですが
>それだと「 私」という輪廻を繰り返してきた実体があるようになりませんか?
>「私」はない。実体はない。 は 理解していたつもりですが
>「人それぞれの持って生まれた個性」=「因果」と なんか繋がらないので
>もやもやしています。
>もしよろしければ ヒントなど頂ければ嬉しいです。
>
>
この問題は、こんど、ライブでやりましょうかね・・・・・

結論からいえば、簡単です。因果だけがあって、因果を持つ主体はない、ということです。

ですから、因果のままに、わたしはこのようにPCを叩いているわけです。しかし、その主体はありません。

似たような感じで、経験はあるが、経験者はいない。

わたしたちは、行為があると、行為する主体があるというようにしてしまいますが、それは言葉の制約からくるもので、事実ではありません。

コロナウィルスは、因果の結果です。それぞれのウィルスは別の因果を持っているでしょう。しかし、その主体はありません。ただ、因果の連鎖があるだけです。

わたしも一緒です。生まれる前の因果のせいで、こんな性格になり、ああだこうだと経験してきました。しかし、いま、この瞬間に、経験してきた主体はないんです。

確かに、言葉にすると、ややっこしいですね・・・・こんど、ライブでやります
ゆききち
2020年06月23日 05:00
渡辺さん、ご返信ありがとうございます😊

um〜 わかったようなわからないような〜笑
これまで見てきた渡辺さんの動画で「 前世や過去生での行為が 因果となって
その結果としての個性で 生まれてくる」
・・こうなると 、まさに「私」❗️ の行ってきた因果に依って・・
という発想に どうしてもなってしまうのですが ここが間違いなんですかね⁇
ライブで取り上げてくださるって ありがたいです。

私が最近見てたところは 渡辺さんが癌の手術前と後の辺りで
最初は 癌の話されてるの どなたか身内の人のことかなと思ってました。
そしたら ご本人さんで え⁉︎なんて あっけらかんとしてらっしゃるんだろうと笑
私も 学生の頃から 禅、特に道元氏を尊敬し 禅関連の書物を 何冊か目を通しましたが そのイメージからいくと 禅僧さんは 得てしてみんな あっけらかーん、飄々としていて また長生きで
渡辺さんも その域のお方だなあと感じています。(道元さんは 厳格ですけど)

しかも 私のもうひとつの興味である理数系のご出身で、(私は数学が好き)
とても明解に話されるし 渡辺さんと出会えてほんとに嬉しいです。
これからも渡辺さんを真理、禅の師匠として 師事していきたいです。

長々とすみませんでした。ご挨拶も兼ねて・・
地球人
2020年06月23日 08:38
因果があるだけで主体がない。
しかし、因果を受ける客体の私、自我が有ります。

一切皆苦と言えばそれまでですが・・・さて、今日も苦を味わいますか。苦笑
地球人
2020年06月23日 08:58
因果に対して消極的な客体であると地獄の苦しみでしょう。
地球人
2020年06月23日 09:15
積極的に因果に成りきればいいか・・・自業自得。苦笑
通行人
2020年06月23日 09:22
俗世にいたら因果の苦しみから逃れることはできない。
退避したいなら、出家するしかないでしょ。^^
地球人
2020年06月23日 09:46
最近、何故、寿命があるか分かったよ。救済だな。笑
2020年06月23日 19:56
私はつむじ風^_^

くるくるくるくる^_^
地球人
2020年06月23日 22:37
渡辺さんが述べた因果があるだけで主体がないとの意味は、主体の自由意志はない、とのことです。
地球人
2020年06月24日 07:59
渡辺さんは、現在は因果の条件付けを指摘したのだから、禅の即今を否定したのです。
地球人
2020年06月26日 18:30
誰が、客観的に見るのだね。
地球人
2020年06月26日 19:23
人間が本来、備わってるとする理性だろうが、その精度は個人差があるのではないか?

イヤフォンで聴くと効果があります。
https://www.youtube.com/watch?v=Nb3okem4OCk
通行人
2020年06月26日 20:11
いや、理性を働かさないで唯、頭に浮かぶ思考を見るにとどめる。^^
地球人
2020年06月26日 20:21
意識があるなら、理性が働かないことは有り得ない。笑
地球人
2020年06月26日 20:55
カントの純粋性理性批判を紹介します。


人間的認識能力とその制約
伝統的な懐疑論は、認識の内容が人間の精神に由来することから、外界との対応を疑い、それを以て認識そのものの成立の妥当性を否定した。しかし、カントは、こうした認識の非実在性と非妥当性への疑問に対して、次のように答える。すなわち、経験の可能性の条件である超越論的制約は、すべての人間理性に共通なものである。したがって、その制約の下にある認識は、すべての人間にとって妥当なものである。

ここでカントは、認識の制約以前にある「物自体」 (Ding an sich) と経験の対象である「物」 (Ding) とを区別する。「物自体」は、理性を触発し (affzieren)、感性 (Sinnlichkeit) と悟性 (Verstand) にはたらきかける。そして、それによって人間理性 (menschliche Vernunft) は、直観 (Anschauung) と 概念 (Begriff) とを通じて、超越論的制約である空間と時間という二つの純粋直観 (reine Anscuauungen)、および12の範疇 (Kategorie) すなわち純粋悟性概念 (reine Verstandbegriffe) の下に、自らの経験の対象として物を与える。

しかし、これは一方で、人間理性はわれわれの認識能力 (unser Erkenntnisvermoegen) を超えるものに認識能力を適用することができない、ということを意味する。すべての人間的認識は、超越論的制約の下に置かれている。したがって、伝統的に考えられてきた直接知や知的直観の可能性は、否定される。神やイデア(理念)といった超越は、人間理性にとって認識可能であるとした。そして、このような伝統的な形而上学とは対照的に、カントは、認識の対象を、感覚に与えられうるものにのみ限定する。すなわち、人間理性はただ感性に与えられるものを直観し、これに純粋悟性概念を適用するにとどまるのである。

感性と悟性とは異なる能力である。そして、これらを媒介するものは、構想力 (Einbildungkraft) の産出する図式 (Schema) である。また、感性の多様 (Mannigfaltigkeit der Sinnlichkeit) は統覚 (Apperation) 、すなわち「我思う」(Ich denke: つまりデカルトのコギト)によって統一されている。しかし、理性には、自分の認識を拡大し、物自体ないし存在を把握しようとする形而上学への本性的素質 (Naturanlage zur Metaphisik) がある。このため、認識理性は、ほんらい悟性概念の適用されえない超感性的概念・理性概念をも知ろうと欲し、それらにも範疇を適用しようとする。しかし、カントは、認識の拡大へのこの欲求を理性の僭越として批判し、認識 (erkennen) されえないものはただ思惟する (denken) ことのみが可能であるとする。そのような理性概念として、神、魂の不滅、自由が挙げられる。

以上、wikipediaより

地球人
2020年06月26日 22:26
坐禅をして眼を閉じると小さな光が見えてくるのですが、それが何であるのか分からない。
地球人
2020年06月27日 12:09
神仏は理性の想像の産物だと、カントは言ってるわけです。



地球人
2020年06月27日 12:26
因果があるだけで、自我が無い。

これが分かると楽になります。
通行人
2020年06月27日 13:04
感慨はあるだろう。^^
地球人
2020年06月27日 13:21
まあ・・その余韻が自我の主体になるのだが、笑
地球人
2020年06月28日 23:15
コロナウィルスの終焉はまだ先で困ったものです。
自宅で過ごすしかないようで・・・

Vancouver Sleep Clinic - Ayahuasca
https://www.youtube.com/watch?v=db97HUw3ToA
地球人
2020年06月29日 00:35
ウィルスは生物か?

ウイルスは、他生物の細胞を利用して自己を複製させる、極微小な感染性の構造体で、タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。生命の最小単位である細胞やその生体膜である細胞膜も持たないので、小器官がなく、自己増殖することがないので、非生物とされることもある。 wikipediaより
地球人
2020年06月30日 21:53
仏陀の八正道ですか?

