テーマ:仏教、禅

KB会6月27日、キャンセルの件

みなさま お世話になります。 まことに急で申し訳ありませんが、出張が入ってしまい、今月27日のKB会は中止いたします。 来月は、30日(火)を予定しております。
トラックバック:0
コメント:72

続きを読むread more

仏性

>愚さん 不安、不満足のど真ん中でどしっとすれば良いわけですね。それらも仏性の働きであり、取り除こうする自我も仏性の働きであり、因果因縁であり、他と比べようとする働きも慢もプライドも仏性の働きであると。 むろん、この掲示板も。 なにもかも、仏性です。不安も苦しみも悪業もみな仏性です。この仏性が矛盾を起こすと苦しみになるわけです…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

問題

>日々問題が出て、問題をなんとかしようとしています。一年前も10年間前も、そうでした。 問題は問題でもなかったと気が付けば、問題は解決するはず。要はこの思考、気分を絶対視しているからだろう。わたしの立場、わたしのなんとか。敵はわかってきた。 そうだと思います。 あらゆる問題は自分がつくりあげたものだ、あるのは、ただ事実だけだ、…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

雑念

>愚さんの別の記事からの引用ですが。 >> ところで、あの件はどうなるかな?これこれになるかな?そうなったらどうしようかな?ああしようかな、こうしようかな・・・・・ > >こんなことを考えててもしょうがないな、やはり、無字の公案でもやるかな > >ムー! > >こんなことの繰り返しです。 >つま…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

坐禅

>>あらゆる宗教の修行は、結局、不為に集約される > これは言い過ぎでしょう。カルト宗教だってあるし、真言密教とかは悟りというよりも、神通力・霊的能力の開発が目的だったり。 あらゆる、まともな宗教の修行、ですね。空海の目的は、悟りだと思います。 >>坐禅がいちばん洗練 > 私も座禅が一番、メソッドとしていいと思いますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしの坐禅観(理屈)

わたしの坐禅の実体について書きましたが、理屈ではこう整理しています。 わたしの過去を振り返ると問題の連続でした。問題は尽きることなくやってきます。それに対し、あるときは戦い、あるときは妥協し、ああだこうだやってきました。そして、いまもそれは続いています。 そうすると、問題は人生とともに常にあり、常に悩まされ続けなければならな…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

世界はわたしだ2

>では、仮に、ここに 100 人の人間が居るとします。 ところが宇宙は百人百様の認識を総体として為している。 そこには自他を超越したなにものかがある。 こういうことですか? >もし、そうならば証拠は? あるいは立論根拠は? 簡単です。以前にも説明したように、認識している主体は認識できません。ここで、推理が二通りになり…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

思考と因果

>先日このブログで因縁生起の人間社会で因果思考を止めるのは可能ですか?と問うたのです。 思考自体は因果に基づきます。因果に基づかない思考はありません。このことを理解するのは決定的に大事です。 この意味は、「わたしの」思考は、ないといっています。どんなすばらしいことを考えても、それは因果です。 この文章を書いているのも、因果…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わたしは世界である、世界はわたしである

>もっと、踏み込んだ質問を追加してみましょうか? 愚さんは「あなたはわたしである(わたしはあなたである)」、そして「世界(=宇宙)はわたしである」と語ります。 そうです、その通りです。 でも、それは愚さんの認識世界のなかに閉じた話であります。愚さんの認識できる範囲での認知や解釈が投影された《世界》ですよ、もう一方から語るな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

わたしの坐禅観

>特に質問6は絶対に聞きたいです。 質問6というのは、わたしの坐禅観、ということです。 抽象的な説明は後でします。わたしの坐禅はこんな感じです。予定を早めて、さっき接心から帰ってきました。 坐禅している間ですが・・・・ ところで、あの件はどうなるかな?これこれになるかな?そうなったらどうしようかな?ああしよう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

無門

>無門、門はなかったと気づく事。 すでにど真ん中にいるか。主体なき視点。 どこからでもない視点。ひたすら、坐るしかなさそうです。 そうですね・・・・・・ど真ん中にいるんです。これを、言葉はよくないですが、信じてしまうのは大事です。 どれだけ、困っていても、どれだけイヤなことがあって動揺していても、どれほど苦しくとも、悲し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自己イメージ、年齢

≫自己イメージについての質問です。 例えば、私達は通常、実年齢より若く見られると喜び。反対ですと、嫌な感じになります。 年齢は自己イメージを作る大きなものひとつだと思いますが。 年齢に関しての自己イメージを消す方法の良い方法はありますか? やはり坐ることですかね。 結局、自分が身体であるという誤ったイメージを消すしかないん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

KB会のお知らせ、6月27日

6月27日KB会のお知らせ  次回KB会は次の通りです 6月27日(木曜)18:30より20:00・・・途中入退出自由 港区立生涯学習センター(ばるーん)205教室 http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/toshokan/shogaigakushu/01.html htt…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

エックハルト

>ゴキブリに愛はないでしょう。ゴキブリもまた宇宙(とりあえず宇宙としておきます)に愛されているのでは? マイスター・エックハルトは、こう言います。「愛が私に神を愛させるのに対し、離脱は神に私を愛させるからである。愛は神のためにあらゆるものを忍従する。離脱はあらゆる物から脱却し、神をみずからの内に迎え入れて神を神たらしめる」 なる…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

仏教の三位

>私は、三位一体の三つの位格について、こんな感じがしています。 『それ自体としてあるもの(存在)=事実』としてしか把握できないもの、表現することができないもの ・・・すなわち、超人間性的(=超人間力的)存在が、中心(真ん中の?)の第一。 知性面で把握され、知性で表現される側面が第二。 金剛界ってこれではないでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴキブリに愛はあるか?

>>聖霊に愛があるといってもいいです。宇宙は愛で充満しているといってもいいです。 >三位一体における聖霊についていえば、父と子を一つにしている働きのことです。その働きとして宇宙があるので、宇宙は愛で充満している。ここまでは、禅その他、普遍宗教として古今東西同じようなことが言われている。ここまでで十分過ぎるともいえます。 そう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

肉体と自己イメージ

>私はよく思うのですが、肉体への執着のない人のほうが、肉体に執着する人よりも、肉体を丁寧に扱うということです。 つまり、自己が肉体とは別だとハッキリわかれば、身体に対する執着が消えます。それは、死を受け入れることを意味しています。そして、自己というのは、宇宙に充満しているなにかのように感じます。 ただ、この充満している自己が…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

自己イメージ4

>> 要点は、その探索に失敗している主体はありますか?見つけられますか?というのが問いです。 >個人的には、「発見できない」からといって「(それが)存在しない」とは云えない、という立場に変化しました。何故なら、『(その行為を為している)現象』が現前として機能しているからです。 >愚さんの謂い方だと此処は「現象はあっても…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

三位一体・・・キリスト教

キリスト教の、三位一体というのが、よくわからなかったのですが、理解できたと思うので・・・・・ なんとなく、神=父、キリスト=子というのは、わかる気がしたのですが、聖霊というのがわからなかった。 神、聖霊、キリストというが、ひとつだというのが、三位一体の主張なんでしょうが・・・ これは、仏教でいうと、体、相、用の三つと似てい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

自己イメージ3

>> その感覚を感じている主体を探すと、そこにはなにもありません。 >見つからないようでいて、「気づき」はあるのだから、「気づき」自体と不可分な主体が居て、探索に失敗しているだけでは? 要点は、その探索に失敗している主体はありますか?見つけられますか?というのが問いです。 >> つまり、過去の経験から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

瞑想、坐禅

>よこからレスごめんなさい。 瞑想をして眺めていると自己のイメージが空虚なもので一時的にに立ち上がり、その際のモジュールが意識の座に優先的に登って来たことに過ぎないとわかるときがあります。 瞑想、坐禅を繰り返すうちにいつかイメージはイメージ、いっときのショートムービーに過ぎないとわかってくるものなのでしょうか。 個人的なものな…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

自己イメージ2

>> ただ、自己イメージがないとハッキリわかるには、悟りがいります。 >では、この文章を書いているときに「気付いている」主体は誰ですか?  そのようなものがあるのか、ないのか、が、問いです。わたしの主張は・・・・わたしだけではありませんが・・・・そのような主体はない、ということです。つまり、気づきだけがあって、気づく主…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

人生相談

>渡辺さん、別件で個人的な相談があります。90歳を過ぎた母なのですが、先日、何回目かの「胆石疝痛発作」を起こしました。以来すっかり弱々しくなってしまって、「あんな痛い思いをするくらいなら死にたい」「私は今年持たないよ」といって「脅し」ます。 胆石じゃ死なないで苦しむだけですが、母の気持ちもよーくわかるのです。一応現在はデーサービス…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

自己イメージ

>暗黙裏に前提になっているものが間違ってると思うんですよね。 ・自己イメージを解消することができる ・自己イメージを持った人々は苦痛に直面していない なんで、上記 2 点を言明することができるのですか? わたしは先ず、自己イメージを解消・払拭できる、と思い込む方が欺瞞だと思ってます。 それと、自己イメージを持…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

登戸事件続き3

>愚さんの通りだと思います。 結局のところわたしはわたしに何を成し得るか。評論家になっても社会は変わりません。 わたしがわたしにしか責任はもてないわけですから。わたしと他者との関わりの中でしか、わたしにできることはないわけです。 わたしが傷つかず、慈悲心を育てていくこと 日々の身近な人に優しく接していくこと わたしはそれを大事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登戸事件続き2

>偏屈じじぃがまた書き込みます。広義の意味では私も理不尽な形で肉親を亡くした遺族です。ですから、必ず私は被害者・遺族側に立ちます。(もう書いたっけ?)理屈じゃないのです。 「ひとがひとを傷つけない社会をつくること、そのためには、自分が傷つかなること。その為には、自分の傷をいやすこと。」・・頭では何となくわかりますよ。でも、どうしよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

登戸事件続き

>傷の連鎖について。 ここでの愚さんの言説を要約してみます。 ・傷は治せる ・自己イメージを持っているから傷つく ・自己イメージを捨てれば傷つかない ・傷を自覚すると、身体が自ずと治してくれる ですが、これらを裏付けているものは愚さんの個人的な体験のみです。これは一般性に乏しいのではないでしょうか? また、上記の主旨…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

登戸事件

登戸事件 議論になったようですが・・・・・ もちろん無茶苦茶な事件なんですが、犯人の背景を聞くと、かなり精神的に過酷な状態に置かれていたようです。 思い出すのは、永山則夫です。連続ピストル殺人事件を起こして、死刑になりました。遠藤誠さんが弁護人をやっていたので、その関係で、かれの本も読みました。 覚えているのは、遠藤…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

5月30日KB会ビデオ

田北です。  5月30日のKB会動画アップしました。 https://youtu.be/a2xZjep2go8  今回、説明中の質問文を白字で、下段に表示するように してみました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more