悩みと苦痛

> 苦痛は感覚、悩みは、苦痛を展開させるシステムみたいなものとの理解でよろしいでしょうか。苦痛は生物として進化の過程で身に着けたもの、悩みは個体として成長の過程で身に着けるもの?
 したがって、苦痛は悩みであり、悩みの対象でもあり、心の中だけではコントロールし難く、悩みは苦痛からなり苦痛の対象でもあるが主に心の中の問題である。
いろいろ理屈はつけられるのですが、事実はいま悩み事がある、ということでしょう。そして、その苦痛は悩み事を排除しようとするところにある、といっているわけです。だから、悩むしかない、それだけのことです。

"悩みと苦痛" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント