空っぽの精神

わたしたちの問題は、空っぽの精神が、楽ちんで、楽しくて、朗らかで、明晰だということに気が付かないということだろう。

だから、仏教だ、キリスト教だ、哲学だ、ああだこうだの理論や、だれそれがこういってる、ああいってる、ということで、頭をいっぱいにしてしまう。

これらが、無用とはいわないが、ほとんど、誤用してしまっている。これはわたし自身を振り返ってみれば、明らかなことだ。遠回りしてしまった・・・・・

だから、まず初めに、空っぽの精神、空っぽのこころが、重要であり、目標だということを理解するべきである。

あらゆる知識、くりかえすが、「あらゆる」知識は無用であるばかりか、ほとんどの場合、有害である。

知識を得て理解することに努力するのではなく、知識を捨てるために悪戦苦闘すべきだ。

あらゆる知識を捨てたところからスタートすればいいわけ。そうすれば、理屈なく、すべったころんだ、たまにいいこともある、日常があるだけになる。それを見ることから始めればいいわけ・・・・

例えば、ひとの言葉や態度に傷つけられ、ひとを傷つけ、おそらくはちっぽけな望みを持ち、ささいなことに腹を立てている日常・・・・ここがスタートラインとなる。

この日常が、精神を浄化してくれて、空っぽにしてくれる。いらだち、腹立ち、悲しみ、そういったものを利用して、精神を空っぽにしていけばいいわけ。

あらゆる腹立ち、いらだち、そういったものを、自分の責任として、受け入れていく。じっとその感情に耐え、その感情を味わう。まさに、そのことが、浄化することになる。こころの傷を思い出したら、同じように、その感覚を味わう。それだけのこと・・・・なんの難解さもない。

準備も知識もなにもいらない。

空っぽの世界には、広大なものがある。そこへの扉は、この日常生活にあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

宮啓
2020年01月21日 21:21
 私は、生計を立てている現役生として、収入(金銭)や体面(職場の人間関係)に執着しています。

 一番下の子が社会へ巣立ったら、引退して収入や体面に拘らない環境に居ようと予定しています(後、数年後)。

 生計を立てている現役生が、からっぽの精神に近づくすべはあるのでしょうか。。?
地球人
2020年01月22日 17:12
空っぽとは、主体が消滅することです。
地球人
2020年01月22日 17:27
> 私は、生計を立てている現役生として、収入(金銭)や体面(職場の人間関係)に執着しています。

執着して何とかなるものですか?
地球人
2020年01月22日 17:51
収入、賃金は会社が査定するのであり、人間関係は他者との縁起で成立してるので自己の意思通りになりません。

自我を働かせるのではなく、客観的知能に従えば解決します。
地球人
2020年01月22日 22:25
諸法実相、日常はあらゆる事物・現象がそのまま真実の姿であるから、知識、先入観を捨てて、ありのままに体験することが大事である。

地球人
2020年01月22日 22:50
確かに、人為的、自然的、世界のあらゆる事象は本質的に何も変わってないように見える。
地球人
2020年01月23日 16:33
現代科学は自然の原理を応用してるに過ぎない。

スエーデンの自然環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリ女子の警告は大事だけれども覆水盆に返らず、物理科学で対処するしかない。

地球人
2020年01月26日 06:27
空っぽの精神か、 難しいですね。

今、空っぽの精神とは?空っぽの精神は可能か?について考えている。
地球人
2020年01月26日 07:01
すでに投稿していた。笑 
「主体が無い。」と、

つまり、自我が無い、無我のことだね。

無我の時は自我意識が無い、無意識のだから気づかないのでは?
地球人
2020年01月26日 07:10
他で、仏陀の三法印とも回答している。

自分で言ったことを忘れている。 

正に、空っぽ!だ。笑
通行人
2020年01月26日 07:36
ボケが始まったのだよ。^^
地球人
2020年01月26日 07:49
最近、いろんな事がどうでもよくなってきた。

ボケかな? でも、平均寿命からしたら、まだ早いだろう。笑

通行人
2020年01月26日 09:10
いずれにしても、どうにかなる年齢ではないってことだ。^^
地球人
2020年01月26日 10:55
世間体の人生は終わった感はあるな。笑
crucrusafders
2020年01月29日 09:30
>だから、仏教だ、キリスト教だ、哲学だ、ああだこうだの理論や、だれそれがこういってる、ああいってる、ということで、頭をいっぱいにしてしまう。

お恥ずかしい。ずいぶんお世話になった古本屋さん「天牛書店」もつぶれましたが、理屈や知識はオツムになかでどんどん肥大化して血流を阻害するゴミみたいなものかもしれませんね。

誰かがあー言ってる、こー言ってるだのと、あたかも自分がそう考えたかのように取り繕って、権威のかげで世間を窺いみるような。

>だから、まず初めに、空っぽの精神、空っぽのこころが、重要であり、目標だということを理解するべきである。

理解しました。数年前に宗教・哲学・経済関係の書物はのほとんど処分しました。

>あらゆる知識、くりかえすが、「あらゆる」知識は無用であるばかりか、ほとんどの場合、有害である。

でも、パスタのレシピは有効でした。

>あらゆる知識を捨てたところからスタートすればいいわけ。そうすれば、理屈なく、すべったころんだ、たまにいいこともある、日常があるだけになる。

ああ、日常をいとおしむみたいでイイ感じですね。