日常性の中で精神を空っぽにすることは可能か?

> 私は、生計を立てている現役生として、収入(金銭)や体面(職場の人間関係)に執着しています。

 一番下の子が社会へ巣立ったら、引退して収入や体面に拘らない環境に居ようと予定しています(後、数年後)。

 生計を立てている現役生が、からっぽの精神に近づくすべはあるのでしょうか。。?


出来ます。環境を変えたところで、また、別の問題が出てくるでしょう。状況はよくなるかもしれませんが、本質的な解決にはならないと思います。

人間関係でいえば、まず、耐えることです。どんなことがあっても、ひたすら、耐え忍ぶんです。そして、その苦痛を十分に味わうことです。抑圧せずに味わうんです。最初は、大変でしょうが、だんだん、できるようになってきます。

そして、だれに対しても、親切であること。裏切られようが、陰口を言われようが、無理してでもいいですから、親切にすること。

つらい作業でしょうが、得るものは大きいです。そうすると、対面を気にせずに、それでもって、世間的な困難もなく、過ごすことができるようになります。クリシュナムルティでいえば、自己を制御することなく生きていけます。楽ちんです。

収入の問題については、執着があれば、不安があります。心配があります。ここで、心配をわざとします。嫌なことを予想するわけです。非常にイヤな感じがします。お金がなくなったときをイメージします。徹底、心配します。意気込みとしては、24時間、お金のことを心配してやるぞ、というような心意気です。

このイヤな感じを味わい尽くします。思い出しては、心配し、イヤな思いを味わうわけです。力いっぱい、身体全体で味わいます。クリシュナムルティでいえば、観察者のいない観察です。

これで、執着が落ちていきます。もちろん、お金が余計に入ってくることはないと思いますが、こころは晴れやかになります。執着があったところで、お金が余計に入ってくるわけでもありませんしね・・・・

このプロセスの中で、条件付けが解けていきます。ですから、職場を通して、条件付けを解いていくわけです。
そうなれば、うっとうしい職場が、自己を解放してくれる道場に変わります。

よろしければ、どうぞ、今日から実行してみてください。やってみて、要領がわかれば、ほかのことにも応用できます。こころの傷も消えます。過去から自由になっていきます。

日常性に基づき、自分で体験すること、これがもっとも効果的で、実践的だと思います。決して、本に書いてあるような、空理空論ではないからです。

"日常性の中で精神を空っぽにすることは可能か?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント