ところで、ネーミングを考える事の目的って?禅オリジナル、考え方

みなさまの意見を参考にして、名前は、禅オリジナル、にしようかなと思っています。

新たな名前をつけたいのは、これを、流行らせたいからです。例えばマインドフルネスみたいに
新しい名前があったから流行ったわけでしょう。

というのは、わたしの知る限り、日常的なささいかもしれない問題を最も重視し、
その解決の流れの中で、悟りまで向かうというスタイルはないからです。

つまり、既存の宗教は、まず、日常の問題を棚に上げて、トレーニングし、
そして、日常の問題を弱め、解決しようとします。

原理的には可能ですが、時間もなし、熱意も十分でない、理論に凝っちゃう、とかで
結局、うまくいかない。なんてことはない、宗教が、現実からの逃避になっている。

これじゃ、マズいと思うのです。ですから、わたしは、新しいムーブメントを起こしたいんです。

悟ればわかる、わからないのは、修行が足りないからだ、じゃ、困るのです。

少しづつでも効果が自覚でき、解放されていき、それとともに、こころの性質を理解し
先へ進めるようなシステムが望まれるわけです。

個人的には・・・・自画自賛ですが・・・・・コペルニクス的転回、だと思っています。
神や仏や悟りは、それを目指すものではなく、日常のつまらない?問題のための、手段に過ぎないのですから。
神に奉仕するわたしではなく、わたしに奉仕する神です。神が大事なのではなく、わたしの人生が大事なのです。
ですから、原理的に権威をもちません。アドバイザーはいても、教祖や指導者はいません。自分が指導者であり、弟子だからです。

このシステムが機能するのか、どうか、試験中ですが、わたし自身にとっては機能しましたし、原理上、だれにも、
機能するはずなのです。

また、発想は、クリシュナムルティと禅を足した感じです。
しかし、クリシュナムルティも禅も釈迦もだるまも権威ではありません。
構造を理解するための手段にしかすぎません。

ご賛同いただければ、ご自分でやってみてください。
そして、その結果をフィードバックしてください。
ノウハウは、だれか権威があって、みなに伝えるのではなく、
集団のなかで、お互いにフィードバックしながら進めていきたいです。
この考え方はAAから学びました。

掲示板とかYOUTUBEで、わたしの経験、考えていること、を、発信しますので、
参考にしてください。

もし、これがうまく運動として根付くなら、それは指導者不在、権威不在の運動となるはずです。
そうなればいいなと思っています。














"ところで、ネーミングを考える事の目的って?禅オリジナル、考え方" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント