1月31日 KB会題材

質問事項:
自己、自我、私等の違いについて

背景:
現在、渡辺さんのyoutubeを基本に小乗仏教、大乗仏教、クリシュナムルティ、ベーダンタ、ギーター等を(ある意味適当に)読んでいますと、「自己」「自我」「私」「I」「me」等の似たような言葉の違いが、よく分からなくなってきてしまい、頭の中が混乱しています。
是非整理させてください。

よろしくお願いいたします。

今回、題材が「悩み」ということなので質問させてください。悩みにまつわる「恐怖、不安(心配)、悲しみ」など、以前から抑圧せずに意識をその感情に向けてジッとしている!そうすると消えると動画での説明を解釈しています。ですが、量子力学では、「意識を向けた対象」が現実化(結晶化)すると解説されているようです(いろんな動画やサイトなどでは)。そうすると、この悩みの種となる不安や恐怖に意識を向けていると、消えるが正しいのか?現実化するのが正しいのか?以前から疑問に思っておりました。

1、クリシュナムルティの「愛」についての講話をお願いします。

2、観察者は観察させれるもの

観察されるものが猫の場合
わたしは猫である
で、あってますか?

8、悟り、ということについて。 この自分が悟る、そのことによって今のしょぼい自分ではなくすごい自分になれるのではないか、という期待をする人というのも多いのかな、と感じたりします。

しかし。実際のところ、悟りというのはそういうことではありませんよね。
このあたりについて、説明していただけたらと思います。
(お時間が取れたら、ということです。)

9、色々書きましたが題材としましては、

空が事実なのか
色はこころが作り出したもので事実でないのか
色も事実なのか

と言う事でよろしくお願いします。

10、さて、質問ですが・・・(詰まらなければ無視して頂いて結構です)
人が悟ったとき、そこに主体はあるでしょうか?
理屈で考えていけば、そこに悟った主体(人)はいないことになります。
主体は消え去り、「ただ物事が生起し続けているだけ」となると思います。
「悟りたい」というのは、「出世したい」「お金が欲しい」「良い伴侶が欲しい」などと同じ煩悩の一つでしょう・・・
私は、悟りを否定している訳ではなく、このような心の動き(煩悩)を否定せず、ただただ気付き続けている事が大事だと思うのですが・・・

11、仏性の道理は、仏性は成仏よりさきに具足せるにあらず、成仏よりのちに具足するなり。
仏性かならず成仏と同参するなり。


愚さんは「自我(エゴ)こそが問題だ」「自我からの脱却を目指せ」と仰有います。
そして「自我なき境地」があるかのように仰有います。
でも、それって、自我がなくなったのではなく、自我がなくなったと誤解している境地があるだけではないのですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

タキ衛門
2020年01月31日 00:02
>是非整理させてください。

 こういうのって、質問文の形になっておらず、字幕で端的に質問をまとめて表示するときに、非常にこまる。。
地球人
2020年01月31日 00:12
>愚さんは「自我(エゴ)こそが問題だ」「自我からの脱却を目指せ」と仰有います。
そして「自我なき境地」があるかのように仰有います。
でも、それって、自我がなくなったのではなく、自我がなくなったと誤解している境地があるだけではないのですか?

止観坐禅で自我を観る時、自我は私ではないと気づいた時に、自我は消えるわけですね。
地球人
2020年01月31日 00:20
自我は五蘊と言いますが、解りやすく言えば心身ですね。
地球人
2020年01月31日 00:27
譬えると、テーブルの上に「りんご」が有ります。「りんご」を識別します。

「りんご」が自我です。
地球人
2020年01月31日 00:50
そこで・・リンゴが旨そうだ、食べたいと欲したら駄目です。

自我になってしまいます。
たーぼー
2020年01月31日 01:03
今回、題材が「悩み」ということなので質問させてください。悩みにまつわる「恐怖、不安(心配)、悲しみ」など、以前から抑圧せずに意識をその感情に向けてジッとしている!そうすると消えると動画での説明を解釈しています。ですが、量子力学では、「意識を向けた対象」が現実化(結晶化)すると解説されているようです(いろんな動画やサイトなどでは)。そうすると、この悩みの種となる不安や恐怖に意識を向けていると、消えるが正しいのか?現実化するのが正しいのか?以前から疑問に思っておりました。


私もそう思って大丈夫ですかと言ったんだけど、実践して効果があると言われたら、それまでですよね。あらゆる現象は思いが作り出してるからね。不安や恐怖に意識を向けると不安や恐怖を引き寄せると思うんだけど。
2020年01月31日 03:11
不安から逃げようとすると苦しむ^_^

逆に不安になりきればいいんだよな^_^

暑さから逃げずに暑さになり切る^_^

こう言うことなんだろうな^_^
2020年01月31日 03:18
そうなっていくと不安を楽しめるようになる^_^

知らんけど^_^
2020年01月31日 04:21
なり切るってことは受け入れるということやな^_^

不安を受け入れる^_^

美しい言葉や^_^
蓮風
2020年01月31日 06:29
> 地球人さん
> 止観坐禅で自我を観る時、自我は私ではないと気づいた時に、自我は消えるわけですね。

それ、恒常的に自我が消えますか?
坐禅で、「無分別」を経験して、『自我のない状態』が一時的には人間に発生しうるのは、実は私も知っています。
でも、それが普段の日常生活で、完全に実践できていますか?
(比較すれば)以前よりラクな自我の状態はあるかも知れませんが。
蓮風
2020年01月31日 06:33
> タキ衛門さん
>> 是非整理させてください。

(いろいろな定義が横行して、混乱して困っているので)是非整理する手伝いをお願いします、というのが本意でしょう。
それを読み取れない貴兄が、YouTube につけているコメントは的外れなものが以前から多いです。
日本語を読み取れるようになりましょう。
2020年01月31日 08:05
8、悟り、ということについて。 この自分が悟る、そのことによって今のしょぼい自分ではなくすごい自分になれるのではないか、という期待をする人というのも多いのかな、と感じたりします。

しかし。実際のところ、悟りというのはそういうことではありませんよね。
このあたりについて、説明していただけたらと思います。
(お時間が取れたら、ということです。)

・・・・・

↑ これ。私が出したものなのですが、取り上げていただかなくていいです。
不落因果の愚さんの動画を拝見し、それで納得がいったところがありましたので。
snow
2020年01月31日 08:06
あ~、また名前書き忘れた。(笑)
今のコメント、snowです。
snow
2020年01月31日 08:14
悩みだったり、怒り、不安、悲しみなど。
そういうものが浮かんできたら、それはある意味、「くしゃみが出る」「涙が出る」というのとそう変わりないんだから、そのままにしておくしかないんじゃないですか。
もちろん。解決に向けての方法がありそうな場合は、その方法も取りつつですけど。

悩み、不安、悲しみなども、システマティックなものだと捉えると、ねっとりしなくはなっていきやすいと感じます。
地球人
2020年01月31日 14:18
>それ、恒常的に自我が消えますか?
坐禅で、「無分別」を経験して、『自我のない状態』が一時的には人間に発生しうるのは、実は私も知っています。
でも、それが普段の日常生活で、完全に実践できていますか?
(比較すれば)以前よりラクな自我の状態はあるかも知れませんが。

普段の生活をしてる時は自我を観察してませんが・・
悟った人は、自我の思いはなく、自他の無分別、ありのままに観てるでしょう。、
地球人
2020年01月31日 14:59
よこレス・・・

>そして「自我なき境地」があるかのように仰有います。
でも、それって、自我がなくなったのではなく、自我がなくなったと誤解している境地があるだけではないのですか?

只、リンゴを観ている時はリンゴなのです。何の思いもありません。リンゴと一体です。

「旨そうなリンゴだ、食べたいな、」 これが自我です。
蓮風
2020年01月31日 15:22
> 地球人というお坊さん

であれば、ここまでこのブログのコメ欄でくり返してきた混ぜっかえしの意味は如何?
地球人
2020年01月31日 15:46
> 地球人というお坊さん

>であれば、ここまでこのブログのコメ欄でくり返してきた混ぜっかえしの意味は如何?

坊さんではありませんが、同意、或いは否定を求めてるわけです。
地球人
2020年01月31日 15:48
>> 只、リンゴを観ている時はリンゴなのです。


>云われるまでもなく。
その時の「記録」もあります。

記憶は後付けです。
地球人
2020年01月31日 15:54
>>云われるまでもなく。
その時の「記録」もあります。

>記憶は後付けです。

その時は、私はリンゴではありません。
蓮風
2020年01月31日 15:55
そうですか。
佳かったですね。
地球人
2020年01月31日 16:19
>そうですか。
佳かったですね。

同意を得られてよかった。
snow
2020年01月31日 17:04
すみません。ここに書くのが適切ではないのはわかるのですが・・・。

たーぼーさん。 ご覧になってますか。
ショーシャンクのブログで、自由意志についてのここの愚さんと私の文章が貼られていたじゃないですか。
そこから発展しての話で、あの方、自分の言いたいことだけ書いて、私のコメントは表示させないつもりみたいです。

自分に起きることはすべて自分の責任、という主張をしている方なのに、言行の不一致じゃないですか。


(関係ない話で皆様すみません。こちらしか、たーぼーさんに伝えられる場がないものですから。長引かないようにしますので。)
snow
2020年01月31日 17:07
あちゃ~、「さん」つけるの抜けてたわ。
無意識が出たのでしょう。(笑)  〇 ショーシャンクさん。
2020年01月31日 18:40
自由意志はある^^キリッ

自由意志はない^^ニコッ

人にはそれぞれ考え方があるからね・・^^

どちらにしろ「有無同然」ということで^^


今日は愚さんの動画を楽しむぞぉおおおおおお^^
2020年01月31日 18:43
それにしても・・^^

最近標識さんが悟りを開いてきたな^^

どうしたんだろう^^

想念を垂れ流していると悟りが開けるのかな^^
2020年01月31日 18:46
ショーシャンクさんも仏教仏教言ってるけど・・^^

なんだかね^^
2020年01月31日 19:14
貪欲

しかるに世の人、薄俗にしてともに不急の事を諍ふ。この劇悪極苦のなかにして、身の営務を勤めてもつてみづから給済す。尊となく卑となく、貧となく富となく、少長・男女ともに銭財を憂ふ。有無同然にして憂思まさに等し。屏営として愁苦し、念を累ね、慮りを積みて、〔欲〕心のために走り使はれて、安きときあることなし。

仏説 無量寿経
2020年01月31日 19:22
仏説 無量寿経

それは、ただ無量寿仏の名を聞いて、たった一度でも名を称えれば(念仏)すれば、功徳を身に供える事ができると説いた。

うん?

「一心に念ずれば往生がさだまると説かれる。」

愚さんの悩みの動画「死にたくないぃいと念ずる」と同じような感がする^^

死にたくないぃいと念ずると往生がさだまるかもしれん^^
2020年01月31日 19:30
往生の本来の意味は、仏になり悟りを開くために、仏の国に往き生まれる事である。よって、往生の本義は、ただ極楽浄土に往く事にあるのでなく、仏になる事にある。

仏教のさとりは無我の証得である。自己の空無なる事を悟るためには、修行している事に「自らが」という立場があってはならない。自我意識が残る限り成仏は不可能とすれば、自我意識の払拭は自己自らでは不可能となる。ここに、成仏に逢仏、見仏を必要とする理由がある、

あーあ

こんなことやってるから想念が難しいこと言うんだよな^^
2020年01月31日 19:35
もしかして愚さん・・・^^

隠れ真宗の感がする^^
2020年01月31日 19:46
往生の本来の意味は、仏になり悟りを開くために、仏の国に往き生まれる事である。よって、往生の本義は、ただ極楽浄土に往く事にあるのでなく、仏になる事にある。



死にたくないぃいと念ずると仏になる^^

うん?

うわっ^^
地球人
2020年01月31日 19:59
>想念を垂れ流していると悟りが開けるのかな^^

我欲ではなくて、

想念を表面化することで・・

気づく、理解できる。笑
地球人
2020年01月31日 20:19
さて・・人の振り見て我が振り直せ 笑
たーぼー
2020年01月31日 22:07

たーぼーさん。 ご覧になってますか。
ショーシャンクのブログで、自由意志についてのここの愚さんと私の文章が貼られていたじゃないですか。
そこから発展しての話で、あの方、自分の言いたいことだけ書いて、私のコメントは表示させないつもりみたいです。



爆笑
知らないよ、私に言われても(笑
まぁだけど赤い実さんが思っているよりショーシャンクさんという方は懐が深い方だと思いますよ。
たーぼー
2020年01月31日 22:12
私はショーシャンクさんとヤフー掲示板で出会わなければ、おかしな仏教に巻き込まれて立ち直れませんでした。タイプがあるんですよ。タイプがカルマさんとかショーシャンクさんと私は近いんです。
snow
2020年01月31日 22:46
>私はショーシャンクさんとヤフー掲示板で出会わなければ、おかしな仏教に巻き込まれて立ち直れませんでした。タイプがあるんですよ。タイプがカルマさんとかショーシャンクさんと私は近いんです。


たーぼーさん、読んでいただいてありがとうございました。
そうでしたか。 そういうことが過去にあったのですね。
その後の良い出会い、ということでよかったですね。

私はさきほどのコメントを、たーぼーさんに何か代わりに言ってきてもらおうと思いしたのではないんです。

言行の不一致はどうなのか、というのを言いたかったのです。
ショーシャンクさんは、私が、彼のブログを見ていたことを「見ないと言っていたのに嘘をついた」と書いています。
でも、ショーシャンクさんも、ヤフー時代にある人に誘われても「マニカナには行かない。」と言っていたのに、結局は行っています。(笑)
自分については見えないところがあるのです。

feel goodとか言ってますけど、我儘だと思いますよ。
自分の感情ひとつで石飛先生にも平気で失礼をするのですから。
先生は器の大きな方のようなので、気にもされないでしょうけれど。
(昨日の、マニカナの投稿を見ればわかる内容です。)

ブログのコメントも、承認しなければ表示できないようになっていて、自分にとって不都合なものは表示しないのですから、ある意味、卑怯だと思いますよ。
こちらは、誹謗中傷するような書き方はしてもいないのですし。

コメントは、スルーしていただいても大丈夫です。
読んでいただくお手数をおかけしました。

(参加者の皆様。この場をお借りしてすみません。)

2020年01月31日 23:24
そのブログの文章を載せます。他人の文章を勝手に俎上に載せます。すみません。

私が使うときの『自由意志』とは非常に簡潔です。

それは、『外界に自動的に反応するのでなく、自分が主体的に出していこうとする想い』のことです。

私たちは、そのほとんどの想いは外界=環境に振り回されていて、環境(人など)に反応して自動的に想いが出るのであり、自分で出そうと思って出す想いはほとんどありません。

意識的に出す想いを、私は念(sati)と呼んでいます。

今の上座部仏教では、sati は気づきと訳されていますが、私はそうは訳しません。

外界に、自分の記憶の束が反応する、そのような思考ではなく、外界と関係なく意識的に出す想い、それは自由意思です。


自分自分を繰り返すがその時点で自由意志がないのでは?^^
2020年01月31日 23:28
自分で出そうと思って出す想い・・^^

自分つまり自我で出そうと思って出す想いやな・・^^

2020年01月31日 23:38
外界と関係なく意識的に出す想い、それは自由意思です。

何言ってるのか全然わからん^^?
2020年01月31日 23:40
「外界と関係なく意識的に出す想い」

もしかして想念垂れ流しのことかな^^
2020年01月31日 23:43
つまり・・^^

私があっての自由意志ということやな・・^^

私=自由意志か・・^^

なるへそ^^
2020年01月31日 23:47
結論としては・・^^

私・自分があっての仏教となる・・^^

うん?

無我なのに?
2020年01月31日 23:53
「仏教のさとりは無我の証得である。自己の空無なる事を悟るためには、修行している事に「自らが」という立場があってはならない」

この言葉を送りたい^^
2020年02月01日 00:08
もしかして・・^^

自我の強い人が自由意志にこだわるのかもしれん^^

2020年02月01日 01:41


>さん
>
>仏説 無量寿経
>
>それは、ただ無量寿仏の名を聞いて、たった一度でも名を称えれば(念仏)すれば、功徳を身に供える事ができると説いた。
>
>うん?
>
>「一心に念ずれば往生がさだまると説かれる。」
>
>愚さんの悩みの動画「死にたくないぃいと念ずる」と同じような感がする^^
>
> 死にたくないぃいと念ずると往生がさだまるかもしれん^^

往生は約束されていますね
2020年02月01日 01:56


>あさん
>
>もしかして愚さん・・・^^
>
>隠れ真宗の感がする^^

真宗は、歎異抄、鈴木大拙、清沢マンジ、安田リジン、とかを、拾い読みしただけですが、構造的には、禅宗と一緒だと思っています。まあ、日蓮宗も、キリスト教も、真言宗も、みんな一緒でしょう
2020年02月01日 02:08


>snowさん
>
>悩みだったり、怒り、不安、悲しみなど。
>そういうものが浮かんできたら、それはある意味、「くしゃみが出る」「涙が出る」というのとそう変わりないんだから、そのままにしておくしかないんじゃないですか。
>もちろん。解決に向けての方法がありそうな場合は、その方法も取りつつですけど。
>
>悩み、不安、悲しみなども、システマティックなものだと捉えると、ねっとりしなくはなっていきやすいと感じます。

それで済めばそれは結構なんですが、少なくとも、わたしの場合、それでは済みませんでした。感情の嵐に巻き込まれて、そのままにしておくことはできませんでした。

感情の圧倒的力の前に、冷静さはどっかにいってしまいました。

もがくしかなかったのです。
snow
2020年02月01日 04:57
>それで済めばそれは結構なんですが、少なくとも、わたしの場合、それでは済みませんでした。感情の嵐に巻き込まれて、そのままにしておくことはできませんでした。

>感情の圧倒的力の前に、冷静さはどっかにいってしまいました。

>もがくしかなかったのです。


愚さんは、こういうことをさらっと書かれるところが、嘘のない方というか正直ですよね。

私は、人一倍、感情に振り回されていました。
言い訳と感じる人もいるかもしれませんが、生来的なものと環境から形成された自分だという自覚のもと、少しずつはマシになってるかな、というところです。

システマティックなものだと思うと・・・というのも、最近そのように思えるようになっただけです。


牛歩のような歩みでも、自分をごまかさないでやっていきたいです。
snow
2020年02月01日 06:51
「外界と関係なく意識的に出す想い」が自由意志である、という人がいるのですが。

外界と関係なく想いを意識的に出す、ということは原理的に無理なのではないか、と。
想いを意識的に出そうと、ある日ある時に思ったとして。
そう思ったのには、自分では気づかないとしても、きっかけがあるはずです。

条件や困難を乗り越えての自分のポテンシャルを保つための方便としてなら、「外界と関係なく想いを出す」という、不可能なことを目標にするのもありなのだろう、と。

snow
2020年02月01日 07:14
考えてやるんじゃなくて自然にまかせていける、というある歌詞があるんですね。

「さぁ、出すぞ。」として出されたものは、思考が挟んであるのだから自由意志のわけがないですよね。

思考を挟まずに時間なしに、自然にまかせての行為が純粋なものであれば、それは方便上での自由意志というものかも。
(あくまで方便上。)

純粋なもの、というのは、慈悲、智慧から出てきたものというような意味で書きました。
このあたりをクリシュナムルティは言ってるのですよね。
地球人
2020年02月01日 07:38
例えば、日本人で自由意志の人は誰ですか?
snow
2020年02月01日 08:04
>例えば、日本人で自由意志の人は誰ですか?

地球人さん、おはようございます。
プレー中のイチローさんとか。
いわゆる無心で身体が動いて何かを成す、それが例えば、人のためになってたりすればさらに良いみたいな。

人のためではなく自分のためが、人のためになってたりもいいだろうし、人のためにならなくてもそれはそれでかな。
起きることしか起きないし。

 このところネットしすぎてたので、今日はもう離れますね。
地球人
2020年02月01日 08:52
>地球人さん、おはようございます。
プレー中のイチローさんとか。
いわゆる無心で身体が動いて何かを成す、それが例えば、人のためになってたりすればさらに良いみたいな。

>人のためではなく自分のためが、人のためになってたりもいいだろうし、人のためにならなくてもそれはそれでかな。
起きることしか起きないし。

> このところネットしすぎてたので、今日はもう離れますね。

snowさん、はじめましてかな。

なるほど、イチローですか、

天才ではあったのですが、アメリカで成功した理由は日本野球選手としては稀有な個人プレーヤーだったからでしょう。

日本人が未だに個人主義に目覚めないのは、個人の人権は民主主義で勝ち取ったのではなく戦勝国のアメリカから与えられたものだからです。

今後もアメリカには絶対服従だと思います。

では、ゆっくりお休みなさい。

たーぼー
2020年02月01日 10:13
自分自分を繰り返すがその時点で自由意志がないのでは?^^

神や仏を自分とは別のもと考えているから、そういった発想になるのでは?
地球人
2020年02月01日 10:31
>神や仏を自分とは別のもと考えているから、そういった発想になるのでは?

ヨコですが、、

禅宗は、色即是空、諸法無我ではないのですか?
2020年02月01日 10:56
たーぼさんに聞きたいんだけど^_^

何からの自由意志なのかな?
2020年02月01日 11:14
我に執着すると自由意志が生じるのかな?

自我が自由意志だー自由意志だーと言っとるで^_^

ありのまま無我であれば自由意志など必要としない^_^
2020年02月01日 11:32
もしかして^_^

わたしは死なないぞと言う自由意志があれば^_^

死なないのかな^_^
2020年02月01日 12:11
戯論寂滅^^
2020年02月01日 17:59
ブログ主は以下です。

宇宙の全てを司るブラフマンは不滅のものであり、それとアートマンが同一であるなら、当然にアートマンも不滅のものである。すなわち個人の肉体が死を迎えても、アートマンは永遠に存続するということであり、またアートマンが死語に新しい肉体を得る輪廻の根拠でもある。 wikipedia参照

仏陀はアートマン(自己)を肯定したが、輪廻転生は無記とした。
大乗仏教は完全に諸法無我だから、アートマンは複数ではなく一つ、アートマン即ブラフマンとなるのかな?




地球人
2020年02月01日 18:01
ミスしました。投稿は私です。笑

マイヤーマイヤー
2020年02月01日 19:18
バカヤロウ禅報告。

実によく怒ってますな、シンプルで実行しやすいのが良いです。
2020年02月01日 20:36


>マイヤーマイヤーさん
>
>バカヤロウ禅報告。
>
>実によく怒ってますな、シンプルで実行しやすいのが良いです。

そうですか・・・・うまくいきました?
地球人
2020年02月01日 20:37
>バカヤロウ禅報告。

>実によく怒ってますな、シンプルで実行しやすいのが良いです。

ああ、清々した。

ですが、それで無我になれますか?

清々したものは誰?

2020年02月01日 20:41


>snowさん
>
>>それで済めばそれは結構なんですが、少なくとも、わたしの場合、それでは済みませんでした。感情の嵐に巻き込まれて、そのままにしておくことはできませんでした。
>
>>感情の圧倒的力の前に、冷静さはどっかにいってしまいました。
>
>>もがくしかなかったのです。
>
>
>愚さんは、こういうことをさらっと書かれるところが、嘘のない方というか正直ですよね。
>
>私は、人一倍、感情に振り回されていました。
>言い訳と感じる人もいるかもしれませんが、生来的なものと環境から形成された自分だという自覚のもと、少しずつはマシになってるかな、というところです。
>
>システマティックなものだと思うと・・・というのも、最近そのように思えるようになっただけです。
>
>
>牛歩のような歩みでも、自分をごまかさないでやっていきたいです。
>
正直であることは、もっとも難しいことのひとつだと思います。というのは、反射的に、自分をごまかしてしまうからです・・・・・これは、単純ですが、難行ですね
2020年02月01日 20:44


>地球人さん
>
>>バカヤロウ禅報告。
>
>>実によく怒ってますな、シンプルで実行しやすいのが良いです。
>
>ああ、清々した。
>
>ですが、それで無我になれますか?
>
>清々したものは誰?
>
>
昨日のKB会で、丁寧に説明したつもりなので、そのうち動画をアップしますので、まあ、いろいろあるでしょうが、よろしければ、実験してみていただいて、その結果を教えてくださいね
地球人
2020年02月01日 20:53
>>清々したものは誰?
>
>
昨日のKB会で、丁寧に説明したつもりなので、そのうち動画をアップしますので、まあ、いろいろあるでしょうが、よろしければ、実験してみていただいて、その結果を教えてくださいね

拝聴します。 了解しました。

2020年02月01日 21:01


>snowさん
>
>「外界と関係なく意識的に出す想い」が自由意志である、という人がいるのですが。
>
>外界と関係なく想いを意識的に出す、ということは原理的に無理なのではないか、と。
>想いを意識的に出そうと、ある日ある時に思ったとして。
>そう思ったのには、自分では気づかないとしても、きっかけがあるはずです。
>
>条件や困難を乗り越えての自分のポテンシャルを保つための方便としてなら、「外界と関係なく想いを出す」という、不可能なことを目標にするのもありなのだろう、と。
>
ポテンシャルなんか保つのは大変でしょう。くたびれちゃうでしょう。また、自分と外界をわけることはできないでしょう。それより、肩の力を抜いて、成り行き任せ、無責任に、寅さんのように、生きていく方が楽ちんだと思いますがね・・・
2020年02月01日 21:03


>地球人さん
>
>例えば、日本人で自由意志の人は誰ですか?

あなたさまはどうですか?
地球人
2020年02月01日 21:08
私の「バカヤロウ!」は・・・

スッキリした・・ 一瞬、無我なのですが・・

そこで、満足した自我が顕現するようです。

例えば、車を運転していて煽られて・・・

「このヤロー!」と相手の車窓を叩いて・・・

「ああ・・・スッキリした」 充足した自分がいるのでは?









地球人
2020年02月01日 21:15
以上を自我は学習したので・・・

また、愚行を繰り返すのです。
2020年02月01日 21:41


>地球人さん
>
>私の「バカヤロウ!」は・・・
>
>スッキリした・・ 一瞬、無我なのですが・・
>
>そこで、満足した自我が顕現するようです。
>
>例えば、車を運転していて煽られて・・・
>
>「このヤロー!」と相手の車窓を叩いて・・・
>
>「ああ・・・スッキリした」 充足した自分がいるのでは?
>
それはまずいですね。このヤロー!という感情を、大事に家まで持って帰らないといけません。
それから、できれば、坐禅しながら、その状況を思い浮かべ、徹底、このヤロー!になりきるわけです。

このとき、思考を動かさないようにします。そうして、感情と身体とひとつにしていきます。そうしているうちに、身体の一部から感情が生まれているのに気づいたりします。

それは、身体の痛みというか、とどこおりというか、なにか、鼻がつまったような感じです。

そして、その感じを味わうわけです。

すると、その痛み?は消えていきます。

そして、それとともに、「わたし」も消えていきます。

あとは、うまくすれば、カラッとした青空のような心境になります
地球人
2020年02月01日 22:24
>>例えば、車を運転していて煽られて・・・
>
>>「このヤロー!」と相手の車窓を叩いて・・・
>
>>「ああ・・・スッキリした」 充足した自分がいるのでは?
>

>それはまずいですね。このヤロー!という感情を、大事に家まで持って帰らないといけません。
それから、できれば、坐禅しながら、その状況を思い浮かべ、徹底、このヤロー!になりきるわけです。

>このとき、思考を動かさないようにします。そうして、感情と身体とひとつにしていきます。そうしているうちに、身体の一部から感情が生まれているのに気づいたりします。

>それは、身体の痛みというか、とどこおりというか、なにか、鼻がつまったような感じです。

>そして、その感じを味わうわけです。

>すると、その痛み?は消えていきます。

>そして、それとともに、「わたし」も消えていきます。

>あとは、うまくすれば、カラッとした青空のような心境になります


なるほど・・・「バカヤロー!」の窓叩きは痛みを味わってない。

坐禅とは決定的に違いますね。

ところで、愚さんは、坐禅を継続してるのでしょう。

何故ですか?



2020年02月01日 22:35


>地球人さん
>
>>>例えば、車を運転していて煽られて・・・
>>
>>>「このヤロー!」と相手の車窓を叩いて・・・
>>
>>>「ああ・・・スッキリした」 充足した自分がいるのでは?
>>
>
>>それはまずいですね。このヤロー!という感情を、大事に家まで持って帰らないといけません。
>それから、できれば、坐禅しながら、その状況を思い浮かべ、徹底、このヤロー!になりきるわけです。
>
>>このとき、思考を動かさないようにします。そうして、感情と身体とひとつにしていきます。そうしているうちに、身体の一部から感情が生まれているのに気づいたりします。
>
>>それは、身体の痛みというか、とどこおりというか、なにか、鼻がつまったような感じです。
>
>>そして、その感じを味わうわけです。
>
>>すると、その痛み?は消えていきます。
>
>>そして、それとともに、「わたし」も消えていきます。
>
>>あとは、うまくすれば、カラッとした青空のような心境になります
>
>
>なるほど・・・「バカヤロー!」の窓叩きは痛みを味わってない。
>
>坐禅とは決定的に違いますね。
>
>ところで、愚さんは、坐禅を継続してるのでしょう。
>
>何故ですか?
>
ひとつは、朝、早く目が覚めてしまうので、することがないから

ふたつ目には、しょっちゅう、新しいことを発見して、面白いから

三つ目は、楽ちんだし、サッパリするんで、身体が坐禅を求めちゃうから
2020年02月01日 22:54
>>>すると、その痛み?は消えていきます。
>
>>>そして、それとともに、「わたし」も消えていきます。
>
>>>あとは、うまくすれば、カラッとした青空のような心境になります
>

>>ところで、愚さんは、坐禅を継続してるのでしょう。
>
>>何故ですか?


>ひとつは、朝、早く目が覚めてしまうので、することがないから

>ふたつ目には、しょっちゅう、新しいことを発見して、面白いから

>三つ目は、楽ちんだし、サッパリするんで、身体が坐禅を求めちゃうから


新しい発見とは、例えばどんなことですか?

何が、サッパリするのですか?



2020年02月01日 23:01


>さん
>
>>>>すると、その痛み?は消えていきます。
>>
>>>>そして、それとともに、「わたし」も消えていきます。
>>
>>>>あとは、うまくすれば、カラッとした青空のような心境になります
>>
>
>>>ところで、愚さんは、坐禅を継続してるのでしょう。
>>
>>>何故ですか?
>
>
>>ひとつは、朝、早く目が覚めてしまうので、することがないから
>
>>ふたつ目には、しょっちゅう、新しいことを発見して、面白いから
>
>>三つ目は、楽ちんだし、サッパリするんで、身体が坐禅を求めちゃうから
>
>
>新しい発見とは、例えばどんなことですか?
>
ぼやけた写真の焦点が、あっていくような感じです・・・・
そうだな・・・・・例えば、この世は、ホント、夢、幻だな、つくづく感じたりする・・・・

>何が、サッパリするのですか?
>
頭の中が・・・・
地球人
2020年02月01日 23:10
>>新しい発見とは、例えばどんなことですか?
>

>ぼやけた写真の焦点が、あっていくような感じです・・・・
そうだな・・・・・例えば、この世は、ホント、夢、幻だな、つくづく感じたりする・・・・

>>何が、サッパリするのですか?

>頭の中が・・・・


しつこいようで、すみません。

なるほどですが・・

頭の中が「空っぽ!」になっても・・また、坐禅をするのは何故ですか?

2020年02月01日 23:12


>地球人さん
>
>>>新しい発見とは、例えばどんなことですか?
>>
>
>>ぼやけた写真の焦点が、あっていくような感じです・・・・
>そうだな・・・・・例えば、この世は、ホント、夢、幻だな、つくづく感じたりする・・・・
>
>>>何が、サッパリするのですか?
>
>>頭の中が・・・・
>
>
>しつこいようで、すみません。
>
>なるほどですが・・
>
>頭の中が「空っぽ!」になっても・・また、坐禅をするのは何故ですか?
>
たしかに、そうですね・・・・なんだかんだで、日常で、カスがたまってるんでしょうね
地球人
2020年02月01日 23:26
>>頭の中が「空っぽ!」になっても・・また、坐禅をするのは何故ですか?
>

>たしかに、そうですね・・・・なんだかんだで、日常で、カスがたまってるんでしょうね

わたしは、結局、自我は消滅しないのではないか? と考えたのです。

あるいは、世界は自他不二であるから、世界が悟らないと悟れないのではないか?と、



地球人
2020年02月01日 23:34
例えば・・・家族が居ます。わたしが悟っても、子供が苦しんでいれば、ほっとけない。
2020年02月02日 00:10


>地球人さん
>
>>>頭の中が「空っぽ!」になっても・・また、坐禅をするのは何故ですか?
>>
>
>>たしかに、そうですね・・・・なんだかんだで、日常で、カスがたまってるんでしょうね
>
>わたしは、結局、自我は消滅しないのではないか? と考えたのです。
>
>あるいは、世界は自他不二であるから、世界が悟らないと悟れないのではないか?と、
>

なにを悟るかといえば、自我の不在を悟るだけです。それを一瞬でもいいから、見破ることです。

修行というのは、この自我の活動を休止させた状態を人為的に作ることです。日常でも休止している状態はあります。

ただ、休止しているだけでは悟りにはならないんです。そこから、意識・思考がひょいっと生まれ、それが認知しなければなりません。この意味で、原理的に、悟りは悟った自己を作っちゃうんです。というのは、意識・思考が働いているからです。これが、悟りにひっかかるといわれるところです。だから、悟りを捨てろというわけです。

悟りが一般的に困難なのは、その性質上、意識・思考が必要なのですが、その意識・思考が働くと、即座に自我を作るからです。だから、自我の不在の瞬間を見過ごすわけです。

これに対する対処法は、自我の不在の時間を長くして、気が付くのを待つしか手がないんです。ちょうど、自転車が乗れるようになるまで、練習するしかないのと似ています。

自我の不在をみても、悟っても、それから自我が生まれれば、それらはただの記憶でしかありません。あいかわらず、自我で苦しみます。原理的にはそれが虚偽だと見ぬいても、身体がついていきません。本に書いてあるように、そのあとは別世界が広がるというようなことはないように思いますが、これはわたしのレベルが低いからかもしれません。

悟りには歓喜をともなったりもしますが、それは一種の解放感です。それはまた記憶になりますが、もとの世界に戻っても、その記憶は残ります。

そうすると、修行というのはどういうことになるのかといえば、悟っても、悟らなくても同じなんですが、悟りの体験があれば、ゴールが実感としてわかるわけです。悟りの体験がなければ、暗中模索が続きます。

しかし、やっていることは同じで、どちらも、悪戦苦闘は続かざるをえません。気を許せば、すぐあらわれて、苦しめます。

自我は魔王です。とにかく、強いんです。身の隠し方も天才的です。手下もたくさんいます。真正面の勝負は勝てません。

ただ、これがいる限り、人生を暗くするし、苦痛を与えます。暗いのも痛いのもイヤなんで、すべったころんだやってきたわけです。

仏教でもキリスト教でも結構ですが、大事なことは、精神の全体の構造を理解することだと思っています。それは、仏教理論ではなく、自分の日常生活からわかるはずだと思います。

この構造を・・・・それは極めて簡単で明白ですが・・・・自分の肌で理解すれば、この旅は危険なものではないし、面白いものです。そして、仏教の知識やその他が先生になってくれることはもちろん、日常のさまざまなことが先生になってくれます。

生きていくことは大変ですが、その風景が、修行となり、楽しみとなるわけです。つまり、風流三昧になるということですね・・・・・まあ、そうはいつもうまくはいかないんですが、そういうことです。







2020年02月02日 00:12


>地球人さん
>
>例えば・・・家族が居ます。わたしが悟っても、子供が苦しんでいれば、ほっとけない。

その家族が無限に広がったところが、慈悲心です。おせっかいなんです。
たーぼー
2020年02月02日 00:42
feel goodとか言ってますけど、我儘だと思いますよ。
自分の感情ひとつで石飛先生にも平気で失礼をするのですから。
先生は器の大きな方のようなので、気にもされないでしょうけれど。
(昨日の、マニカナの投稿を見ればわかる内容です。)

ブログのコメントも、承認しなければ表示できないようになっていて、自分にとって不都合なものは表示しないのですから、ある意味、卑怯だと思いますよ。
こちらは、誹謗中傷するような書き方はしてもいないのですし。



ショーシャンクさんは、全く掴み所がないです。マニカナ見てても何でこんな変な人といつまでも言い合いしてるのかなと思うし(笑
只の変な人じゃないんですよ。
掴めないんですよ。これを言うとまた赤い実さんや他の人からブーイング浴びそうなんだけど、はっきりしてるのは、かなりの境地にあるのは間違いないです。私は自分の目には自信があります。
地球人
2020年02月02日 01:19
>>例えば・・・家族が居ます。わたしが悟っても、子供が苦しんでいれば、ほっとけない。

>その家族が無限に広がったところが、慈悲心です。おせっかいなんです。

では、ガンジーとか、マザーテレサのしたことはお節介なのですか?
地球人
2020年02月02日 01:39
自他不二の心だから、お節介をしたくなるのでしょう。

喜んでいる姿を見れば、我が事だから快感はあるでしょう。

地球人
2020年02月02日 01:52
>しかし、やっていることは同じで、どちらも、悪戦苦闘は続かざるをえません。気を許せば、すぐあらわれて、苦しめます。

確かに、自我が顕れます。

ですが、すぐ自我に気づくので、以前のように苦しむことはないですね。
地球人
2020年02月02日 02:19
>悩み、不安、悲しみなども、システマティックなものだと捉えると、ねっとりしなくはなっていきやすいと感じます。

しかし、悩み、不安、悲しみの最中に、システマティックに認識できますか?
2020年02月02日 02:49


>地球人さん
>
>>>例えば・・・家族が居ます。わたしが悟っても、子供が苦しんでいれば、ほっとけない。
>
>>その家族が無限に広がったところが、慈悲心です。おせっかいなんです。
>
>では、ガンジーとか、マザーテレサのしたことはお節介なのですか?

いい意味で、おせっかいなんです
2020年02月02日 02:51


>地球人さん
>
>>悩み、不安、悲しみなども、システマティックなものだと捉えると、ねっとりしなくはなっていきやすいと感じます。
>
>しかし、悩み、不安、悲しみの最中に、システマティックに認識できますか?

システマティックにいくはずないでしょう
2020年02月02日 04:02
>>>悩み、不安、悲しみなども、システマティックなものだと捉えると、ねっとりしなくはなっていきやすいと感じます。
>
>>しかし、悩み、不安、悲しみの最中に、システマティックに認識できますか?


>システマティックにいくはずないでしょう

いくわけないですね。

主体の感情の真っ只中なのだから、機械的に処理することはできない。



地球人
2020年02月02日 04:05
投稿者は私です。
snow
2020年02月02日 07:18
>愚さん


>>「外界と関係なく意識的に出す想い」が自由意志である、という人がいるのですが。

>>外界と関係なく想いを意識的に出す、ということは原理的に無理なのではないか、と。
>>想いを意識的に出そうと、ある日ある時に思ったとして。
>>そう思ったのには、自分では気づかないとしても、きっかけがあるはずです。

>>条件や困難を乗り越えての自分のポテンシャルを保つための方便としてなら、「外界と関係なく想いを出す」という、不可能なことを目標にするのもありなのだろう、と。

>ポテンシャルなんか保つのは大変でしょう。くたびれちゃうでしょう。また、自分と外界をわけることはできないでしょう。それより、肩の力を抜いて、成り行き任せ、無責任に、寅さんのように、生きていく方が楽ちんだと思いますがね・・・


私が書いたポテンシャルがどうの、っていうのは、「自由意志はある、それ大事。」という人の構造がそうなっているんじゃないかな(その人は気づかなくても)というものです。
私自身はそういうのしません。 原理的に無理ですから。
snow
2020年02月02日 07:23
>たーぼーさん。

>掴めないんですよ。これを言うとまた赤い実さんや他の人からブーイング浴びそうなんだけど、はっきりしてるのは、かなりの境地にあるのは間違いないです。私は自分の目には自信があります。

ブーイングしようという思考も感情も浮かんでこないです。^^
そのあたりは、人それぞれの取り方ということでいいんじゃないかと。
snow
2020年02月02日 07:32
>>悩み、不安、悲しみなども、システマティックなものだと捉えると、ねっとりしなくはなっていきやすいと感じます。

>しかし、悩み、不安、悲しみの最中に、システマティックに認識できますか?


一度、けっこう強い実感として、システマティックなものだと実感したなら、という話です。
悩み、不安、悲しみ、その最中に突然、そう実感するのは無理でしょう。
そうではなく、なんちゅうことない普通の日に、ぽっと「鼻水が出たりするのと一緒じゃん。」と気づいたんですよ。
溜まってた、溜まったものが出るんですから。

そしたらそういう一種のヒラメキ(鼻水と一緒)を、怒りが湧いてきそうになった時にふと思い出したふとりするんです。
そうすると、怒りもラブリーなものに見えてくるような気がして和らいだりします。
そういう話です。
snow
2020年02月02日 07:34
すみません。今の、地球人さん宛です。
snow
2020年02月02日 07:54
いちおうなんですが。思考や感情、身体というのは、わたしではない、というのは実感としてあるんです。

しばらくの間(5年くらい?)は、思考や感情、身体に「気づいているもの」が、本当のわたし、というのが実感として続き、今はその「気づいているもの」もいなくなりました。
全体があるだけなんだな~、というのは実感しています。
それでももちろん、いろんな感情は浮かんではきますよ。
昔よりは囚われなくはなってはきてるけど、これからも気張らずそのあたりやっていきたいと思ってます。
地球人
2020年02月02日 08:46
>一度、けっこう強い実感として、システマティックなものだと実感したなら、という話です。
悩み、不安、悲しみ、その最中に突然、そう実感するのは無理でしょう。
そうではなく、なんちゅうことない普通の日に、ぽっと「鼻水が出たりするのと一緒じゃん。」と気づいたんですよ。
溜まってた、溜まったものが出るんですから。

後で現象を分析した話ですね。

>そしたらそういう一種のヒラメキ(鼻水と一緒)を、怒りが湧いてきそうになった時にふと思い出したふとりするんです。
そうすると、怒りもラブリーなものに見えてくるような気がして和らいだりします。
そういう話です。

怒り、悲しみ、喜び、苦しみの感情は実際に現実では止められないでしょう。
2020年02月02日 08:47


>snowさん
>
>いちおうなんですが。思考や感情、身体というのは、わたしではない、というのは実感としてあるんです。
>
>しばらくの間(5年くらい?)は、思考や感情、身体に「気づいているもの」が、本当のわたし、というのが実感として続き、今はその「気づいているもの」もいなくなりました。
>全体があるだけなんだな~、というのは実感しています。
>それでももちろん、いろんな感情は浮かんではきますよ。
>昔よりは囚われなくはなってはきてるけど、これからも気張らずそのあたりやっていきたいと思ってます。

それは結構ですね・・・・・感情についてですが、おわかりかと思いますが、どのようなものであり、それが自己そのものです。ですから、あらゆる感情、激情、憎悪、そういったものは、抱きしめてあげねばならないのです。
地球人
2020年02月02日 09:04
>いちおうなんですが。思考や感情、身体というのは、わたしではない、というのは実感としてあるんです。

振り返って観ると、何であんなに激情して興奮したのだろうと・・・・

「一切の形成された物は無常である。」諸行無常
「一切の形成されたものが苦しみである。」一切皆苦
「一切の事物は我ならざるものである。」諸行無常

と明らかな智慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。と仏陀は述べてます。


地球人
2020年02月02日 09:14
現実は味わうしかなのです。
snow
2020年02月02日 10:01
>愚さん

>それは結構ですね・・・・・感情についてですが、おわかりかと思いますが、どのようなものであり、それが自己そのものです。ですから、あらゆる感情、激情、憎悪、そういったものは、抱きしめてあげねばならないのです。

そうですね。
湧いてきた感情が強い時ほど、そうしてあげないとですね。
snow
2020年02月02日 10:19
>地球人さん

>「一切の形成された物は無常である。」諸行無常
>「一切の形成されたものが苦しみである。」一切皆苦
>「一切の事物は我ならざるものである。」諸行無常

>と明らかな智慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。と仏陀は述べてます


↑ 上に載せていただいた内容と「自由意志はない。」の意味するところは同じなんです。

「自由意志はない。」という言葉に、自動反応してしまうと理解が難しいのですね。

結局。 因縁因果に縛られているものが思考や身体であって、それはそういうものなのだ、と抵抗をやめた時(しっかり理解した時)、「あ、なんか軽くなった。」ということなんだと思います。
抵抗をやめられるようになるまでがキツイのだと思います。

釈迦も最後、抵抗をやめましたよね。