人間社会において、倫理道徳は大事だとは思います。笑

地球人
2020年07月01日 21:27
即今について、適当だとおもったので引用します。 

脳細胞は一度完成すると増殖したり再生することはほとんどないが、それは一度建設された建造物がずっとそこに立ち続けているようなものではない。
脳細胞を構成している内部の分子群は高速度で変転している。その建造物はいたる部分でリフォームが繰り返され、建設当時に使われていた建材など何一つ残っていたないのである。つまり、ビデオテープの存在を担保するような分子レベルの物質的基盤は、脳のどこを探してもない。あるのは絶え間なく動いている状態の、ある一瞬を見れば全体として緩い秩序をもつ分子の「淀み」である。そこに因果関係があるのではなく、平衡状態があるに過ぎない。私たちが『記憶の想起」と呼んでいるものも、実は一時点での平衡状態がもたらす効果でしかない。大半の方がそうだと思うが、私たちは五年前や十年前の一年の過ぎ方がどうだったかなどと思い出すことすらできない。過去は恐ろしいほどにボンヤリしたものでしかないのである。
仮に「五年前にはこんなことがあり、十年前にはあんなことがあったなあ」と思い出すことはできても、それは日記なり写真なり記念品があるから、それを手がかりに過去の順番をかろうじて跡づけられるのであって、感覚としては、一〇年前ののことが五年前のことよりも、より遠い昔のことだという実感を持つことはできない。逆に五年前のことが十年前よりも新鮮な記憶としてあるという実感も実はない。人は年齢を重ねるごとに時間経過の順に物事を記憶しているのではなく、実は過去をおぼろげながらにしか想起できないのだ。ここに記憶の正体がある。人間の記憶とは、脳のどこかにビデオテープのようなものが順に並んでいるのではなく、「想起したに作り出されている何ものか」なのである。つまり過去とは現在のことであり、懐かしいものがあるとすれば、それは過去が懐かしいのではなく、今、懐かしいという状態にあるにすぎない。ビビッドなものがあるとすれば、それは過去がビビッドなのではなく、たった今、ビビッドな感覚の中にいるということである。―― 「動的平衡 福岡伸一」より
地球人
2020年07月01日 23:21
生物学者の福岡伸一が即今について語ってるわけではありません。誤解のないように。笑
通行人
2020年07月02日 14:43
福岡先生は「過去は現在だ・・・」と言ってるのに、何で即今なのか^^?
地球人
2020年07月02日 15:37
>人間の記憶とは、脳のどこかにビデオテープのようなものが順に並んでいるのではなく、「想起した瞬間に作り出されている何ものか」なのである。つまり過去とは現在のことであり、懐かしいものがあるとすれば、それは過去が懐かしいのではなく、今、懐かしいという状態にあるにすぎない。ビビッドなものがあるとすれば、それは過去がビビッドなのではなく、たった今、ビビッドな感覚の中にいるということである。

一部、誤りがあったので訂正。 「想起した瞬間に作りだされている何ものか」

過去が懐かしいのではなく、過去を想起した瞬間に・・・今、懐かしい・と言ってるだろう。

「想起した瞬間に作り出されいるの何ものか」とは・・・

『私たちが鮮烈に覚えている若い頃の記憶とは、何度も想起したことがある記憶のことである。あなたが何度もそれを思い出し、その都度いとおしみ、同時に改変してきた何かのことなのである。・・・・・』

神経回路の話になるのだが、その知識の素養がないので止めとく。苦笑



みゅう
2020年07月07日 06:15
何もなければそろそろひらかれるはずの金子和尚の「お気楽禅」、今月はどうなりますか?
地球人
2020年07月07日 15:52
動的平衡 福岡伸一 本楽舎

生物と無生物のあいだ 福岡伸一 講談社現代新書 

本文を引用するのが面倒なので、分子生物学の動的平衡に興味のある方は上記の著書を紹介します。特に下の著書から読むのが適当ではないか・・・安価だし。^^ 

「秩序は守られるために絶え間なく壊されなければならない」――― なぜか? ここにシュレーディンガーの予言が重なる。エントロピー増大の法則に抗う唯一の方法は、システムの耐久性と構造を強化することではなく、むしろその仕組み自体を流れの中に置くことなのである。つまり、流れこそが、生物の内部に必然的に発生するエントロピーを排出する機能を担っていることになるのだ。私はここで、シェーンハイマーの発見した生命の動的な状態(dinamic state)をさらに拡張して、動的平衡を導入したい。この日本語に対応する英語は、dynamic equilibrium (ダイナミック・イクイリブリアム)である。海辺に立つ砂の城は実体としてそこに存在するのではなく、流れが作り出す効果としてそこにある動的な何かである。その何かとはすなわち平衡ということである。―― 「生物と無生物のあいだ」より抜粋

平衡とは、
1 物のつりあいがとれていること。均衡。「からだの平衡を失う」
2 つりあいがとれて物事が安定した状態にあること。「精神の平衡を保つ」
3 物体または物質に変化を起こす原因がありながら、それらの効果が相殺し、一定を保っている状態。力学的平衡・熱平衡など。――コトバンクより
通行人
2020年07月07日 16:27
人体のことなら、動的平衡より新陳代謝が適当でないの?

生死は新陳代謝でしょ。坐禅も新陳代謝で脳がリフレッシュする感覚だわ。^^

みゅう
2020年07月07日 17:18
金子さんご本人から連絡いただきました。
明日 8日 4時から座禅 6時からお話
場所はいつものところ  皆さんもどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=1ypnxa7j8fI&t=76s
地球人
2020年07月07日 20:12
確かに、時系列の過去は知覚できないから即今です。
地球人
2020年07月07日 21:03
20年前の過去と5年前の過去の記憶がどちらが古いか?を感覚的に認知できない。過去が懐かしいのは現在です。
地球人
2020年07月08日 01:36
禅のおじさんがポンポン叩いているけれども、、

音が即今なのは当然です。^^
地球人
2020年07月08日 01:52
条件付けの因果の日々の社会生活は即今ではありません。
地球人
2020年07月11日 13:52
即今で存在してる人がいるなら、誰か一人でもいますか?

紹介してください。 所詮、神仏と同じく架空なのです。

地球人
2020年07月13日 22:18
クリックが最後に挑んだテーマ

 クリックについて、もはや多くを語る必要はなかろ。ジェームズ・ワトソンとともに「DNAの二重らせん構造」を解明したノーベル賞学者である。・・・・・・そして、彼は人類最後の難問に取り組んでいた。それは「意識のメカニズム」についての理論的な研究―――-噛み砕いて言えば「人間はどのようにして意識を持ち、なぜ、それは時に錯誤を起こすか」である。
 クリックは、自分より40歳も若いクリストフ・コッホを相棒にし、ソーク研究所で「意識の研究を続けていた。彼らの関心の焦点は「注意」ということだった。いろいろなものを見る。いろいろな音を聞く。その中でヒトはあるもの、ある音にだけ「注意」を向ける。このとき、脳ではいったい何がなされているのか――。
 2004年の夏、クリックは88歳で他界した。意識の研究は、共同研究者コッホらによって引き継がれ、今もソーク研究所で進行中である。

以上、「動的平衡 福岡伸一著」より

 生物学でも、「意識、注意(気づき)」の研究がされているようです。



地球人
2020年07月15日 10:15
ちょっと、気になる番組・・・

Eテレ 本日、夜10:00 又吉直樹ヘウレーカ

心はどこにあるのだろうか。2300年前ほど前、アリストテレスが胸にあると考えて以来、この命題には多くの哲学者や科学者が頭を悩ませてきた。
今では、脳にあるということで落ち着いているようであるが、この説に異論を唱えるのが信州大学の学術研究家・森山徹准教授だ。森山先生は繰り返しダンゴムシの生体実験を行う中、ある突拍子もない行動に出た事例に注目した。その結果、なんと脳のないダンゴムシに「心」があると確信した。――
――番組案内より

心とは、心(こころ)は非常に多義的・抽象的な概念であり文脈に応じて多様な意味をもつ言葉であり、人間(や生き物)の精神的な作用や、それのもとになるものなどを指し、感情、意志、知識、思いやり[1]、情などを含みつつ指している。―― wipipediaより
地球人
2020年07月15日 11:12
クラゲも脳がない刺胞動物ですが、触手に神経はあります。

音に心があるか?・・・聴覚により快・不快感はあります。

tibetan singing bowl
https://www.youtube.com/watch?v=yEP2YrD-dyY

通行人
2020年07月15日 11:34
単細胞の蟲だって生物だから、抽象的表現だが、生命に危険がある刺激なら逃げるだろう。^^
地球人
2020年07月15日 11:48
心は生命に係わる快・不快の感覚なのだ。



通行人
2020年07月15日 13:39
自我もそうだね。^^
地球人
2020年07月15日 14:09
自我は生体の本能と直接関係ない。笑
通行人
2020年07月15日 14:51
そうかな? 人類は本能に対して自覚したから、自我意識が生じたのだろう。^^
地球人
2020年07月15日 16:29
動物の本能に忠実なのが自我なのです。

自我をエゴと言います。 そういうことか、、苦笑
地球人
2020年07月16日 17:28
動画においての「怒り、憎しみ」は自己解消できるのは自己が原因であるわけです。「怒り、憎しみ」の原因が100%、他者である場合はどうなのでしょう。
その原因も限度を超える場合はどうか? 最後は自殺か赦しでしょう。

猫はどうかしらん? 自力では無理なのは明らか 笑
https://www.youtube.com/watch?v=XerT3FoykQY
通行人
2020年07月16日 18:33
KB会は生死に係わる案件は扱ってないとおもう、枕叩きで解消できるということは、、、

動画、猫の怒り、憎しみの起因は人に対する恐怖だわ。^^
地球人
2020年07月16日 19:23
禅は独り坐禅で悟れるのだから他者が介在しない。宗教ではない。
通行人
2020年07月16日 19:37
でも、衆生本来仏とは言ってる。

渡辺さんは言ってないけども。^^
地球人
2020年07月16日 19:52
お寺に出入りしていて、仏像に手を合わせていないのかな。笑
地球人
2020年07月16日 22:42
印可を受けた渡辺さんはともかく・・・

KB会の聴講者は勉強はしているけれども、一般人だから、悟るのは難しいんじゃないかな。普通に信仰したほうがいいんじゃないかと思う。

地球人
2020年07月17日 01:26
渡辺さん始め、KB会の皆さんも、人に愛着はないのか? 人と仲良くなりたいとか、人と楽しく過ごしたいとか、人を喜ばせたいとか・・・

あまりの強固な自我に驚いた。笑
地球人
2020年07月17日 01:51
他人に頼ることを覚えるといいのではないか?
友達、知り合いを多く作るとか・・・

渡辺さんの動画に参加してる時は自我苦は無いだろう。笑
通行人
2020年07月17日 10:21
一般人が悟りを希求する心とは、過剰な自我意識かな。^^
地球人
2020年07月17日 10:41
いや、日本は周縁和合の社会だったから、個人の自立がなかった。戦後、民主主義の社会になって、現在は個人主義の社会で、自我が孤立して戸惑っているが故に悟りを希求している。
通行人
2020年07月17日 11:02
日本は島国で単一民族だから、個人主義は向いてないと思う。^^
地球人
2020年07月17日 11:09
皆が求めているのは、自我苦からの無我の覚りだもんな。笑
地球人
2020年07月17日 11:43
自我の難点は肉体だから生死は避けられない。

しかし、永遠の生命だったら退屈だろう。

永遠なのだから、、笑
通行人
2020年07月17日 11:57
なるへそ、、、無間地獄だったら、最悪だわ。^^;
地球人
2020年07月17日 12:03
哲学者ニーチェは、世界に意味などなく、永遠に繰り返す円環運動に過ぎないと言ったな。笑
地球人
2020年07月17日 12:35
表層の文明は進化しても、人間性は変わらない。

ニーチェの観点からすれば、すでに何度も繰り返して、現在の自我があるわけだ。笑
通行人
2020年07月17日 12:46
だとしたら、知らぬが仏だわ。^^;
地球人
2020年07月17日 13:06
だから、初心、自我意識は上手くできているのだ。笑
通行人
2020年07月17日 13:15
というか、根本の自我意識は皆、同じでしょ。^^
地球人
2020年07月17日 13:25
それは、諸法無我だろう。

わたしのブログではないので終わる。笑

地球人
2020年07月17日 13:36
誤解されので、、ニーチェ自身は輪廻転生するとは言ってない。
通行人
2020年07月18日 14:49
冥想! 脳が共鳴する^^;
地球人
2020年07月18日 17:51
少年の頃、輝く星に親近感を覚えた訳が分かった。

地球人
2020年07月18日 18:07
罪悪感は、他者は自己だからです。
通行人
2020年07月18日 19:16
内護摩!^^;
地球人
2020年07月19日 00:21
勘違いする人がいるが、悟っても、人生は特に変わらない。
人間社会が変わるわけではないからね。諸法無我 笑