KB会ライブ(10月22日(木)19時)、主観と客観の葛藤(自己と他者との葛藤)

みなさま

お世話になります。

KB会ライブ(10月22日(木)19時)、主観と客観の葛藤(自己と他者との葛藤)

10月22日(木)、19時より、ライブやります。

https://youtu.be/JycYBN6-u8c

よろしければ、ご参加ください。

以下のご質問をいただきました(前回、時間がなくて、扱えなかったものです)・・・・みなさんのご意見を、期待します。


また、違う観点から、人間が悩む原因の多くが、客観(他)と主観(自)の線引きからだと思いますが、この辺のことを説明しているうちに、自分も混乱するときがあります。”人は人(他人)を100%わかることは出来ない”とはその通りだと思います。主観という頭の中の空間は私しか見たことのないプライベートなもの、逆に言うと私はそれしか知らない。他人は他人の主観がある。言葉や、コミュニケーションはそれを埋めようとする手段かもしれませんが、必ずしもうまくいきません。個人的には、主観しかない方が本来は幸せなのではないかと思います。赤ちゃんのような感じで、単純な気がします。主観を他人の目で客観視した時から人間のぐちゃぐちゃが始まるのだと思っています。ただ近代現代の心理学では、他人の立場に立つことや、多角的な視点が良いものとされているので、それとは矛盾するからどう考えたらいいのかなとも思います。本当はやりたいことを他人に否定されてできないとか、やりたくないけど他人に非難されるからやるとかそういう他人の視点が出てくることは不幸の始まりだという気がしますが、社会生活には必要だということでしょうか。禅を極めていくと自我がなくなり、こういうぐちゃぐやがなくなるのかとは思っているのですが。
説明が良くできませんが、なにか汲み取っていただけましたらよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それから、まだ、早朝ZOOM坐禅会は、やっておりますので‥‥毎日6時から7時・・・出入り自由、みなさまのご参加を期待します。初めてでもOKです。

Zoomミーティングに参加する
https://zoom.us/j/96466595688


以上

渡辺 充
09040643765

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

宮啓
2020年10月20日 19:12
 お久しぶりです。
 楽しみにしています。よろしくお願いします。
地球人
2020年10月20日 21:45
人間社会において、自他不二の人間としての立場で行為が求められるのです。

倫理道徳ですね。
2020年10月20日 22:30


>地球人さん
>
>人間社会において、自他不二の人間としての立場で行為が求められるのです。
>
>倫理道徳ですね。

そうだと思います。これ以外に倫理はありえません。つまり、倫理道徳とは押し付けられるものではなく、自発的なもので、楽な生き方の結果なのです。
地球人
2020年10月20日 22:40
愚さん

>>倫理道徳ですね。

>そうだと思います。これ以外に倫理はありえません。つまり、倫理道徳とは押し付けられるものではなく、自発的なもので、楽な生き方の結果なのです。

そうなんです。 
人を分け隔てしなくて済むので、楽なのです。
地球人
2020年10月21日 09:14
>KB会ライブ(10月22日(木)19時)、主観と客観の葛藤(自己と他者との葛藤)

いえ、自己の主観と他者の主観の葛藤です。
2020年10月21日 20:36
暴走するトロッコのレールの先に5人がおり、逃げる暇はない。途中で分岐があり、その先には1人がいる。テッドは線路の分岐を切り替えることができる。切り替えれば5人は助かるが1人は死ぬ。

テッドがポイントを切り替えることは道徳的に見て許されますか?

暴走するトロッコのレールの先に5人がおり、逃げる暇はない。レールの上に橋が架かっており、テッドはその上にいる。テッドの隣には太った人がいて、その人を突き落とせばトロッコは止まる。

テッドがその人を突き落とすことは道徳的に見て許されますか?
2020年10月21日 23:18


>あさん
>
>暴走するトロッコのレールの先に5人がおり、逃げる暇はない。途中で分岐があり、その先には1人がいる。テッドは線路の分岐を切り替えることができる。切り替えれば5人は助かるが1人は死ぬ。
>
>テッドがポイントを切り替えることは道徳的に見て許されますか?
>
>暴走するトロッコのレールの先に5人がおり、逃げる暇はない。レールの上に橋が架かっており、テッドはその上にいる。テッドの隣には太った人がいて、その人を突き落とせばトロッコは止まる。
>
>テッドがその人を突き落とすことは道徳的に見て許されますか?

まず、道徳的という意味について、どう思われますか?
地球人
2020年10月22日 00:32
あさん、

何をトンチンカンなのことを言ってるのか? 笑う
2020年10月22日 02:26
基本的には空海ちゃんんの『十住心論』と同じです^^

道徳の観念は2番目ぐらいかなと・・^^

1異生羝羊心 - 煩悩にまみれた心
2愚童持斎心 - 道徳の目覚め・儒教的境地
3嬰童無畏心 - 超俗志向・インド哲学、老荘思想の境地
4唯蘊無我心 - 小乗仏教のうち声聞の境地
5抜業因種心 - 小乗仏教のうち縁覚の境地
6他縁大乗心 - 大乗仏教のうち唯識・法相宗の境地
7覚心不生心 - 大乗仏教のうち中観・三論宗の境地
8一道無為心(如実知自心・空性無境心) - 大乗仏教のうち天台宗の境地
9極無自性心 - 大乗仏教のうち華厳宗の境地
10秘密荘厳心 - 真言密教の境地
2020年10月22日 02:29
本音を言えば・・^^

道徳は観念であり・・^^

最終的には善悪のない無我に行き着くのかと・・^^
2020年10月22日 02:36
道徳は観念・・^^

善と悪が同時に生じてるんだよな・・^^

ここが問題^^

善も悪もない無我の境地に住んだほうが楽かと。。^^

2020年10月22日 02:40
道徳は善悪の分別^^

とうことは・・^^

当分の間書くことを控えたいと思います^^

ではでは^^
2020年10月22日 03:07
社会的、倫理的に正しい選択をしようとしても、最後に優先されるのは利己主義なのです

なるへそ・・^^

ということは・・^^
2020年10月22日 03:09
道徳は観念・・^^

・・といわざるをえない^^
2020年10月22日 03:36
最終的な答えとしては・・^^

道徳・倫理?

わからんわからんとなります^^

今日もわからんわからんで1日が始まろうとしている^^

本当に平和だ^^
2020年10月22日 03:45
ハウザーの主張は、人の道徳的判断は理性と理論よりも、直観と感情の影響を受けていると言うことである。

ほんとうにわからん^^
勘太郎
2020年10月22日 07:54
あさんへ
道徳的は自分他の利益になる規範。 とか思います。

私たちはトロッコの運転手を日々おこなっています。

自動車事故で年間3千人が死に、数万数十万の人がけがをしたり苦しみます。
それであっても、自動車を走らせるのは止めようとはしません。

4人の利益の溜めに一人を殺しています。
地球人
2020年10月22日 09:10
あさんの自我が暴れてる! 

道徳は観念?

ワケワカメ! 爆笑
地球人
2020年10月22日 09:20
あさん、

道徳は赤、黄、青の交通信号を守ることです。微笑
2020年10月22日 09:32
無功徳^_^
地球人
2020年10月22日 09:57
あさん、 

無功徳?

公徳、幸徳なら知ってますが 笑

地球人
2020年10月22日 12:30
功徳とは 、

1.現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行。善根。

2.神仏の恵み。ご利益。


何で、無功徳なのか?笑

地球人
2020年10月22日 15:41
神仏は存在するのではないか?

何故なら、無から有は有り得ない。
通行人
2020年10月22日 17:59
神仏は人間の想念。^^
地球人
2020年10月22日 23:07
人間も想念とすると、キミは何ものか?

虚無に陥るよ。笑

地球人
2020年10月24日 10:17
誰もいないか?

あさんもいないか? 笑


>道徳は観念・・^^

>善と悪が同時に生じてるんだよな・・^^

>ここが問題^^

>善も悪もない無我の境地に住んだほうが楽かと。。^^

道徳は善悪だが、善悪は生死。

生死が無い? 呆けたのかな? 笑
地球人
2020年10月24日 10:48
誰もいない、あさんが独りの世界を想像してみて?

皆、わたしとは独りだけの世界を想像すればいい。

地球人
2020年10月24日 11:11
つまり、 一即多。
ゆきちゃん
2020年10月24日 12:31
渡辺さん、ライブおつかれさまでした。
相変わらず、 渡辺さんの、同じような(笑)内容の ビデオを毎日 見させて頂いてますです。
頭で理解する、というより 身体の細胞一つ一つに染み込ませたい と思いながら見てるので その甲斐あってか
無意識の領域で 何らかの変化が起きてるような気が 最近。

意識化で 確認出来ることは 思いが重くなくなったということ。
これだけでもエネルギーの浪費がもの凄く少なくなるので
精神的に「疲弊」するという感覚が まず、ないです。気持ちが いつも軽々としてるよう。
渡辺さんの ビデオは いつの間にか漢方薬のように なんかじわじわと効いてきているという感じなんですよねー。
末永く続けてほしいので 無理をせず、ゆったりと やってってくださいね〜☺︎
地球人
2020年10月24日 12:56
独りとは死を想像すること。

死ぬ時には闇ではなく、光に満ち溢れるそうな。

確かに、闇を見ることはない。何故なら、その時に私はいない。
通行人
2020年10月24日 13:02
言わぬが仏!^^
地球人
2020年10月24日 13:15
死ぬ時は、誰も居ないわけではないそうな、

三途の川で、今は無き親しい人が微笑んでいるそうな、
通行人
2020年10月24日 13:19
だから、言わぬが仏!^^
地球人
2020年10月24日 13:33
原子の周りを電子が周回している。

太陽の周りを地球が周回している。

しかし、地上では、太陽が周回している。
通行人
2020年10月24日 15:08
自己が廻ってるのに、太陽が廻ってるように見える^^?
地球人
2020年10月24日 16:33
主観と主観の葛藤と見る客観とは? 何者か? 微笑
地球人
2020年10月24日 17:45
客観は他者の自我ではないことを言いたかったのです。
2020年10月24日 18:06


>ゆきちゃんさん
>
>渡辺さん、ライブおつかれさまでした。
>相変わらず、 渡辺さんの、同じような(笑)内容の ビデオを毎日 見させて頂いてますです。
>頭で理解する、というより 身体の細胞一つ一つに染み込ませたい と思いながら見てるので その甲斐あってか
>無意識の領域で 何らかの変化が起きてるような気が 最近。
>
>意識化で 確認出来ることは 思いが重くなくなったということ。
>これだけでもエネルギーの浪費がもの凄く少なくなるので
>精神的に「疲弊」するという感覚が まず、ないです。気持ちが いつも軽々としてるよう。
>渡辺さんの ビデオは いつの間にか漢方薬のように なんかじわじわと効いてきているという感じなんですよねー。
>末永く続けてほしいので 無理をせず、ゆったりと やってってくださいね〜☺︎
>
ありがとうございます。
毎回、同じパターンになってしまうので、みなさんにすまないな、とは思っているのですが、しょうがありません。

こんごとも、どうぞよろしくお願いします
地球人
2020年10月24日 18:10
客観とは仏の視点でしょう。

しかし、本当に、仏の視点で見れた自己はないとの見解が大乗仏教です。

要するに、誰もが、自我、自己は悟れなかった。微笑
地球人
2020年10月24日 19:56
ですから、坐禅をしても、自我が癒されることはあっても、悟れないなのです。


はい、大平さん、聴いてます。 赤裸々な人間の音楽との印象です。
2020年10月25日 13:04
2020年10月25日 13:25
https://i.imgur.com/brQFUzt.jpg

知らん間にラーメン消えた^_^

どこ行ったんや^_^

分からん分からん1日が始まっている^_^
地球人
2020年10月25日 13:34
自我の自覚の無い者は悪を成す。笑う
地球人
2020年10月25日 13:48
仏教の諸法無我の時代は、士農工商の人々がいただけで、個人の自我は認められていなかった。
2020年10月25日 14:12
安らぎに帰して、善悪を捨て去り、
塵を離れ、この世とかの世とを知り、
生と死とを超越した人、
──このような人がまさにその故に<道の人>と呼ばれる。

https://76263383.at.webry.info/201407/article_8.html

39 心が煩悩で汚されることなく、想いが乱れることなく、善悪のはからいを捨てて、目覚めている人には何も恐れることがない(ダンマパダ)
2020年10月25日 14:52
https://76263383.at.webry.info/201204/article_15.html

善悪を捨てた心(人)について考えましょう。
仏教では心(人)の成長を、戒、定、慧の三段階で考えます。
つまり、道徳を守る段階、心を浄化する段階、智慧を開発する段階です。
(分かりやすいように、区別しますが、平行して進む部分もあります。)
道徳を守る段階では、何が善で、何が悪か知る必要がありますので、善悪を捨てるわけにはいきません。
心を浄化する段階は、煩悩をなくす段階です。
智慧を開発する段階、この段階では善悪などの価値観を捨てて、すべてありのままに洞察するのです。
善悪を捨てた人とはこのような人で、恐れはなく、あるのは事実のみです。

これらの人を覚醒した人というのです。当然おそれはありません。
2020年10月25日 15:26


>あさん
>
>https://76263383.at.webry.info/201204/article_15.html
>
>善悪を捨てた心(人)について考えましょう。
>仏教では心(人)の成長を、戒、定、慧の三段階で考えます。
>つまり、道徳を守る段階、心を浄化する段階、智慧を開発する段階です。
>(分かりやすいように、区別しますが、平行して進む部分もあります。)
>道徳を守る段階では、何が善で、何が悪か知る必要がありますので、善悪を捨てるわけにはいきません。
>心を浄化する段階は、煩悩をなくす段階です。
>智慧を開発する段階、この段階では善悪などの価値観を捨てて、すべてありのままに洞察するのです。
>善悪を捨てた人とはこのような人で、恐れはなく、あるのは事実のみです。
>
>これらの人を覚醒した人というのです。当然おそれはありません。
>

それはそれでもいいですが・・・・

戒というのは、戒を守ることは葛藤を避けることです。

定というのは、葛藤がなくなれば、葛藤をもつ主体がなくなることです。

慧というのは、葛藤を持つ主体が不在であったと、思考が気づくことです。
2020年10月25日 18:08
あっ^^

返答ありがとうございます^^

ただいま起きました^^

そこらへん難しくてよくわかりません^^

考えてみたいと思います^^
2020年10月25日 19:34
https://www.zen-essay.com/entry/dai-parinibbana-kyou

パータリ村を出立した一向はさらに北を目指して歩いた。
そしてついにガンジス河へと差し掛かった。
河の水は満ちていて、渡し場のすぐ足もとまで及んでいた。渡し場に立つカラスでも水をのめるほどである。
渡し場に集まった人々はみな、対岸へ渡るための舟や筏をもとめていた。自分で筏を作っている人もいる。

人は迷いの岸である此岸から、悟りの岸である彼岸に渡ろうとしている。
そのために、河を渡るための乗り物を欲している。
ブッダもまた同じく悟りの岸を求め、河を渡り、目覚めた人となったのであった。

ブッダは再び人々に目をやった。
舟を求める人。
筏を求める人。
自分で筏を作る人。
人は乗り物を欲している。
その時ブッダは、心の内に生まれた言葉を口ずさんだ。

水に触れないよう橋をかけて苦しみの海を渡る人がいる。
木々を蔓縄で結びつけて筏を作って苦しみの海を渡る人がいる。
真理を見る者は、すでに渡り終わっている。

う~~ん^^
2020年10月25日 20:01
ブッダは一息つくと、再び話しはじめた。
「衰退しないための教えはまだある。次にまた7つ挙げるので、それもよく覚えておいてほしい」
修行僧たちは頷いた。

「1つ目は、体を動かしたいという欲求にかまけないこと。
2つ目は、お喋りに夢中にならないこと。
3つ目は、睡眠を貪らないこと。
4つ目は、あまり社交的にならないこと。
5つ目は、悪い欲望を抱かず、心を支配されないこと。
6つ目は、悪い仲間をもたないこと。
7つ目は、多少の境地に到達した程度で満足し、修行を中断させないこと。
この7つも心にとどめておいておくれ」


うん?

3つ目は、睡眠を貪らないこと。

寝る^^
2020年10月26日 05:50
この『涅槃経』怪しい^_^

ブッダちゃんの言葉ではないな^_^

おいらにはわかる^_^
勘太郎
2020年10月26日 07:50
戒というのは、戒を守ることは葛藤を避けることです。

定というのは、葛藤がなくなれば、葛藤をもつ主体がなくなることです。

慧というのは、葛藤を持つ主体が不在であったと、思考が気づくことです。


①戒を守るとは、自分が今何をしているのか、見て聞いて感じて何を考えているかを観察する。
②(自我を観察すると自我が見えなくなるので、葛藤が消える)
③ ①+②で、運が良ければ、何かが起きて葛藤を持つ主体が無いことを   自覚する。

この②の葛藤が消えた状態は、運動選手などが行う心の状態で、非常に注意深くなります。仕事でも大変役にたちます。

肝心の③は向こうから迎えに来るのであって、こちらから行くことができないので、説明できない。 このようなかんじなのか?と思っています。

 気長に待っても来ないし、焦っても来ない、来るときは来る。なるべく②の状態でいる時間を増やすことが大切だとおもっています。
2020年10月26日 11:14
勘太郎さん、

>戒というのは、戒を守ることは葛藤を避けることです。
>定というのは、葛藤がなくなれば、葛藤をもつ主体がなくなることです。
>慧というのは、葛藤を持つ主体が不在であったと、思考が気づくことです。

>①戒を守るとは、自分が今何をしているのか、見て聞いて感じて何を考えているかを観察する。

観察してる主体は何者ですか?

勘太郎
2020年10月26日 12:23
見る主体は自我です。自我が自我を見ます。

「部屋が汚くて、気持ちがすっきりしななあ。すこし片付けよう」と思います
地球人
2020年10月26日 12:38
>見る主体は自我です。自我が自我を見ます。
>「部屋が汚くて、気持ちがすっきりしななあ。すこし片付けよう」と思います

それは、自我を部屋に譬えた比喩ですか?
地球人
2020年10月26日 12:47
戒を守る主体が自我とすると、守れないです。

何故なら、部屋が汚いと見るのは後付です。
地球人
2020年10月26日 13:07
解答はキリスト教の十戒です。
snow
2020年10月26日 13:11
自我は自我をいじくることはできても、きちんとした観照はできないですよ。
観照というのは、判断批判なしにただ観るというと。
いわゆる「気づき」がそれです。 基底というのも多分同じでしょう。

「はぁ~、俺はダメ人間だ」と思う、その「思っている私」をただ観照している「わたし」それが真の主体です。

それと出会わないと、グダグダ言ってるようになります。

私は、坐禅ではなく、瞑想でするんだけど、「ただ座って在るにいる」時の意識。 それが真の主体ですよ。 それで日常も過ごせばいいだけ。
とはいえ、なかなか難しいのだとは思いますけどね。
snow
2020年10月26日 13:20
「俺はダメ人間だ」と思考し、いじくりまわしているのが自我です。
それにただ気づいている、それが真の主体です。

地球人
2020年10月26日 13:38
snowさん、

>私は、坐禅ではなく、瞑想でするんだけど、「ただ座って在るにいる」時の意識。 それが真の主体ですよ。 それで日常も過ごせばいいだけ。
とはいえ、なかなか難しいのだとは思いますけどね。

気づきも、後付けでしょ。微笑

snow
2020年10月26日 14:05
愚さんブログが存在する限り、だらだらと寄生して過ごしたい人は、「後づけ」と思ってればいいんじゃないですかね。
snow
2020年10月26日 14:08
まぁ、地球人さんの場合、寄生して過ごすのがあってるっていうか、それしかできない因縁なんでしょうけれど。
snow
2020年10月26日 14:12
地球人さんの場合、これぐらい言わないと分からないでしょうから、あえて言ってます。
言っても分からないかもしれませんが。
2020年10月26日 14:54
おい地球人^_^

反省しなさい^_^
snow
2020年10月26日 15:05
私がやはり不思議に思うのは、なぜ愚さんは、このブログでだらだらと暇つぶししている人たちを放置されているのだろう?
ということでもあるんですよね。
愚さん、なぜですか? 教えてください。
2020年10月26日 15:37
うん?

人たち?

うーん^_^

分からん分からん^_^
snow
2020年10月26日 15:48
このブログにコメントしに来た人の揚げ足を取るようなコメント返しをして、一時の満足感を得る行為というのは、我を強めるだけの暇つぶしに過ぎないと思うんですね。
それを地球人さんは長い間しています。
彼の中の虚しさがそれをさせているのでしょうけれど、おそらく自分でも気づかないのか気づかないふりをしているのだと思います。
もちろん、私の見立てであって、他の方は違う観方をされるかもしれません。

ただ、私は、地球人さんには、自分のされていることに気づいてほしい、と思っています。

snowが逆に地球人さんに依存しているのではないか、という批判をされることも覚悟のうえで書いています。

愚さん宛に、補足させていただきました。
地球人
2020年10月26日 15:56
SNOWさん、別に揶揄してるわけではありません。

「気づき」は後付けと指摘したまでです。 プレミアム微笑!^^

>私は、坐禅ではなく、瞑想でするんだけど、「ただ座って在るにいる」時の意識。 それが真の主体ですよ。 それで日常も過ごせばいいだけ。
とはいえ、なかなか難しいのだとは思いますけどね。
地球人
2020年10月26日 16:10
愚さんも座禅を続けてるのでしょう。

何故か?

snow
2020年10月26日 16:11
仮に揶揄されたとしても、そんなことはまったく気にはならないですから。

私が地球人さんについて言っているのは、「自分の空虚さに気づいたらどうですか。」ってこと。

自分というものが思考や感情、身体だと思っていると、限定感から空虚感を持ちやすいのだけれど、まさに地球人さんはそれでしょう、ということ。
地球人
2020年10月26日 16:57
>私が地球人さんについて言っているのは、「自分の空虚さに気づいたらどうですか。」ってこと。
>自分というものが思考や感情、身体だと思っていると、限定感から空虚感を持ちやすいのだけれど、まさに地球人さんはそれでしょう、ということ。

え? 思考や、感情、身体があるから、空虚ではなくリアルなのです。微笑

それはおいといて、理性、悟性、感性の根源の話です。
2020年10月26日 17:35


>勘太郎さん
>
>戒というのは、戒を守ることは葛藤を避けることです。
>
>定というのは、葛藤がなくなれば、葛藤をもつ主体がなくなることです。
>
>慧というのは、葛藤を持つ主体が不在であったと、思考が気づくことです。
>
>
>①戒を守るとは、自分が今何をしているのか、見て聞いて感じて何を考えているかを観察する。
>②(自我を観察すると自我が見えなくなるので、葛藤が消える)
>③ ①+②で、運が良ければ、何かが起きて葛藤を持つ主体が無いことを   自覚する。
>
>この②の葛藤が消えた状態は、運動選手などが行う心の状態で、非常に注意深くなります。仕事でも大変役にたちます。
>
>肝心の③は向こうから迎えに来るのであって、こちらから行くことができないので、説明できない。 このようなかんじなのか?と思っています。
>
> 気長に待っても来ないし、焦っても来ない、来るときは来る。なるべく②の状態でいる時間を増やすことが大切だとおもっています。

戒は、一義的には、自我が働き、葛藤が起きる状況を避けようとするわけです。それが、例えば、五戒です。

定は、葛藤がなくなれば、自我が落ちていきます。

慧は、自我が落ちた状態に気づくことです。

ご指摘の通り、慧の状態は、意識的には呼べません。できることは、葛藤を避けることです。そして、その葛藤の大きなものが、恐怖、不安、心配といったものです。

ですから、これらを片づけていこうじゃないかというのが、申し上げたいことです。
2020年10月26日 17:37


>さん
>
>勘太郎さん、
>
>>戒というのは、戒を守ることは葛藤を避けることです。
>>定というのは、葛藤がなくなれば、葛藤をもつ主体がなくなることです。
>>慧というのは、葛藤を持つ主体が不在であったと、思考が気づくことです。
>
>>①戒を守るとは、自分が今何をしているのか、見て聞いて感じて何を考えているかを観察する。
>
>観察してる主体は何者ですか?
>
これは、他人に聞くべき問いというより、自分で徹底的に追及すべきものだと思います。他人の意見などあまり意味はありません。そう思いませんか?
2020年10月26日 17:41


>snowさん
>
>私がやはり不思議に思うのは、なぜ愚さんは、このブログでだらだらと暇つぶししている人たちを放置されているのだろう?
>ということでもあるんですよね。
>愚さん、なぜですか? 教えてください。

それはその方々の自由だと思っています・・・・・・特に迷惑を他にかけることがなければ、いいんじゃないでしょうか・・・・・それぞれの因縁があるだけですから・・・・
2020年10月26日 17:47
>>観察してる主体は何者ですか?
>
>これは、他人に聞くべき問いというより、自分で徹底的に追及すべきものだと思います。他人の意見などあまり意味はありません。そう思いませんか?

それはそうです。

本来の自己です。
snow
2020年10月26日 18:00
>それはその方々の自由だと思っています・・・・・・特に迷惑を他にかけることがなければ、いいんじゃないでしょうか・・・・・それぞれの因縁があるだけですから・・・・

愚さん、ありがとうございます。
それぞれの因縁があるだけ、というのはたしかにそうだとは思います。

ようは言い換えれば、そうなるしかないからそうなっているのであって、それをどうにかしようとしてもなかなかどうしてどうなるものでもない、ということ。

ただね、年がら年中、おんなじようなことを壊れたテープレコーダーみたいにここで書き続けてる人には、そんな因縁をぶち壊してやることも必要なのではないか、と私は思うので、愚さんに質問してみたのです。

愚さんは、悪く言えば、地球人さんを「助けようとはせずほっておく」んですね?

2020年10月26日 18:07


>snowさん
>
>>それはその方々の自由だと思っています・・・・・・特に迷惑を他にかけることがなければ、いいんじゃないでしょうか・・・・・それぞれの因縁があるだけですから・・・・
>
>愚さん、ありがとうございます。
>それぞれの因縁があるだけ、というのはたしかにそうだとは思います。
>
>ようは言い換えれば、そうなるしかないからそうなっているのであって、それをどうにかしようとしてもなかなかどうしてどうなるものでもない、ということ。
>
>ただね、年がら年中、おんなじようなことを壊れたテープレコーダーみたいにここで書き続けてる人には、そんな因縁をぶち壊してやることも必要なのではないか、と私は思うので、愚さんに質問してみたのです。
>
>愚さんは、悪く言えば、地球人さんを「助けようとはせずほっておく」んですね?
>
助けることなんかできません・・・・・すべて本人次第ですから
2020年10月26日 18:08


>さん
>
>>>観察してる主体は何者ですか?
>>
>>これは、他人に聞くべき問いというより、自分で徹底的に追及すべきものだと思います。他人の意見などあまり意味はありません。そう思いませんか?
>
>それはそうです。
>
>本来の自己です。

言葉遊びでないことを祈ります
2020年10月26日 18:08
愚さんの言ってることに近いのかな^^

契経に戒を説けり。また(戒は)尸羅[しら]とも言われる。あるいは行と言われ、あるいは筺[きょう]とも言われる。尸羅とは、清涼[しょうりょう]を意味する。なぜならば悪は身体と心とに苦しみをもたらすが、戒はこれらを快適にすることから、清涼と言われる。また悪行はまた地獄・餓鬼・畜生の苦しみの境涯への再生をもたらすが、戒は人間あるいは神々としての再生をもたらすから、清涼という。また尸羅とは、安眠を意味する。持戒の者は、安らかな眠りに就くことが出来、常に善い夢をみるために、尸羅といわれる。また尸羅とは、数習[さくじゅう](繰り返し行うこと)を意味する。常に善なる教えを修めるために、尸羅といわれる。また尸羅とは、得定[とくじょう](禅を得ること)を意味する。持戒の者は、心が軽やかで禅定を容易に得るために、尸羅といわれる。また尸羅とは、遂蹬を意味する。(以下の)偈頌に説かれている如しである。
仏法という池は清涼である、尸羅を「つまづき落ち込むこと」となす。
聖者は(この池の水に)浴してしかも身を濡らさず、彼岸の功徳を得る。
また尸羅は荘厳具を意味する。この飾りが若者をして良き若者たらしめる。この飾りが壮齢の人をして良き壮齢の人たらしめる。この飾りが老年の人をして良き老年の人たらしめる。尸羅は朝・昼・夜も常に身を飾る。(以下の)偈頌に説かれている如しである。
尸羅は身を飾って、幼年・壮年・老年のすべての人々に好ましく、
信仰を維持して智慧を尊ぶ。その福徳を盗める者は存在しない。
また尸羅とは、明鏡の意味である。鏡がその中にはっきりと像を写すようなものである。浄尸羅を持って揺るがせにしないならば(人はその心に)無我の像を現す。また尸羅とは、階梯の意味である。尊者の言葉が無滅しても、我々は尸羅という階梯を踏んで、無上の智慧の宮殿に入るようなものである。また尸羅とは、増上の意味である。(中略) また尸羅とは、頭首の意味である。頭首があるからこそ、(人は)物を見、音を聴き、臭いを嗅ぎ、味を見、触覚を感じ、モノを知ることが出来るようなものである。

『阿毘達磨大毘婆舎論』第四十四(T27. P229c-P230c)
snow
2020年10月26日 18:09
愚さんをそのことで批判しようとしているのではなく、単に確認のための質問です。
以前から質問してみたかったことです。 お答え、よろしくお願いします。

地球人さんを助けてあげようとは思わないのですか? というのが、質問になります。
2020年10月26日 18:10
うん?

わからんくなってきた^^

寝る^^
snow
2020年10月26日 18:12
愚さんへ。

>助けることなんかできません・・・・・すべて本人次第ですから

すみません、お答えいただいてたのですね。
前後してしまいました。

まぁ、たしかにそうですね。

お手数おかけしました。 ありがとうございます。
2020年10月26日 18:18


>あさん
>
>愚さんの言ってることに近いのかな^^
>
>契経に戒を説けり。また(戒は)尸羅[しら]とも言われる。あるいは行と言われ、あるいは筺[きょう]とも言われる。尸羅とは、清涼[しょうりょう]を意味する。なぜならば悪は身体と心とに苦しみをもたらすが、戒はこれらを快適にすることから、清涼と言われる。また悪行はまた地獄・餓鬼・畜生の苦しみの境涯への再生をもたらすが、戒は人間あるいは神々としての再生をもたらすから、清涼という。また尸羅とは、安眠を意味する。持戒の者は、安らかな眠りに就くことが出来、常に善い夢をみるために、尸羅といわれる。また尸羅とは、数習[さくじゅう](繰り返し行うこと)を意味する。常に善なる教えを修めるために、尸羅といわれる。また尸羅とは、得定[とくじょう](禅を得ること)を意味する。持戒の者は、心が軽やかで禅定を容易に得るために、尸羅といわれる。また尸羅とは、遂蹬を意味する。(以下の)偈頌に説かれている如しである。
>仏法という池は清涼である、尸羅を「つまづき落ち込むこと」となす。
>聖者は(この池の水に)浴してしかも身を濡らさず、彼岸の功徳を得る。
>また尸羅は荘厳具を意味する。この飾りが若者をして良き若者たらしめる。この飾りが壮齢の人をして良き壮齢の人たらしめる。この飾りが老年の人をして良き老年の人たらしめる。尸羅は朝・昼・夜も常に身を飾る。(以下の)偈頌に説かれている如しである。
>尸羅は身を飾って、幼年・壮年・老年のすべての人々に好ましく、
>信仰を維持して智慧を尊ぶ。その福徳を盗める者は存在しない。
>また尸羅とは、明鏡の意味である。鏡がその中にはっきりと像を写すようなものである。浄尸羅を持って揺るがせにしないならば(人はその心に)無我の像を現す。また尸羅とは、階梯の意味である。尊者の言葉が無滅しても、我々は尸羅という階梯を踏んで、無上の智慧の宮殿に入るようなものである。また尸羅とは、増上の意味である。(中略) また尸羅とは、頭首の意味である。頭首があるからこそ、(人は)物を見、音を聴き、臭いを嗅ぎ、味を見、触覚を感じ、モノを知ることが出来るようなものである。
>
>『阿毘達磨大毘婆舎論』第四十四(T27. P229c-P230c)

難しいことが書いてありますね・・・・・わたしが言いたいことは、要するに、恐怖、不安、心配のようなものはイヤだから、そういうものが来ないようにしよう、ということです
2020年10月26日 18:21
「すべてあらゆることにつけて、極楽浄土に行くには、あれこれと小難しいことを考えず、ただうっとりと阿弥陀仏のご恩の深さを思い出すべきです。そうすれば、自ずと念仏を申されることでしょう。それを自然というのです。みずから計らわないことを自然というのです。これがすなわち他力ということです。」

『歎異抄』

ここで説かれている「自然」は「自然法爾」とも言う。「自然法爾事」という親鸞の一文があり、わが計らいを捨て阿弥陀仏に任せることが「自然」であり、それが他力であると述べられている。

これ読んでいたんだが・・^^

すんばらしい^^


地球人
2020年10月26日 18:26
>>本来の自己です。

>言葉遊びでないことを祈ります

愚さんに言われて、ハッ!と気づいたのです。

2020年10月26日 18:27
「みずから計らわないことを自然というのです。これがすなわち他力ということです。」

戒とは関係なかったのかな^^

またまた寝る^
2020年10月26日 18:36


>あさん
>
>「すべてあらゆることにつけて、極楽浄土に行くには、あれこれと小難しいことを考えず、ただうっとりと阿弥陀仏のご恩の深さを思い出すべきです。そうすれば、自ずと念仏を申されることでしょう。それを自然というのです。みずから計らわないことを自然というのです。これがすなわち他力ということです。」
>
>『歎異抄』
>
>ここで説かれている「自然」は「自然法爾」とも言う。「自然法爾事」という親鸞の一文があり、わが計らいを捨て阿弥陀仏に任せることが「自然」であり、それが他力であると述べられている。
>
>これ読んでいたんだが・・^^
>
>すんばらしい^^
>
>
坐禅に任せれば、自力です・・・・・つまり、自力と他力とは同じものです
2020年10月26日 18:37
簡単に言えばこれですね^^


私という思いがあるから
私の悩み苦しみがあります。
私という思いがなくなれば
私の悩み苦しみはなくなります。


私という思いがあるから
私の恐怖、不安、心配があります。
私という思いがなくなれば
私の恐怖、不安、心配はなくなります。
2020年10月26日 18:38


>地球人さん
>
>>>本来の自己です。
>
>>言葉遊びでないことを祈ります
>
>愚さんに言われて、ハッ!と気づいたのです。
>
>
もし、気づいたのであれば、本来の自己、などという手あかのついた言葉ではなく、もっと、生き生きとしたオリジナルの表現が現れるはずなのですが・・・・・
2020年10月26日 18:39


>あさん
>
>「みずから計らわないことを自然というのです。これがすなわち他力ということです。」
>
>戒とは関係なかったのかな^^
>
>またまた寝る^

戒は、能動的な作業を止めるということです、つまり、受動的になっていく、つまり、自然です
地球人
2020年10月26日 18:40
SNOWさん、

>>助けることなんかできません・・・・・すべて本人次第ですから

>すみません、お答えいただいてたのですね。
前後してしまいました。

>まぁ、たしかにそうですね。

分かったのかな? あなたのことですよ。微笑



2020年10月26日 18:43


>あさん
>
>簡単に言えばこれですね^^
>
>
>私という思いがあるから
>私の悩み苦しみがあります。
>私という思いがなくなれば
>私の悩み苦しみはなくなります。
>
>
>私という思いがあるから
>私の恐怖、不安、心配があります。
>私という思いがなくなれば
>私の恐怖、不安、心配はなくなります。
>
それは厳密にそうなのですが、実践上は困難があります。
つまり、恐怖、不安、心配があるとき、それに伴って「私」が生まれてしまいます。

このパラドックスをどう解くかということが、個人的に問題でした。そして、そのひとつの方策が、バカヤロー禅だったわけです。
地球人
2020年10月26日 18:45
愚さん、

>>>本来の自己です。
>
>>言葉遊びでないことを祈ります
>
>愚さんに言われて、ハッ!と気づいたのです。
>
>
もし、気づいたのであれば、本来の自己、などという手あかのついた言葉ではなく、もっと、生き生きとしたオリジナルの表現が現れるはずなのですが・・・・・

オリジナルですか?

自問自答は、どうですか?

2020年10月26日 18:48


>地球人さん
>
>愚さん、
>
>>>>本来の自己です。
>>
>>>言葉遊びでないことを祈ります
>>
>>愚さんに言われて、ハッ!と気づいたのです。
>>
>>
>もし、気づいたのであれば、本来の自己、などという手あかのついた言葉ではなく、もっと、生き生きとしたオリジナルの表現が現れるはずなのですが・・・・・
>
>オリジナルですか?
>
>自問自答は、どうですか?
>
気が付いたのであれば、ひとに問うことはしません
2020年10月26日 19:01
なんか将棋のプロが普通の人たち相手に・・^^

コマ落ちで何人も指してる情景が浮かんだんだが^^

・・ということで^^

ほんとうに寝ます^^
地球人
2020年10月26日 19:09
>もし、気づいたのであれば、本来の自己、などという手あかのついた言葉ではなく、もっと、生き生きとしたオリジナルの表現が現れるはずなのですが・・・・・
>
>オリジナルですか?
>
>自問自答は、どうですか?
>
気が付いたのであれば、ひとに問うことはしません


もとい、 自問自答です。
地球人
2020年10月26日 19:15
>①戒を守るとは、自分が今何をしているのか、見て聞いて感じて何を考えているかを観察する。

これができるのは覚者です。

戒を必要としない。笑



地球人
2020年10月26日 20:05
覚者は自問自答はしない。

わたしは凡夫だから、都度都度、自問自答します。笑
snow
2020年10月26日 20:06
地球人さんへ。

>分かったのかな? あなたのことですよ。微笑

私が愚さんに話した後、急にあなたたちの相手をしはじめてくれたじゃないですか。 感謝してね。

まぁ、あなたのような腐った人は、自分自身で深く自覚でもしない限り、一生無理とは思うけどね。
地球人
2020年10月26日 20:35
SNOWさん、

意味不ですが、

他者にそんな印象を、多少なりとも与えたなら、

自問自答してます。たぶん、Snowさんの自我を傷つけたのでしょう。

お世辞を言うのが苦手なのです。微笑


snow
2020年10月26日 20:52
地球人さんへ。

ん? 傷ついてないですけど。 なのでお気になさらずに。

地球人さんは、ご自分の因縁に従って、ここで暇つぶしを続けられるのでしょうし、それしかないのだろうな、ということで、関わらないようにしますね。
まぁ、これも何度目かの宣言になりますけど。(笑)
では、お元気で。
地球人
2020年10月26日 21:02
>まぁ、あなたのような腐った人は、自分自身で深く自覚でもしない限り、一生無理とは思うけどね。

なかなか、他者に言えない言葉です。

SNOWさんの性格を理解したので、今後、干渉しません。

此処は私のブログではないので、 そう言わずに投稿してください。微笑
2020年10月26日 21:55
「尸羅(しら)清浄ならざれば三昧(さんまい)現前(げんぜん)せず」と云えり。


すんばらしい^^
2020年10月26日 22:07
http://choumeiji.net/001/hounen-shounin.htm


 おほよそ、仏教多しといえども、所詮、戒定恵の三学をば過ぎず。

所謂小乗の戒定恵、大乗の戒定恵、顕教の戒定恵、密教の戒定恵なり。

しかるに、我がこの身は、戒行において、一戒をも、保たず、禅定において、一つもこれを得ず。

人師釈して、尸羅(しら)清浄ならざれば、三昧現前せずといへり。

又凡夫の心は物に、従いて、移りりやすし。例えば猿猴の枝につたうがごとし。誠に散乱して動じやすく、一心鎮まり難し。

無漏の正智、何によりてか、おこらんや。

もし無漏の智剣なくば、何でか悪業煩悩の、絆を絶たんや。

尸羅(しら)の、絆を断たずば、なんぞ生死繋縛(けばく)の身を、解脱する事をえんや。かなしきかな、かなしきかな、如何せん、如何せん。

 ここに我等如きは、既に戒定恵の三学の器(うつわもの)に非ず。

法然ちゃんもなかなかやな・・^^

う~~ん^^

寝れんがな^^
2020年10月26日 22:20
仏法に見捨てられた身を嘆きながら経蔵に入り、わが身を悲しみながら経典に向かい合い、手を差し伸べて一書を取り出してみると、それは善導大師の観経疏であった。

改めて読み進んでいくと次の一句が目にとまった。



立教開宗きたぁあああああああああああああああああああああ^^
2020年10月26日 22:20
うん?

寝る^^
地球人
2020年10月26日 22:25
大乗の悪人正機説は、キリスト教の罪人です。

キリスト教は十戒から、罪人、贖罪の信仰に替わった。笑
みゅう
2020年10月27日 07:58
ここ、面白いことになってますね。
アトラクションとして、あたりだと思います。
臆病なのでとても乗ってみようと思いませんが、そばで見て、漏れだしてくる声を聞いているだけも十分修行になります。
愚さんに感謝。
地球人
2020年10月27日 09:45
みゅうさん、

>臆病なのでとても乗ってみようと思いませんが、そばで見て、漏れだしてくる声を聞いているだけも十分修行になります。
>愚さんに感謝。

一般世間も同じです。
特別な事態ではありません。
そう言わずに、参加してください。微笑
嵐に遭わない修行になります。
その点では、あさんが手本になります。

愚さんも愉しんでるのではないかな。笑

地球人
2020年10月27日 10:18
人災の嵐は、天災の嵐と理屈は同じです。

防ぎようがない。笑
地球人
2020年10月27日 10:54
>善悪を捨てた心(人)について考えましょう。
仏教では心(人)の成長を、戒、定、慧の三段階で考えます。
つまり、道徳を守る段階、心を浄化する段階、智慧を開発する段階です。
(分かりやすいように、区別しますが、平行して進む部分もあります。)
道徳を守る段階では、何が善で、何が悪か知る必要がありますので、善悪を捨てるわけにはいきません。
心を浄化する段階は、煩悩をなくす段階です。
智慧を開発する段階、この段階では善悪などの価値観を捨てて、すべてありのままに洞察するのです。
善悪を捨てた人とはこのような人で、恐れはなく、あるのは事実のみです。

これらの人を覚醒した人というのです。当然おそれはありません。

何をアホな事を言ってるのだろうか。笑

善悪は何が原因で生じるのか?

アダムとイブがエデンの園を追われた理由は? 原罪とは? 
地球人
2020年10月28日 11:51
暇だな、 「気づき」のおばさんの所に遊びに行くか?

皆さんも、どうですか? 悟れるかも知れませんよ。微笑

https://ameblo.jp/kissako20209/entrylist.html

地球人
2020年10月28日 12:25
あれっ? コメントできない。

まだ、再開してないのかな。笑
地球人
2020年10月29日 11:52
自我は人生、社会、掲示板の華です。

正しく暴れましょう。笑
地球人
2020年10月29日 12:18
悟りはよくない。

俗世から出家したくなるでしょ。 出家は引き籠りです。笑
地球人
2020年10月29日 12:24
世間と闘って、ボロボロになってもよい覚悟があるならいいですが、微笑
地球人
2020年10月29日 12:28
悟ったら、世間と闘わない?

そんな悟りはありません。笑
地球人
2020年10月29日 13:33
坐禅の境涯は覚り、悟りではないでしょう。

自我の癒しでは? 微笑
勘太郎
2020年10月29日 15:38
坐禅で調子が良いと、時間があっという間に過ぎてしまう。接心では楽に坐るな!と言われたこともあるので、これが良いのか悪いのか?は判りません。楽に坐るな!ではなく、気持ちよく坐るな!です、意味合いが異なりますので訂正。

 暖かくして、布団を厚く敷いて楽にして、地球人さんもどうですか。投稿中毒患者同士で仲良く坐るのも宜しいかと思います。届きませんけれども日々進化します。
地球人
2020年10月29日 17:45
勘太郎さん、

坐禅の癒し感は自我の苦しみがあればこそです。

坐禅のできない多くの人は言います。

「唯、じっと長時間、座ってるなんて、辛くてできない。」
地球人
2020年10月29日 17:53
一般人は自我が快調なら、坐禅をしなくてもいいのです。笑

定期的に座る必要もない。
地球人
2020年10月29日 21:23
愚さんの坐禅の会は、コロナウィルス感染の中で、お寺で参禅するのも難があって、自宅で参加できるので、ネットで一般公開すると、参加者が多数集まるのではないかと想像します。
地球人
2020年10月29日 22:10
しかし、わたしにとって坐禅はプライベートなものです。
勘太郎
2020年10月29日 22:40
自我が快調でしたら、それに越したことはありません。充実した生活を楽しまれてください。

 最近わかったのですけれども、夢や希望が苦しみの原因です。楽しく生きようが苦しみの原因です。どうでも良ければ、束縛がありません。それを身体で判ったら、仏教の小学校卒業でしょうか?
2020年10月29日 23:10


>勘太郎さん
>
>自我が快調でしたら、それに越したことはありません。充実した生活を楽しまれてください。
>
> 最近わかったのですけれども、夢や希望が苦しみの原因です。楽しく生きようが苦しみの原因です。どうでも良ければ、束縛がありません。それを身体で判ったら、仏教の小学校卒業でしょうか?

その通りです。夢、希望、快楽、それらの追求が苦痛です。簡単です。
これ、わかりやすい文章なのでKB会の題材として取り上げさせてください。
地球人
2020年10月29日 23:16
勘太郎さん

>最近わかったのですけれども、夢や希望が苦しみの原因です。楽しく生きようが苦しみの原因です。どうでも良ければ、束縛がありません。それを身体で判ったら、仏教の小学校卒業でしょうか?

因縁、因果の社会に流されて生きるってことですか?

地球人
2020年10月29日 23:25
自我がある限り、どうでもいいことにはならないでしょう。

苦しいし辛いでしょう。 

それで、無我、無我と坐禅するわけですね。
地球人
2020年10月30日 08:54
糸の切れた凧は、心神喪失ではないでしょう。

自己は有りますよね、 その自己とは? 微笑
地球人
2020年10月30日 09:01
もとい、 心身喪失。
通行人
2020年10月30日 11:25
>糸の切れた凧

元々、糸はあったのだろうか?^^
勘太郎
2020年10月30日 11:37
希望が束縛になる。

たぶん全員の希望は、馬の前に吊るされた人参と同じく、私が前に進めば人参も前に進んで近づきません、虹や蜃気楼と同じです。

もっと詳しく言うと、中古車を買ったら新車が欲しくなります。立てば歩めの親心、人は常に届かない希望を持つ様にできています。

ですから、夢や希望は私の心をかき乱します。高い車に乗っている人を見ると私は思ってしまいます。あの車代金500万があったら、家庭菜園用の肥えた畑が買えるのだがなあ~・・・・。今も条件が悪いながら50万円で買った山の中の傾斜地の畑はありますのに。

夢を持たなくても、ところてん式に人生は運んで行きます。夢や希望を持たなくてもその人なりの人生を進みます。
卑近な例ですけれども、おいらは50でリストラになりました。同時に多くの人が辞めました。そしての後のそれぞれの生活ぶりは??どうなんだろうと話を聞きますと。店長さんだった人はデパートの副店長、司法書士で独立とかやっぱりそこそこの立場にいます。平社員は別の会社の平社員とかタクシーの運転手とか、おいらはボイラーマン。
 つまり、何が有っても・・そうなってしまうんです。
夢は敵だ!敵だ!

と 何回繰り返して書いたり言ったりしても、おらもやっぱり夢を見てしまいます。理性では夢は蜃気楼だ!と解かってはいます。
 江戸時代の様に人々が飢えたり、凍える暮らしをする時代ならば、夢を持って生きない家族ともども死んでしまいます。有難い事に現在はアルバイトであろうと、飢えたり凍えたりしませんから夢は生きるのに邪魔だと思います。

勘太郎
2020年10月30日 12:20
偉そうに書かせていただくと、

自己も真我もへったくりもない!

書き込みなんかしていないで、糞して寝てろ!

正直言うと、地球人さんに向かって書いていると、ヒントがパクパク湧いてくるんです。たぶん、自己も真我も気づきもへったくりもあるかい! おまえが生きてるだろう!。が正解なんだろうと思います。
いま、突然そういう言葉が出てきました。

今朝、渡辺さんと話しましたことなんですけれども。
渡辺さんは「ハト麦茶は私です」と言います。おらは「おらがハト麦茶とは全く感じないなあ~」と思います。
渡辺さんは真我が渡辺さんの心身として働います。真我です。ハト麦茶も真我です。ですから渡辺さん=ハト麦茶です。おらはこういうように真我に翻訳してからでないと、何バカなこと言ってんだか?と感じてしまいます。翻訳気にかけると、話は繋がります。この翻訳の仕組みを昨晩地球人さんにお手紙書きながら理解した次第です。

  ではこれから、骨粗相症で背骨が痛いので整形外科に行ってきます。老人病なので根本的には治りません。
地球人
2020年10月30日 12:31
>勘太郎さん

>もっと詳しく言うと、中古車を買ったら新車が欲しくなります。立てば歩めの親心、人は常に届かない希望を持つ様にできています。
>ですから、夢や希望は私の心をかき乱します。高い車に乗っている人を見ると私は思ってしまいます。あの車代金500万があったら、家庭菜園用の肥えた畑が買えるのだがなあ~・・・・。今も条件が悪いながら50万円で買った山の中の傾斜地の畑はありますのに。
>夢を持たなくても、ところてん式に人生は運んで行きます。夢や希望を持たなくてもその人なりの人生を進みます。 

>・・・・・・・・・・・・・・と 何回繰り返して書いたり言ったりして
も、おらもやっぱり夢を見てしまいます。理性では夢は蜃気楼だ!と解かってはいます。
> 江戸時代の様に人々が飢えたり、凍える暮らしをする時代ならば、夢を持って生きない家族ともども死んでしまいます。有難い事に現在はアルバイトであろうと、飢えたり凍えたりしませんから夢は生きるのに邪魔だと思います。

夢や希望が、単なる物質欲、金銭欲、出世欲とは限らないですが・・・

人は皆、幸福を求めているのは確かでしょう。

西洋思想から、諸行無常、諸法無我、一切皆苦・・仏教は諦観と言われています。

基本的人権。国民主権を認められている現代人が、自我、自己が無い色即是空を理解するのは無理でしょう。

仏教から改宗か?信仰を止めましょう。笑
















勘太郎
2020年10月30日 15:52
自分宛てに書いている様な気がします。

幸福を求めなければ、不幸にならない。言葉遊びの様に聞こえるでしょうけれども、真実の言葉です。理屈ではそうなるし、たぶん現実もそうです。

金銭欲・地位・名誉のほかにも、欲望は有る。 必要な欲望、エネルギー補給の為の食欲、生殖、、安全、保身(崖から落ちずに歩くといったような)直接身体に関係する欲望は心を煩わさない様な気がします。

地球人さんの書き込みを読むと、オラには、我欲が束縛を作る事がよく解ります。オラの文章には地球人さんへの非難の気持ちは含まれていないことがお判りいただけると思います。オラの気持ちが地球人さんという鏡に写って還ってきているようです。 御同輩様です。
2020年10月30日 19:04
アメリカ大統領選挙で忙しくて^^

ここに書くことができん^^

困った^^
2020年10月30日 19:07
ところで・・^^

私という仮面を脱ぎ捨てると^^

なにか出てくるんでしょうかね^^?

・・ということで^^
地球人
2020年10月30日 19:59
勘太郎さん

>幸福を求めなければ、不幸にならない。言葉遊びの様に聞こえるでしょうけれども、真実の言葉です。理屈ではそうなるし、たぶん現実もそうです。

あなたにとって、幸福とは我欲なんですか? 微笑
2020年10月30日 20:13
幸福が生じれば不幸も生じる・・^^

不幸が生じれば幸福も生じる・・^^

幸福がなければ不幸もない^^

不幸がなければ幸福もない^^

まっ・・^^

本当は幸福も不幸も観念なんだけれどもね^^

地球人
2020年10月30日 20:21
そういえば、 愚さんも自我、自己の事しか言及してない。

他者は存在してないのか? 笑
地球人
2020年10月30日 21:24
次回のKB会では、「隣人愛」について、講釈して頂きたい。微笑
地球人
2020年10月30日 21:26
家族愛でも、いいですが、微笑
地球人
2020年10月30日 22:26
禅は独我論であるから、並び立つ他者が存在しないから愛はない。

通行人
2020年10月30日 22:52
家族愛も渇愛でしょ。^^

隣人愛は、日本人にはないかも?^^
通行人
2020年10月30日 23:06
一切衆生悉有仏性は独我論かな。^^
地球人
2020年10月30日 23:30
いずれにしても、独りで、平和や幸福や愛は成立しない。
地球人
2020年10月31日 01:07
私が見てるのではなくて、脳が見てることに気づけばいいのではないか?
アフタヌウン
2020年10月31日 07:51
>頭がない方法
>https://www.youtube.com/watch?v=AyXUmekiw6I&t=167s
>これ、面白いですね・・・・

愚さん

もともとは、ダグラス・ハーディングという方が提唱された方法で、本も何冊か出版されています。

主観的事実がそのまんま世界・現実であることに気づく手法かと思います。
2020年10月31日 08:12
う~~ん^^

今この瞬間に幸福・不幸がありますか?^^
2020年10月31日 08:18
考えるとある^^

・・と言った人は 虚妄の世界 にいるんだな・・^^

これが^^
2020年10月31日 08:21
うん?

世間における一切のものは虚妄である。

中村元訳(『ブッダのことば』9)

世間とは、われわれが今いるこの世界を指しているが、そのすべてが虚妄(陽炎の如く実体を持たないこと)であると釈尊は言う。その一方で彼は、自分にとってここは仏土(浄土)と映っているが、あなた方の目にそうは見えていないということで「我がこの土は浄けれども汝は見ざるなり」(『維摩経』)と弟子たちを前にして言った。しかも、そう見えていないのはあなた方の咎(過ち)にあるとした。しかし、それは彼らだけではなく、われわれにも当てはまる。つまり、われわれが見ているものはことごとく虚妄であるけれども、覚者の目(それを仏眼、あるいは慧眼という)には同じこの世が真実と映っているのだ。
すると、この世が虚妄となるか、真実となるかは認識するわれわれの見る姿勢にかかっていることになろう。果たして仏教は、人間には「世俗の我」と「真実の我」の二つがあるという。もちろん前者は、世間(世俗)に留まって、徒に生まれ、徒に死を繰り返しているわれわれ自身のことであり、後者は真理に目覚めた覚者を指している。つまり、見る私が「世俗の我」であるか「真実の我」であるかによって、世界もまた虚妄ともなれば、真実ともなるのだ。
ところが、ここに重大な問題がある。それは、この世が虚妄であると知るのは覚者に限られるということだ。言い換えれば、「真実の我」(親鸞の言う「まことのひと」であり、臨済の「真人」にあたる)を知るのでない限り、われわれはこの世が虚妄の世界であると気付くこともなく、生々死々を繰り返すことになるからだ。一方、「世間における一切のものは虚妄である」と知った者はこの世とかの世をともに超えた真実の世界に至り、再び空しく生死の円環を巡ることはない。
2020年10月31日 08:31
覚者?

普通のことなんだが・・^^

あたりめとも言う^^
2020年10月31日 09:00
なんだかんだ言っても・・・^^

掃除が基本やな・・^^

‥と言うことで・・^^

掃除した^^
2020年10月31日 09:03
うん?

頭の中も掃除せにゃあかん^^

・・ということで・・^^

温泉サウナ水風呂瞑想や・・^^

とこうなる^^

いいことだらけやが・・^^
2020年10月31日 09:04
う~~ん^^

因縁の世界やな・・^^
地球人
2020年10月31日 11:32
独我論は100%自我の主観です。

自己しかいない世界です。笑
地球人
2020年10月31日 11:41
私の身体と認識はしてるが、身体が私だと思ってる人はいるのかな? 
地球人
2020年10月31日 11:48
坐禅も体感では、脳がスッキリ、サッパリするけれども、笑
地球人
2020年10月31日 11:54
その辺は、化粧や整形したりする女の方が私と身体を区別してる。笑
地球人
2020年10月31日 12:03
パソコンは私なのか?

地球人
2020年10月31日 12:07
パソコンとテレビを区別できるのは何故?
地球人
2020年10月31日 12:14
100%ではないけれども、人の顔を識別する知能はすごい。笑
地球人
2020年10月31日 12:23
私が表に出ると間違いを犯すので、頭脳、知能に任せればミスしない。
通行人
2020年10月31日 12:45
それは、AIロボットだろう。^^

自我の感情があるから、人間味があるのだよ、地球人も。^^

地球人
2020年10月31日 14:08
純粋知能の世界に神仏はいない。笑
地球人
2020年10月31日 14:53
最近、自我で思考して語ると疲れるのだよ。

純粋知能に任せたほうが楽じゃないかな。笑

勘太郎
2020年10月31日 19:01
 あなたにとって幸福は我欲なんですか? 微笑

幸福がどうんな状態?とか 自我?真我?の質問に答えることができたら、たぶんそれはニセモノの幸福です。というか短時間の幸福であって、煙の如く直ぐに消えます。

中村なにがしは、覚醒していないので、仏教学問・知識には役立てる事ができますが、人を救うことはできません。雪担御老師が「彼は判っていないから、自分でも何言ってんだか?わかっているのかな?」と言っています。

地球人さんは、おらの解からぬ鋭い事をかきますね。
2020年10月31日 20:20
う~~ん^^

わからん^^
2020年10月31日 20:22
う~~ん^^

わからん教を作りたい^^

さーみんなで^^

「わからんわからん・・・」
2020年10月31日 20:23
おい地球人^^

いい加減にしろ^^
2020年10月31日 20:23
う~~ん^^

どうしてこうなった^^
2020年10月31日 21:26
うん?

だいたい同じやな・・・^^

ちなみに^^

普守菩薩曰く、『我と無我とを二と為す。我すら、なお不可得なり、非我(無我)、何ぞ得べき。我の実の性を見る者は、また(我と無我の)二を起こさず。これを不二法門に入ると為す。』と。

 普守菩薩(ふしゅぼさつ)が言います、

『我と無我とを二とします。



 我ですら知ることができないのに、

   無我を何うして知ることができよう。

 我の本性を知れば、再び

   我と無我との二を起こすことはない。

 これを不二法門に入るといいます。』

ふむふむ^^
2020年10月31日 21:30
ここに於いて文殊師利、維摩詰に問わく、『我等、おのおの自ら説きおわりぬ。仁者、まさに説くべし。何等かこれ菩薩、不二法門に入る。』と。

 そこで文殊師利は維摩詰に問いました、

『我々は既に各々自説を述べました。

   次はあたなの番です。何をいうのでしょう、

     菩薩が不二法門に入るとは?』

時維摩詰默然無言


時に維摩詰黙然として言無し。

 そう問われても、維摩詰は

   黙ったまま言葉がありません。

文殊師利歎曰。善哉善哉。乃至無有文字語言。是真入不二法門


文殊師利歎じて曰く、『善哉善哉、すなわち文字言語の有ること無きに至る。これ真の不二法門なり。』と。

 文殊師利が感嘆して言いました、

『素晴らしい素晴らしい。まさに言葉も文字も用が無いということですね。

 まさに不二法門に入っていられます。』と。

すんばらしい^^
地球人
2020年10月31日 22:15
勘太郎さん、

> あなたにとって幸福は我欲なんですか? 微笑

>幸福がどうんな状態?とか 自我?真我?の質問に答えることができたら、たぶんそれはニセモノの幸福です。というか短時間の幸福であって、煙の如く直ぐに消えます

状態とか、そんなことではなくて・・・

幸福、幸せを体験した事がないのですか?

一度も? 
2020年10月31日 22:25


>アフタヌウンさん
>
>>頭がない方法
>>https://www.youtube.com/watch?v=AyXUmekiw6I&t=167s
>>これ、面白いですね・・・・
>
>愚さん
>
>もともとは、ダグラス・ハーディングという方が提唱された方法で、本も何冊か出版されています。
>

そうなんですか・・・・知りませんでした

>主観的事実がそのまんま世界・現実であることに気づく手法かと思います。
>
単純で面白いと思います
地球人
2020年10月31日 22:32
主観は自我です。
地球人
2020年10月31日 22:44
だから、テレビのニュースと違って、現実の自我の体験はリアルです。
2020年10月31日 22:52
深く縁起に入りて諸の邪見を断じ、有無の二辺(我と無我のいづれかに固執すること)は、また余習(よしゅう、ブリカエス)することなし。

 あらゆる物事は因縁によって生ずることを

   深く理解して

   邪見に陥ることなく、

   我(が、ワレアリ)と無我(むが、ワレナシ)の

     両の見解に惑わされることもなく、

     そのような考えが起こることもありません。


ふむふむ^^

おなじや^^
2020年10月31日 23:10
我と無我とに於いて、不二なる、これ無我の義なり。

 我と無我とは、

   別物ではない。

 これが無我という事です。

諸法は、皆妄見なり。夢の如く、炎(カゲロウ)の如く、水中の月の如く、鏡中の像の如く、妄想を以って生ず。

 あらゆる物事は、皆

   妄想によって見ています。

 夢の如く、炎(カゲロウ)の如く、水中の月の如く、鏡中の像の如く、皆

   妄想が生み出したものなのです。
2020年10月31日 23:13
う~~ん^^


なんか虎の巻を見ている感がする^^
2020年10月31日 23:16
虎の巻(とらのまき)は、門外不出の秘伝が書かれている書。転じて、教科書などに対する解説書(いわゆる教科書ガイドなど)のことも指す。
地球人
2020年10月31日 23:17
< あらゆる物事は因縁によって生ずることを

   深く理解して

   邪見に陥ることなく、

   我(が、ワレアリ)と無我(むが、ワレナシ)の

     両の見解に惑わされることもなく、

     そのような考えが起こることもありません。>

リアルタイムの即今で起きてる物事を同時に認識して理解することができるわけないでしょ。学問は後付けの理解なのです。笑




2020年10月31日 23:26
うん?

維摩経は理解できるが・・^^

地球人さんの言ってることがさっぱりわからん^^

わからんわからん^^
2020年10月31日 23:27
・・ということで^^

寝る^^
地球人
2020年11月01日 00:13
あさん、

>地球人さんの言ってることがさっぱりわからん^^

>わからんわからん^^

因縁生起を知っても、人生を変えることはできない。

何の教訓にもならない。てことです。笑
地球人
2020年11月01日 00:18
あの時に、こうしておけばよかった、は結果論です。笑
地球人
2020年11月01日 00:26
諸行無常 「そうだね。」 唯、それだけの話です。

人生を変えられるわけではない。笑
2020年11月01日 05:46
うん?

知る?

経典は知るものではなく確認するものなんだが^^
2020年11月01日 05:56
まっ^^

人それぞれということで^^
2020年11月01日 06:08
自然法爾・・^^

「自ら然る」やな・・・^^
2020年11月01日 06:46
http://mmori.w3.kanazawa-u.ac.jp/misc/newspaper_pr/bardo.html

死の瞬間のバルドにおける救済も、同じ身体ヨーガ理論にもとづいている。息がとだえた瞬間に死者の左右の脈管をおさえて、生命の風が流入しないようにして、導師は転移を実践する。このとき、導師は死者の眼前に「光」が顕現することを強調し、その光が何であるかを語りかける。これは「根元の光明」であり、「存在そのものの姿」すなわち「空(くう)」である。「法身(真理そのものである仏の身体)である普賢」であり、「明々白々な無垢の明知」である。そしてこれを悟ることによって阿弥陀仏(文字どおりには無限の光の仏)と死者は合一し、解脱することができる。導師によるこの語りかけは、生命の風が中央の脈管にとどまっているあいだに行われる。この期間は一定ではなく、生前に善業をつんだ人や瞑想能力のすぐれた人ほど長く、それだけ解脱の可能性も高くなる。

う~~ん^^

阿弥陀仏もそれなりの根拠があるかもしれん^^

2020年11月01日 06:49
導師は死者の眼前に「光」が顕現することを強調し、その光が何であるかを語りかける。

「南無不可思議光」やが・・^^
2020年11月01日 06:51


【原文】
帰 命 無 量 寿 如 来
南 無 不 可 思 議 光


【読み方】
無量寿如来に帰命し、
不可思議光に南無したてまつる。

う~~ん^^

となる^^

う~~ん^^

2020年11月01日 06:56
「無記」やな・・^^
地球人
2020年11月01日 09:20
諸行無常

人生に悔いなし。笑
地球人
2020年11月01日 09:27
諸法無我

自己同一性の我は? 笑
地球人
2020年11月01日 12:03
仏陀は空観の無私なる自己を煩悩、無明になるので言及せず無記として答えなかった。

ヒンドゥー教ではアートマンとかブラフマンであるが。笑
地球人
2020年11月01日 12:09
それはさておき・・・自己同一性の自己を探究していけば、本来の唯一無二の永遠の自己に辿りつくのではないか? 微笑
地球人
2020年11月01日 12:21
仏教では空=仏、 ヒンドゥー教ではアートマン=ブラフマン。と、

やはり、ベタな解答になるな、 笑
地球人
2020年11月01日 12:41
わたしがあさんが同一とは絶対、おもいたくない。

その時点でアウトです。笑
地球人
2020年11月01日 14:07
しかし、仏陀、釈迦は斯様に言ってます。

わたしは悟ったわけでもないが、以下を支持します。微笑

天上天下 唯吾獨尊
今茲而往 生分已盡

世界の中で我のみが尊い。
今ここに生まれてきたが再び生きることはない。

つまり釈迦がこの世で解脱するから「唯我独尊」であると言う。

wikipediaより、
地球人
2020年11月01日 14:57
「この状態から他の状態へと、くり返し生死輪廻に赴く人々は、行き着く先は無明にのみ存する。 この無明とは大いなる迷いであり、それによって永い間、このように輪廻してきた。しかし明知に達した生けるものどもは、再び迷いの生存に戻ることはない。」 スッタニパーダ

ブッダの本音は、「しかし明知に達した生けるものどもは、再び迷いの生存には戻りたくはない。」 ではないか? 私なら、そうだが、笑い

通行人
2020年11月01日 15:15
というか、ブッダは個人の、小乗の悟りを暴露している。^^

地球人
2020年11月01日 15:27
大乗では、個人の悟りはないからね。笑
地球人
2020年11月01日 16:53
真実は、悟った仏陀も無我です。

勘太郎
2020年11月01日 20:25
https://www.youtube.com/watch?v=Ex2NGgQha34

大嶺あきら御老師のお話です。何回も貼られていますので繰り返しです。
1時間6分から9分までが味噌です。1時間8分から1分間

死んだら、どうなるか?わかりませんということが救われること。
知らない事を 大きな知に任せる
御浄土を納得して、御浄土に行くのではなく、阿弥陀様に任せるからすくわれる。

勘太郎の疑問
死んだ人と生きてる人の違いを、見分ける事ができるのは、どうしてなんだろう?

 例えば、旦那さんが未開の地で、5年間、単身赴任している間、妻は夫が生きてるのか、死んでるのか?解らないはず。(給料が振り込まれるとかは別にして)
つまり、私が夜眠ったら、朝まで、妻の生死は判らないはず。朝目が覚めて生死が解かる。  シュレーディンガーの猫にと似てるなあ。
渡辺さんの口癖の
2020年11月01日 20:34
「自分とは何か?解らないと納得したら、それで解決」を別の単語で語っています。
2020年11月01日 20:57
悟りとは弱さを認めることだという人がいるけど、違うかもしれない。

弱さを認めれる人はつよいし全うな社会人だと思う。

悟りは恋に似ている。
言葉にするのが恥ずかしい。
弱さを認める強い自分に、弱い自分が勝つことが悟りである。

あなたの内なる女性が、外なる男性的人格に勝利する。

私が悟った夜に、私は自分の弱さや欠点を認めれたせいで悟ったせいで悟ったわけではなかった。

負けたのは、認めようとした自分だった。

悟りとは、一輪の花がかわいそうで切れない。そのような感情に似ている。

一見弱い無意識が、一見強い顕在意識を、完全に打ち負かすのが悟り。

老子が真実をしってるのものは語らないといったけど、真実は恋愛と同じであんまり親密なことだから、語るのがためらわれるという意味なんだな。

人間は弱い。だから自己反省や鍛錬によって強くなろうとする。そんな弱さすら間違っていなかった。
弱いことに気づけたから。

普通の人が悟れないのは、自分の無力さや臆病さを実感するほど、真剣に悩んだことがないからだ。

よく似非教師が、悟ってわかった人は、さっぱりしていかにもわかったような顔をしてるとかいうけど、あれは嘘だ。

悟って帰ってきた人は、戦争に行って憔悴して帰ってきた人のようだ。
あるいは、恋をした人が恥ずかしがるかのようだ。
悟った人ってのは、生のとてつもない闇を生きた人であって、理論家ではない。だから嘘を言うことだってあるし、いってること自体は当てにならないこともある。

しかし、彼は闇を生ききった。
たいていの人は、全力で無意識に立ち向かってかなわなかった。という体験がない。

自分のすべてを出し切るような生き方をしてない。

自分を出し惜しみして生きてる。

だから自我を守り続け、幻想をみつづけ、悟るということがない。

地球人
2020年11月02日 11:25
>渡辺さんの口癖の
2020年11月01日 20:34

>「自分とは何か?解らないと納得したら、それで解決」を別の単語で語っています。

何の言葉ですか?

自分を定義するなら、今現在、私は愚さんのブログに投稿するが、愚さんは何をしてるのかわからない。
地球人
2020年11月02日 11:28
大平さん、

>自分のすべてを出し切るような生き方をしてない。

耳が痛い言葉です。
地球人
2020年11月02日 11:42
自分が無いと、命を守れません。
ゆきちゃん
2020年11月02日 12:38
普通に 世間の中で生きてると
ほぼ全ての人、家人すら が 自我に翻弄されて
しかもそれに気づかぬまま、疑問も持たぬまま それが当たり前のように生きている。
私も そんな中に暮らしていると 知らぬ間に 自我にどっぷり浸かっちゃってて「おっと いけないいけない ぐるしいぐるしいΣ('◉⌓◉’) 」 と、軌道修正をかけること 日常茶飯事。

ふと 腹が立ってきまぢた (^^;)
無か 源か 創造主 とかよく知んないですけど なんで
普通に生きてたら 無明で生きるように 私たちを創ったのでしょうか?
世間を見渡したら ほぼ全員が無明じゃないですか。
創造主さんは そんな人間を通して どうしたいのでしょう?何が知りたいのでしょう?

私も 無意識になってると もう元の木阿弥。。気がつけば エゴの奴隷になってる 自分がいて もう苦笑いするしかない。エゴってなんて 凄い引力なんだろう。
創造主さんが 何をしたくて こんなエゴを生み出したのか、
何で?なんて 意味なんか 持たないのかもしれないけど
でも なんでなんや⁉︎ って やっぱり思ってしまいます。

ところで 次のお題?に関連して・・
周りには 夢や希望を持って頑張っている人がいっぱいいます。
そんなみんながキラキラと輝いているのも 毎日のように私は見ています。
でも それが 自我の罠だということも 私は知っています。
でも もし この世界から 夢や希望が消えたら さも味気ない世の中になっちゃわないかな とも ふと感じるのでした。
私が 夢や希望がないだけに 私みたいのばっかりになったら なんかやだなって (苦笑〜ヽ(´o`;
地球人
2020年11月02日 13:04
>ゆきちゃん

誰なのだろうか? 笑

唯一無二の自我はエゴとは限りません。

唯一無二の自我がないと、人類は絶滅する確率が高い。笑
地球人
2020年11月02日 13:33
自我を認めない全体主義の日本は原爆まで落とされる結果となった。

ゆきちゃん
2020年11月02日 13:50
地球人さんへ

あ、自我とエゴは 私、同じ意味で使ってるので・・
もう全部自我です〜
地球人
2020年11月02日 14:06
>ゆきちゃん

>あ、自我とエゴは 私、同じ意味で使ってるので・・
もう全部自我です〜

欧米では、唯一無二の自我はエゴではないようです。

欧米の自我は東洋の我ではありません。

東洋の我は、大衆の我です。

勘太郎 南無阿弥陀仏の正体
2020年11月02日 16:49
 私は 両親・会社・時間・上司部下・家族・国・政治家・地球に囲まれています。これらは私の存在を支えています。同時に束縛されています。この支えを時には邪魔にして、或は喜んで迎えます。この支えを南無阿弥陀仏というのではないか?と思います。南無阿弥陀仏と唱えてこれを信ずれば後生の一大事が完了するそうです。
地球人
2020年11月02日 17:10
勘太郎さん、

> 私は 両親・会社・時間・上司部下・家族・国・政治家・地球に囲まれています。これらは私の存在を支えています。同時に束縛されています。この支えを時には邪魔にして、或は喜んで迎えます。この支えを南無阿弥陀仏というのではないか?と思います。南無阿弥陀仏と唱えてこれを信ずれば後生の一大事が完了するそうです。

宗教は人類皆きょうだい。

しかし、宗教は宗派に別れて、一つにならないのが痛い。笑

勘太郎
2020年11月02日 17:39
宗派に別れていますが、どなたかが書いていました。
経典を読む場合には、書かれた背景、書いた人の色眼鏡などを取り去って読むと一つのモノが見えてくる。

今は宗派に拠るいさかいはないと思ます。タリバンとトランプは宗教の争いではなくて、自分の勢力拡大の名目です。現実にお金や科学の世界では宗教も国境も見当たりません。
地球人
2020年11月02日 17:55
勘太郎さん、

>今は宗派に拠るいさかいはないと思ます。タリバンとトランプは宗教の争いではなくて、自分の勢力拡大の名目です。現実にお金や科学の世界では宗教も国境も見当たりません。

宗教は利権、権力を目的としてます。
snow
2020年11月02日 18:45
ブログ停止しました。 見に来てくださってる方がいらっしゃるのがアクセス数で分かっていたので、お知らせまでです。 理由は、「宇宙についての意味は自分でつけるだけ」とはっきり分かったので探究ももうやめるからです。
お邪魔いたしました。

2020年11月02日 19:31
この身は、影の如く、業縁(ごうえん、過去の行為と因縁)より現る。

 この身は、影のように、

   過去の行為が因縁して現れます。
2020年11月02日 19:40
是身如幻從顛倒起
・この身は、幻の如く、顛倒(てんどう、妄想)より起こる。

是身如夢為虛妄見
・この身は、夢の如く、虚妄の見(けん、所見)と為す。

是身如影從業緣現
・この身は、影の如く、業縁(ごうえん、過去の行為と因縁)より現る。
2020年11月02日 19:43
う~~ん^^

維摩経は想定の範囲内^^
2020年11月02日 19:50
う~~ん^^

どう考えても・・^^

仏教からサーンキャ哲学へながれるよな^^

これは必然^^
2020年11月02日 20:18
うん?

アートマン

皮膚という境界線の内側に5つの異なる次元の自分が存 在している。「自分」という存在を探求し続けた結果、バラモンたちはこのパンチャ・マーヤー・コーシャの考えに辿り着きました。しかしここで少し立ち止まってみると、皮膚という境界線の外側に存在しているのは、先ほど述べたように 「ブラフマン」という一つながりの大いなるエネルギーのみであるというのがもう一つのバラモンたちの結論でした。私たちの肉体は外部世界から手に入れた食べ物でできています。 外部世界にブラフマンが偏在しているのであれば、食べ物もブラフマンの現れであり、その食べ物で作られた食物鞘はやはりブラフマンでできていることになります。同様に生命エ ネルギーを保つためには呼吸によって外部世界からプラーナを取り入れなければなりません。外部世界に満ちているプラ ーナがブラフマンの現れだとしたら、生気鞘もはやはりブラフマンでできていることになります。同様に意思鞘、理智鞘、 歓喜鞘も結局はブラフマンの現れの一つであると考えざるをえなくなります。

私たちが確かに存在していると思い込んでいる「肉体」、「生 命エネルギー」、「意思」、「精神性」、「至福感」。そのどれもが宇宙規模で循環する一なるエネルギー「ブラフマン」の現れなのだとしたらどうでしょうか? 皮膚という境界線は実在しない幻の境界線であり、「自分」と「自分以外」の区別など存在しないのである。「自分」というマトリョーシカは幻 (マーヤー) だった。これが長い思索の末にバラモンたちが辿り着いたもう一つの結論でした。そしてバラモンたちはブラフマン、つまり宇宙全体とつながりあった「無境界の自分」を、5つのレベルのエネルギーよりなる幻のマトリョーシカとしての自分と区別して「アートマン=真我」と呼びました。
勘太郎
2020年11月02日 20:22
宗教と書いて何を対象として見るか、で意味が違いますですね。どうもおらは自分の思う宗教について思ってしまうので、神仏を見ます。宗教と名の着く勢力がトランプさんを応援して権力になびきます。地球人さんの書き込みにも同意いたします。

像の足を見るのか、鼻の中を顕微鏡でみるかで、見えるものは全くちがいますものね。
2020年11月02日 20:44
うん?

宗教?

「自己の正体を参究せよ」これやな・・^^
2020年11月02日 20:47
自己が何者かもわからず・・^^

なにをしようとするのか・・^^
2020年11月02日 20:48
わからんわからん^^

・・とこうなる^^
2020年11月02日 20:51
なにもしないで至福の状態になれるのか・・^^

うん?

温泉サウナ水風呂瞑想だけやな・・^^

ふむふむ^^
2020年11月02日 21:09
湖の表面の波が静まれば湖の底が見えるのと同じように、心が鎮まれば心の奥にある普遍の本性が現れます。
「何も持たず、何もなさずともただあるがままで幸せ」それをヨーガでは至福「アーナンダ」と呼びます。
ヨーガが目指すのはこの、永遠不変の至福「アーナンダ」の実現です。
その中で、ハタ・ヨーガは、意識と呼吸と姿勢で生命エネルギー「プラーナ」を制御することによって心を鎮め、至福「アーナンダ」を実現する技法です。

まじ?
2020年11月02日 21:12
湖の表面の波が静まれば湖の底が見えるのと同じように、心が鎮まれば心の奥にある普遍の本性が現れます。

簡単に言いやがる^^
地球人
2020年11月02日 21:43
souwさん、

>ブログ停止しました。 見に来てくださってる方がいらっしゃるのがアクセス数で分かっていたので、お知らせまでです。 理由は、「宇宙についての意味は自分でつけるだけ」とはっきり分かったので探究ももうやめるからです。
お邪魔いたしました

my only 気づきであれば、他者が介入することはできませんね。笑

2020年11月02日 22:09
my only 気づきであれば、他者が介入することはできませんね。笑

これをトンチンカンなレスという^^

う~~ん^^
地球人
2020年11月02日 22:57
あさん、

気づいてない人と対話しても意味がない。

見切れたか? 笑う
地球人
2020年11月02日 23:35
>湖の表面の波が静まれば湖の底が見えるのと同じように、心が鎮まれば心の奥にある普遍の本性が現れます。

>まじ?

>簡単に言いやがる^^

あさんは、坐禅の寂静の境地も体験したことがないの?

まじ? 笑
2020年11月03日 07:45
愚さん^^

ここに坐禅を極めた人がいるんですけど^^

どう思われます^^
2020年11月03日 07:58
普遍の本性とは何か・・^^
2020年11月03日 08:10
アーナンダ

真我の体験による至福やで^^
2020年11月03日 08:14
身心脱落すれば真我の体験による至福が生じる^^

とヨーガでは言っている^^

道元ちゃんはどうだったか知らんけど^^

2020年11月03日 08:20
まさに身心脱落^^


ヨガ(瞑想)により、プラクリティの作り出した物質世界の執着からプルシャを開放することが目的です。

ヨガの瞑想では、プラクリティの発展の逆の順序を辿ります。

五唯から作られた物質的な世界を手放し、五感覚器官で感じる世界との接点を手放し、思考の動きを手放します。そして、最後に自我を手放すと、プルシャに限りなく近いブッディに到達できます。
2020年11月03日 08:28
ブッディは、プラクリティから展開して生じたもので、認識・精神活動の根源であるが、身体の一器官にすぎず、プルシャとは別のものである。ブッディの中のラジャスの活動でさらに展開が進み、アハンカーラが生じる。これは自己への執着を特徴とし、個体意識・個別化を引き起こすが、ブッディと同様に物質的なもので、身体の中の一器官とされる。アハンカーラは、物質原理であるプラクリティから生じたブッディを、精神原理であるプルシャであると誤認してしまう。これが輪廻の原因だと考えられた。プルシャはプラクリティを観照することで物質と結合し、物質に限定されることで本来の純粋清浄性を発揮できなくなる。そのため、「ブッディ、アハンカーラ、パンチャ・タンマートラ」の結合からなり、肉体の死後も滅びることがない微細身(みさいしん、リンガもしくはリンガ・シャリーラ(liṅga‐śarīra))はプルシャと共に輪廻に囚われる。プルシャは本性上すでに解脱した清浄なものであるため、輪廻から解脱するには、自らのプルシャを清めてその本性を現出させなければならない。そのためには、二十五諦を正しく理解し、ヨーガの修行を行わなければならないとされた
2020年11月03日 08:30
プルシャは本性上すでに解脱した清浄なものであるため、輪廻から解脱するには、自らのプルシャを清めてその本性を現出させなければならない。

これやで^^
2020年11月03日 08:43
問題はこれや^^

「ジャイナ教、サーンキヤ学派の一派、そして仏教ではこの世の創造主としての神の存在を受け入れていません。一方で、仏教以外の他のすべての宗教的伝統は、一般的にアートマンと言われる独立した永遠なる 自我の存在を認めています。しかし、仏教の縁起の見解からは、そのような独立した自我があるという考えかたを受け入れることはできません」
2020年11月03日 08:52
坐禅をするのに、六感を解放して、自分のために六感を使うことを一切捨ててしまえばいいんです。それによって、決定的にけりがつくん(悟れるん)です。―井上義衍老師

「これで終わりかい^^」

って普通なるよな^^
2020年11月03日 08:54
ちなみに道元ちゃんは身心脱落のあとどうなるか書いてたっけ^^
2020年11月03日 09:01
道元の悟りの風光は

「ただわが身も心もはなちわすれて、仏のいへになげいれて、仏のかたよ

り行はれて、これにしたがいゆくとき、ちからもいれず、

こころもついやさずして、生死をはなれ仏となる」


「生死をはなれ仏となる」これやな・・^^
2020年11月03日 09:08
アートマーとは何でしょうか?サット(存在)、チット(意識)、アーナンダ(至福)の性質を備えたものです。

このように、人が自分自身が存在、意識、至福の性質であると知りますように。


無知によって至福が隠れる

本当の自分自身は、至福そのものであるのに、そうして私たちは変わることなく至福を感じることができないのでしょうか?それは自分自身の知識に対する「無知」が原因です。永遠の幸せは、深い眠りのときの体験に似ています。「何も覚えていないけどよく寝れて幸せ」というのは、その時間にマインドや肉体の固定概念から離れて、自分自身を体験しているからです。そのため、私たちは寝ることが好きですし、毎日寝ることを欠かしません。目覚めると、マインドや肉体が働き出し、無知のベールがかかります。

本当の自分自身の知識は、ただ得ただけでは意味がありません。それを本当の意味で理解した人は、目覚めている状態で、心や肉体の固定概念があっても、永遠の幸せを感じることができます。そのような人は、悟りに達した人、解脱者ともいわれます。

う~~ん^^

仏もアートマーも同じということで^^

終わり^^

2020年11月03日 09:43
いわゆる坐禅というものは、単に心を落ち着けたり、迷いを離れて仏に成ろうとする修行ではない。坐禅とは、すなわち仏の境界(きょうがい)であり、解脱の姿そのものであって、それは最高の安楽を体験する法門なのである。差別即平等、平等即差別の妙法そのままの自己となりきり、網から抜け出た魚や籠から解き放たれた鳥のように束縛に捕えられることがない。もしこの意味を体得できたなら、あたかも龍が水を得て天に昇るように、また、虎が山に入って力を得たように、真の自己の自由闊達で偉大な力を発揮できるようになる。すべての物事の実相が手に取るように現前し、迷いの心は消滅してしまう。坐禅を終えて坐を立つときにはゆっくりと身体を動かし、静かに立ち上がり、急に立つようなことはしてはいけない。

道元
2020年11月03日 09:45
妙法そのままの自己?

真の自己?
2020年11月03日 09:47
所謂(いわゆる)坐禅は習禅(しゅうぜん)には非(あら)ず、唯だ是れ安楽の法門なり、菩提(ぼだい)を究尽(ぐうじん)するの修証(しゅしょう)なり、公案現成(こうあんげんじょう)、羅籠(らろう)未(いま)だ到(いた)らず、若し此の意を得ば竜(りゅう)の水を得(う)るが如く虎の山に靠(よ)るに似たり、当(まさ)に知るべし正法(しょうぼう)自(おのずか)ら現前し、昏散(こんさん)先(ま)ず僕落(ぼくらく)することを、若(も)し坐より立たば徐徐(じょじょ)として身を動かし、安詳(あんじょう)として起(た)つべし。卒暴(そつぼう)なるべからず。

そんなこと書いてないが^^

おい^^

だれや^^
2020年11月03日 09:54
さてっと^^

「自分自身が存在、意識、至福の性質であると知りましょう・・」


僕とか素直なんで^^

温泉サウナ水風呂瞑想で至福の性質を確かめにいかんとあかん^^

ではでは^^
地球人
2020年11月03日 10:02
あさん、

自我が暴れている事に気づきなさい。微笑
地球人
2020年11月03日 10:08
あさんが坐禅したら、悟れるかもしれない。

お世辞ではなくて、微笑

地球人
2020年11月03日 10:48
>僕とか素直なんで^^

>温泉サウナ水風呂瞑想で至福の性質を確かめにいかんとあかん^^

坐禅しなさい。

坐禅と温泉サウナ水風呂瞑想の違いがわかる。

水風呂瞑想やるなら、真冬にやりなさい。笑
地球人
2020年11月03日 11:05
悟れないと認識するのが悟りかもしれない。

悟ったと自覚すると勘違いすることも多々ある。笑
2020年11月03日 13:23
あさん、

>冬のサウナ水風呂瞑想は体の感覚がなくなるので風景と同化し意識だけになる^_^

>冬は悟の季節なんだなこれが^_^

サウナ水風呂は快感だから駄目です。笑


地球人
2020年11月03日 15:03
あなたはわたしです。

この悟りは無理だな。

あさんが、わたしだとは思えない。笑
2020年11月03日 15:05
うん?

しらぬまに・・樽風呂でなんか寝てた^^

至福や^^

地球人
2020年11月03日 15:08
そのまま水死していたら、仏になれたのに、

惜しかったね。笑
地球人
2020年11月03日 15:22
心については、統一された見解はない。

心の説明については、経論によって種々の異説がある。 (1) 人の心臓の意。 (2) 阿頼耶 (あらや) 識のこと。 (3) 自我意識である末那識のこと。 (4) 意識のこと。 (5) 自性清浄心すなわち真如の意など。

地球人
2020年11月03日 15:52
私の見解は、心は縁起に因って生じた。 

後付けの因縁生起です。
地球人
2020年11月03日 15:59
例えば、 中秋の名月を見て、紅葉を見て、親しい人にあって・・・哀れなあさんに逢って、笑
地球人
2020年11月03日 16:15
何故、心は縁起なのか? 無我だからです。 
地球人
2020年11月03日 16:21
300 GET! 笑
地球人
2020年11月03日 17:19
>心は私ではない^^

>思考も感情も私ではない^^

>本当の私は観察者^^

喜怒哀楽は観察ですか?

ハハハハ・・・私が笑っている。? 笑
地球人
2020年11月03日 17:23
観察は後付けの私です。

地球人
2020年11月03日 17:35
他者のあさんが、笑っているのは即今で観察できるが、

自己の喜怒哀楽の感情を即今で、私は観察することはできない。
地球人
2020年11月03日 17:39
同時に観察できないだけで、喜怒哀楽は私自身です。笑
地球人
2020年11月03日 17:53
「あなたはわたしです。」とは、

他者のあなたはわたしの印象です。との意味です。
地球人
2020年11月03日 18:07
独我論ですが、

人口が一億人にいれば、一億人の私が居ます。

わたしやあなたは、世界でたった独りの存在です。
2020年11月03日 18:39
うん?

何言ってるかさっぱりわからん^^

関わらんほうが無難やな^^
地球人
2020年11月03日 18:44
>何言ってるかさっぱりわからん^^

>関わらんほうが無難やな^^

それも然り。 あさんは世界で唯、独りの存在者です。笑
地球人
2020年11月03日 18:48
世界で何が起ころうが、他人事だから平気で生きていけるのです。笑
地球人
2020年11月03日 18:55
自他不二。 本当ですか?
地球人
2020年11月03日 19:16
あなたはわたし、と思うから、喧嘩になるのです。

あなたはあなた、わたしはわたし、と思えば、喧嘩にはならない。笑

地球人
2020年11月03日 19:26
此処で、あさんと会話する人は、わたしと愚さんしかいない。

面白い現象です。異星人に見えるのかもしれない。笑
地球人
2020年11月03日 19:34
宗教思想は事実、真実ではありません。笑
2020年11月03日 19:36
https://www.youtube.com/watch?v=SY9Wk4Ea-KU

心と体は有為法なんだな^^

つまり・・無常^^

しかし・・本来の私は生滅変化しない^^

つまり・・無為^^

うん?

生 住 異 滅(しょうじゅういめつ)

事物が生成変化して消滅すること。生、住、異、滅の四相のこと。なお、それぞれの相は五位七十五法の心不相応行法の要素に含まれる

地球人
2020年11月03日 19:52
>しかし・・本来の私は生滅変化しない^^

それは、何ですか? 笑
2020年11月03日 20:33
至福とは・・^^

樽風呂で寝るようなものである^^

寝る^^
地球人
2020年11月03日 20:47
自他不二の思想が不幸を生む。

皆、平等の認識が不幸を生む。

わたしは檜風呂に入るあさんを羨ましいとは思わない。本当です。笑
地球人
2020年11月04日 11:44
悟りに学問は要らない。

坐禅を身に付けるだけでよいです。

わたしが保障します。 信用できないか? 笑う
通行人
2020年11月04日 12:59
信用できない。

信用は人だから。^^
2020年11月05日 08:05
地球人が怒ってる^_^

怒ってる^_^

てな感じやな^_^
2020年11月05日 08:10
地球人の正体は^_^

因縁が生起してるんだろうな^_^

問題は^_^

意識は因縁に基づくか?やな
地球人
2020年11月05日 11:38
>問題は^_^

>意識は因縁に基づくか?やな

坐禅が因縁に基づく意識のわけないだろう。笑
地球人
2020年11月05日 12:15
サウナ風呂は自我の意識だからアウト!笑
2020年11月05日 15:31
さてっと^_^

至福の時間や^_^

樽風呂覚醒至福瞑想や^_^

この前は油断したが^_^

今回は覚醒しながら至福にいたるで^_^
2020年11月05日 16:39
うーん^_^

今度は露天風呂で寝てた^_^

どないなっとんねん^_^
地球人
2020年11月05日 17:52
だめだこりゃ! 笑う

2020年11月06日 04:51
うーん^_^

心と同化してると苦しむ^_^

大事なのは心との分離^_^

心から遠離する^_^

すると寂滅の境地に居られる^_^

これは気づきにくい^_^
2020年11月06日 04:54
心からの遠離が寂滅為楽とは^_^
2020年11月06日 05:50
むけげーむけげー^_^

南無南無^_^
2020年11月06日 07:32
故心無圭礙
かくて心には何のさまたげもく

無圭礙故無有恐怖
さまたげがないから恐れがなく

遠離一切転倒夢想
あらゆる誤った考え方から遠く離れているので

究境涅槃
永遠にしずかな境地に安住しているのである。

一切って^_^

心と身体やな^_^

つまり五蘊^_^
2020年11月06日 08:16
世界はプルシャの観照を契機に、プラクリティから展開して生じる^_^
2020年11月06日 09:30
うーん^_^

観察者効果ってなんだったっけ?^_^





地球人
2020年11月06日 10:45
あさん、 

意固地にならず、坐禅しなさい! 分かるから、微笑
地球人
2020年11月06日 10:50
観察者無き観察は、気づきでしょ。
2020年11月06日 11:51
うん?

悟りたくないんで^_^

お断りします^_^

観察者効果なんだけど^_^
地球人
2020年11月06日 12:46
あさん、

>悟りたくないんで^_^
>お断りします^_^
>観察者効果なんだけど^_^


ほー! 正直で宜しい。

悟ったら、苦しみになることを分かっているのだね。微笑
地球人
2020年11月06日 12:53
悟れば茨の道が待っている。

何と? 
2020年11月06日 14:25
おい地球人^_^

はよご意見ください・・・・のスレで

僕とか素晴らしい議論を聞いて感動しましたです

とか言ってゴマすって来いや^_^
2020年11月06日 15:40
うん?

失礼しましたです^_^
2020年11月06日 15:40
うーん^_^

分からん分からん^_^
地球人
2020年11月06日 17:26
悟れるとでもおもってるのか?

自我は根絶できるか?

大乗は諦めた。 因縁は切れない。笑
通行人
2020年11月06日 18:07
出家しなくとも、社会奉仕はできるんじゃない。^^
地球人
2020年11月06日 18:28
家族の幸せにするでもいいわけだ。
2020年11月06日 19:15
私の正体を見極められたら悟りやな・・^^

・・ということは・・^^

悟れんということや^^
2020年11月06日 19:31
私の正体を見極められずに・・^^

悟ったああああああああああああああああああああああ^^

とはこれいかに^^
2020年11月06日 19:33
愚さんもさっきの動画で言っていた^^

自分の正体は知ることはできないと^^

つまり・^^
2020年11月06日 19:37
どうゆうことや^^

わからんわからん^^

が正解となる^^

・・ということで^^

分からん教を作ることになる^^

さーみんなで^^

「わからんわからん・・^^」
2020年11月06日 19:38
おい地球人いい加減にしろ^^

・・とこうなる^^

結論でたな^^

終わり^^
2020年11月06日 19:49
https://www.youtube.com/watch?v=g48CK6n_VCw

うん?

この動画の黒板に「智慧=慈悲」と書いてあるな^^

さっきの動画で愚さんの言っているこことたぶん同じこと言っていたのだ

ろう^^

2020年11月06日 19:50
う~~ん^^


みんな愚さんのまねをしとる^^
2020年11月06日 20:23
自他不二

知恵

慈悲

こう書いてあった^^

「分別智が知恵  無分別智は智慧」とするならば^^


自他不二

知恵

慈悲

どないなってんねん^^

・・となる^^

地球人
2020年11月06日 21:57
>「分別智が知恵  無分別智は智慧」とするならば^^

誰が言ってるのか?

あさんか? 笑い


2020年11月06日 22:02
【法界縁起と事事無礙法界の思想】
 この世は縁起の原理が支配しているが、華厳宗はそれを法界縁起と表現する。法は真理という意味だから、法界縁起とは、縁起が真理として貫徹する世界という意味である。
 華厳宗では、法界を四法界に分けて説明する。
 われわれ衆生が見る現実世界を事法界という。それは迷いの世界でもある。それに対して縁起の理法からすべてを空と見る世界、すなわち真理としての世界を理法界という。事法界と理法界は、見方が違うだけで同じこの世を指している。われわれはこの世に住みながら、この事法界から理法界に見方を変えなければならない。それが悟るという意味である。事法界と理法界はお互いに妨げあわない無礙の関係にある。そのことを理事無礙法界という。現実の現象世界を空と見るわけであり、理事無礙法界は悟りの世界である。
 少し前に生まれた天台宗をはじめこれまでの仏教はすべてこの段階にとどまっているが、華厳宗は悟りの世界をさらに一段高めるという。それが事事無礙法界である。
 この世に存在するあらゆるものが空であるが故に、己れを捨てて他との対立関係が消滅する(相即)あるいは、自分のみで存在できるものはないから自分が中心ではありえない(相入)と考える。したがってすべての事物はそれぞれ独立していながらお互いの関係は融和、調和しており(それを融通無礙=重重無尽という)真実としては絶対的同一にあるという。私はあなたであり、あなたは私という世界観である。これが仏の悟りの境地から見たこの世の究極の姿と考えるのである。
2020年11月06日 22:03
うん?


6月 15日 知恵と智慧


知恵とは、物事の道理を判断し、処理していく働き。
物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。
自分のみを良しとする時、己のみを高しとする時、
小賢しさが顔をもたげ、知恵は悪知恵となり人を傷つける。
ふたつに分ける二元的なものの見方は、執着を生み、苦の原因となる。
仏教では、知恵とは書かずに、智慧と書く。
摩訶般若心経の般若とは、智慧の事。
物事をありのままに把握する真実なる眼。
本当は・・・無眼耳鼻舌身意。
眼が無く、耳が無く、鼻が無く、舌が無く、身が無く、意が無い人は誰?
私という塊はない。
ひとつの世界。分け隔てのない世界。


幼子の しだいしだいに 知恵づきて
佛に遠く なるぞ悲しき
遠くに行って行き詰まり・・・元に戻るか、ずっと遠くに行くのか
分別智が知恵  無分別智は智慧
2020年11月06日 22:06
私は、曹洞宗の僧侶です。

うわっ^^
2020年11月06日 22:08
仏教では、知恵とは書かずに、智慧と書く。

そういえば・・^^

知恵という言葉をみたことがない^^
地球人
2020年11月06日 22:13
自他不二が智慧とは書いてないし、

そもそも、仏教は無我です。
2020年11月06日 22:14
しかし・・・^^

仏教ってほんとおもしろい^^

事事無礙法界とか・・^^

夜寝れなくなるのも当然^^
2020年11月06日 22:26
五蘊仮和合・・無我やな^^
地球人
2020年11月06日 22:26
無我だから、自他不二との解釈もあるか、

故に、本来仏の智慧が働く。笑
2020年11月06日 22:30
縁 起(えんぎ)

因縁生起(いんねんしょうき) の略

一切の存在は、相互に因となり縁となって、相依り相まって存在する道理をいう

「これある故に彼あり  これ起こる故に彼起こる

 これ無き故に彼無く  これ滅する故に彼滅す」



五蘊仮和合(ごうんけわごう)

 すべての存在は五蘊(色、受、相、行、識)が仮に集まったもの。

この縁起の法を観ずることによって、存在の真実相が明らかにされ、それによって、存在に固執しているわたしたちの世界、苦、無常、無我という言葉であらわされるようなわたしたちの世界の実相が明らかにされる。

苦を如実知見することによって苦からの解放を与えるというのが仏教。

苦を如実知見するということは存在の法「縁起」を見るということ。

ふーん^^
地球人
2020年11月06日 22:44
>五蘊仮和合(ごうんけわごう)

>すべての存在は五蘊(色、受、相、行、識)が仮に集まったもの。

色即是空、五蘊皆空 というけれども、何故、生じたのか?

五蘊がなければ、本来仏の命題も生じない。笑


2020年11月07日 04:48
「自己は知りえない」

う~~ん^^

う~~~~~~~ん^^

う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん^^

愚さんも動画で言っていた^^

愚さん、ヤージュニャヴァルキヤやブッダの自己認識不可能説^^
2020年11月07日 04:53
自己の正体を参究せよ。

答え^^

「わからん^^」

とこうなる^^
2020年11月07日 04:56
わからん教の立教開宗である^^
2020年11月07日 06:31
う~~ん^^

鼎談:なぜ禅に来たか

見るの5回目^^

どないなっとんねん^^
2020年11月07日 06:54
精神原理・・純粋意識

  ↓(観照)

物資原理・・心(思考・感情)・身体



身心脱落


①身心は身体と心。脱落はもぬけること。身体と心がもぬけること。
曹洞宗の宗学では、坐禅している状態が、まさに身心脱落であるとする「坐禅時脱落」のこと。

2020年11月07日 06:57
物資原理・・心(思考・感情)・身体はわがものにあらず^^
2020年11月07日 06:59
・・ということは。。^^

心(思考・感情)と同化した状態で坐禅しても意味がないと^^
2020年11月07日 07:03
ヨガで言う「観照者」についてご紹介



まず辞書で、「観照」とは…

[名](スル)

1 主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること。

あるがままを観る。

好き嫌い、良い悪いのジャッジメントなしに、ただ、観る。

生きている中での現象(体・心・物事・感情)を経験している自分を、

ただ眺めているだけの自分が、存在すること。

今まで、「生きている中での現象(体・心・物事・感情)を経験している自分」が、

自分と思っていたのに、それらの自分を観照している自分に気づく。

なにものにも左右されることのない、本来の自分自身の存在を感じる。
2020年11月07日 07:14
毎日坐禅で心(思考・感情)から遠離すれば・・^^

すなわち・・心身脱落すれば・・^^

寂滅為楽の境地に至るのはあたりめ^^


寂滅為楽


仏教の言葉で、煩悩を脱して悟りの境地に入ってはじめて真の安楽を感じることができるということ。「諸行無常、是生滅法、生滅滅己、寂滅為楽」という涅槃経四句偈(げ)にある最後の一句。「寂滅」は、迷いの世界を脱して得ることのできる無為、静寂の境地に入ること。また、その悟りの境地。
2020年11月07日 07:20
・・ということで^^

iPhone 12 miniを予約した^^

やったぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

うん^^

なんか知らんけど心と同化している自分がいる^^

どないなってんねん^^
2020年11月07日 09:59
https://www.youtube.com/watch?v=9CNkzi0xZDo

ついでにケースと充電器もぽちった^^

わくわく^^

これこそ^^

寂滅為楽の境地や^^

【寂滅為楽】

寂滅の境地を本当の楽しみとすること。

うん?

なんか変?^^
地球人
2020年11月07日 11:55
>寂滅為楽の境地や^^
>【寂滅為楽】
>寂滅の境地を本当の楽しみとすること。

>うん?
>なんか変?^^

そら変です。

楽をしたのは、誰? 笑い
地球人
2020年11月07日 12:08
仏の境地も嘘でしょう。

キリスト教の信者や無信仰の人が坐禅をして、本来仏に気づくか?
地球人
2020年11月07日 12:17
自我自己の執着が消えて、スッキリした感覚だけです。
地球人
2020年11月07日 12:28
その心境を仏するのは、悪意無き洗脳です。笑
通行人
2020年11月07日 14:03
そうかな? 

信心? 人の本性かもしれない。^^
通行人
2020年11月07日 14:47
煩悩即菩提とは言うが、菩提即煩悩とは言わない。

菩提即煩悩は変です。^^
地球人
2020年11月07日 15:15
>煩悩即菩提とは言うが、菩提即煩悩とは言わない。

確かに、そうだが、、

菩提心、本来仏心に気づいて、なぜ、菩提、仏のままでいられないのか?
通行人
2020年11月07日 15:19
本当に、悟っていないから!^^
地球人
2020年11月07日 15:44
KB会の皆さま・・・菩提、仏に成られた方が居りましたら、

ぜひとも、申し出てください!
地球人
2020年11月07日 15:57
自我のままでしたら、 間違いなく、生死がありますよ。

それでいいのですか?
通行人
2020年11月07日 16:02
うん、死んだら成仏できるから。^^
地球人
2020年11月07日 16:08
では、何で供養してるのだよ。笑



通行人
2020年11月07日 16:16
仏になったかどうか? 確認できないからでしょ。^^;
地球人
2020年11月07日 16:20
僧侶の般若心経を信用できないのか? 笑
通行人
2020年11月07日 16:25
あっ、そうだ。

仏になった御先祖が家族を守ってくれそうよ。^^
地球人
2020年11月07日 16:28
では、何で供養と言うのだ。笑
通行人
2020年11月07日 16:32
あっ、そうだ。

死んで、直ぐに成仏できないそうよ。^^
地球人
2020年11月07日 16:42
それを無明と言うのだよ。笑

真実は、死の世界が無いのだ。
通行人
2020年11月07日 16:52
じゃあ、何処に消えたの?^^
地球人
2020年11月07日 16:56
脳死すれば、自我の意識が消えるのは当然だ。笑



地球人
2020年11月07日 18:55
昔は、死の、仏の世界があると信じていた。

キリスト教でも、天国はあっただろう。
2020年11月07日 22:06
「仏法はダイヤモンドね^^」

なるへそ~~~^^

ふむふむ^^
2020年11月07日 23:49
「自分で蒔いた種は自分で刈り取れ」

う~~ん^^

弁護士の本音でた^^,
2020年11月08日 00:27
わかった^^

 文殊師利 導師何故 眉間白毫 大光普照

 雨曼陀羅 曼殊沙華 栴檀香風 悦可衆心

 以是因縁 地皆厳浄 而此世界 六種震動

 時四部衆 咸皆歓喜 身意快然 得未曾有

 眉間光明 照于東方 万八千土 皆如金色


文殊師利 導師何故 眉間白毫 大光普照と唱えている^^

ふむふむ^^
2020年11月08日 00:31
●文殊師利 導師何故  「マンジュリシーよ、導師は何故に 

●眉間白毫 大光普照   眉間の白毫(びゃくごう)から 大光が尽く照らしたまうや

●雨曼陀羅 曼殊沙華   曼陀羅華や曼殊沙華を降らせて

●栴檀香風 悦可衆心   栴檀の香風は 衆の心を悦可し 

●以是因縁 地皆厳浄   この因縁を以って 地はみな厳浄となり

●而此世界 六種震動   しかも この世界は 六種に震動す

●時四部衆 咸皆歓喜   時に四部の衆は 咸(ことごと)く皆歓喜し 

●身意快然 得未曾有   身意は快然として 未曾有なることを得たり

●眉間光明 照于東方   眉間の光明は 照らす。東方の

●万八千土 皆如金色   一万八千の土を。 皆金色の如し 

●従阿鼻獄 上至有頂   阿鼻獄より 上有頂に至るまで

●諸世界中 六道衆生   諸の世界の中の 六道の衆生の

●生死所趣 善悪業縁   生死の趣く所と 善悪の業縁と

●受報好醜 於此悉見   受報の好醜とわ 此に於て悉く見る。

●又覩諸仏 聖主師子   又観る。諸仏 聖主師子が

●演説経典 微妙第一   経典を演説するに微妙第一なるを。

●其声清浄 出柔軟音   その声は清浄で 柔軟の音を出し

●教諸菩薩 無数億万   教えること 諸々の菩薩の無数億万を。

●梵音深妙 令人楽聞   梵音は深妙で 人をして聞かんと楽(ねが)わしめ

●各於世界 講説正法   各世界に於いて 正法を講説するに

●種種因縁 以無量喩   種々の因縁をもってし 無量の喩を以て

●照明仏法 開悟衆生   仏法を照明し 衆生を開悟せしめたもうことを。 

●若人遭苦 厭老病死   若し人苦に遭うて 老病死を厭うには

●為説涅槃 尽諸苦際   為に涅槃を説いて 諸苦の際を尽くさしめ

●若人有福 曾供養仏   若し人福あって 曾て仏を供養し 

●志求勝法 為説縁覚   勝法を志求するには 為に縁覚を説き

●若有仏子 修種種行   若し仏子有って 種々の行を修し

●求無上慧 為説浄道   無上慧を求むるには 為に浄道を説く
2020年11月08日 00:33
う~~ん^^

●各於世界 講説正法   各世界に於いて 正法を講説するに

●種種因縁 以無量喩   種々の因縁をもってし 無量の喩を以て

●照明仏法 開悟衆生   仏法を照明し 衆生を開悟せしめたもうことを

ここらへんやな・・^^

なるへそ^^
地球人
2020年11月08日 00:33
昔と言っても、少し前の時代が、人は死後の世界を信じていた。それを忘れていた。
現代科学の現在は、そんな人は僅かです。

神仏、宗教の時代は終焉したと言っていいでしょう。

悟りも死語でなかろうか?

2020年11月08日 00:34
う~ん^^

黒板に書いておる^^
2020年11月08日 00:36
うん?

寝る^^
2020年11月08日 07:38
う~~ん^^

遠藤先生^^

どないなっとんねん^^
2020年11月08日 08:48
https://note.com/youth_waster/n/n2c8de50716e1

脳はたいてい自動操縦で動いていて、その下で稼働する謎の巨大工場に意識はほとんど近づけない

" ニューロンの広大なジャングルは、独自のプログラムを実行している。意識のあるあなた───朝目覚見めたときにばっと息づく私───は、あなたの脳内で生じているもののほんの小さなかけらにすぎない。ヒトの内面は脳の機能に左右されるが、脳は独自に事を仕切っている。その営みの大部分に意識はアクセス権をもっていない。私には入る権利がないのだ。"

う~~ん^^

こっちのほうがわかりやすい^^
2020年11月08日 08:51
・・つまり^^

# 意識は傍観者(bystander)である
2020年11月08日 08:55
もっと言うと・・^^

心(思考・感情)・身体はわたしではない^^

・・とこうなる^^

私(意識)は傍観者(bystander)である ^^

う~~ん^^

私は意識なのか?^^

とこうなる^^
2020年11月08日 08:57
心(思考・感情)・身体は変化生滅してるので^^

私ではないと^^

こうなる^^
2020年11月08日 08:58
意識は変化生滅しないのか?^^

とまたまたこうなる^^
2020年11月08日 09:00
意識が変化生滅しないならこの有為の世界には存在しないことになる^^

無為の永遠不変の世界にいるのかと^^
地球人
2020年11月08日 09:36
あさん、

>意識が変化生滅しないならこの有為の世界には存在しないことになる^^

>無為の永遠不変の世界にいるのかと^^

意識とは何ですか?



地球人
2020年11月08日 11:40
あさん、

動画を見るのが面倒です。

あさんの頭脳が死滅しても、意識は発生するか? 

意識は知能の働きの一環でしょ。笑
2020年11月08日 11:46
至福の時間や^_^

至福の時間の前にトイレや^_^

これは欠かせん^_^
地球人
2020年11月08日 11:50
俗に述べる意識はゾンビです。

気づきも、笑
地球人
2020年11月08日 12:19
無意識とは意識的でない。

地球人
2020年11月08日 12:23
意識とは自覚。

無意識とは無自覚。
地球人
2020年11月08日 14:04
量子コンピューターがどうかしたのか?

計算機です。笑
地球人
2020年11月08日 14:20
人の行動は縁起で変わるから計算できない。

あさんが夕方に何をしているか?わからない。

 

地球人
2020年11月08日 15:23
あさんの行動は突発的縁起を除いて、ワンパターンであるから計算できるか?笑
地球人
2020年11月08日 16:54
だから、意識はゾンビです。

所謂、意識は無い。笑
あさん
2020年11月08日 20:30
あさん、

「おい、分かるか! 」

意識とは認知能力です。

地球人
2020年11月08日 20:41
死んだら、意識は無い。笑
2020年11月09日 04:36
意識というより^_^

変化しないもの^_^

と言った方がいいのか^_^
2020年11月09日 04:39
この有為の世界に^_^

変化生滅しないもの^_^
2020年11月09日 04:42
私(意識)は傍観者(bystander)である ^^
2020年11月09日 04:44
心体にアクセス権がないだと^_^

誰が上手いこと言えと^_^
2020年11月09日 04:46
脳はたいてい自動操縦で動いていて、その下で稼働する謎の巨大工場に意識はほとんど近づけない

" ニューロンの広大なジャングルは、独自のプログラムを実行している。意識のあるあなた───朝目覚見めたときにばっと息づく私───は、あなたの脳内で生じているもののほんの小さなかけらにすぎない。ヒトの内面は脳の機能に左右されるが、脳は独自に事を仕切っている。その営みの大部分に意識はアクセス権をもっていない。私には入る権利がないのだ。"

これやな^_^
2020年11月09日 04:48
どっからどう見ても^_^

真我やないかい^_^
2020年11月09日 07:52
私はボケーと見てるだけ^_^

うわっああるああああぁああああああぁ^_^
2020年11月09日 07:55
意識はアクセス権をもっていない

じゃぁしょうがないな^_^
2020年11月09日 07:58
心と身体つまり^_^

思考や感情にアクセス権がないので

傍観者でいるしかないと^_^

まじ?^_^
2020年11月09日 08:10
心身脱落や^_^

うーん^_^

分からん^_^
snow
2020年11月09日 09:00
あさん。こんにちは。

>心と身体つまり^_^

>思考や感情にアクセス権がないので

>傍観者でいるしかないと^_^

>まじ?^_^

気づくことができるのは、「意識」だけなんですよ。
思考・感情は、それ自体に気づくことができないんです。
もし、思考・感情に気づいているとしたら、それは「意識(気づき)」が気づいてくれたからなんです。

そして、気づこうとしなくてもいつでもほんとは気づいてくれている「意識(気づき)」が本体、主体なのだ、ということです。
(そのことに気づかなくても。)

これさえほんとに分かれば、後は自然にまかせていけばいいだけなんじゃないか、と思うぐらいです。
自然に少しずついやでも変わりますから。

あさんは、真摯に考えていらっしゃるのが伝わってくるので、この場をお借りして書かせていただきました。
snow
2020年11月09日 09:31
>>そして、気づこうとしなくてもいつでもほんとは気づいてくれている「意識(気づき)」が本体、主体なのだ、ということです。
>>(そのことに気づかなくても。)

このことの補足を書かせていただきます。誰でも納得のいくであろう内容です。

意識(気づき)を離れては何も存在しえないし、意識の外側で見たり聞いたり食べたりする経験というのは絶対に不可能だからです。
この意識(気づき)が人間にとっての本質、主体で
思考・感情というのはその本質、主体の上に、表れては消えてまた表れるストーリーのようなもの、なんです。

思考・感情ではなく、意識(気づき)が本質、主体だと理解してそれで日々いけば、苦はいつの間にか減ってるよ、ということです。
2020年11月09日 10:03
あっ^_^

snowさんご指摘ありがとうございます😊

地球人
2020年11月09日 11:12
snowさん、あさん、

自我と本来の自己の区別ができない。笑
地球人
2020年11月09日 11:37
自我には理性がないのかな。

猿と人の違いは何か?
snow
2020年11月09日 11:58
仏教やその他もろもろで理論的なことはいろいろ書かれていると思うんですが、一番は自分のところで「自分て何なのだろう」を体験的に考察してみるのがいいんじゃないかな~と。
私の場合はそれが先ほど書いたものに当たるんですけど。
おそらくですが、禅の考え方とはそう矛盾しないと思います。

先に自分のところで体験的理解すると、先代の言葉て書かれているいろんなものが、「ああ、このことを言ってるのかな。」みたいになるのだと思います。
2020年11月09日 12:29
snowさん^_^

すんばらしい^_^
2020年11月09日 12:31
それに比べてだれかさんは^_^

斜め上を見ていらっしゃる^_^
地球人
2020年11月09日 13:15
自我が所謂、仏性に気づくことが尊いのです。

snowさんやあさんでも、そんな瞬間が偶にはあるのだろう。微笑
地球人
2020年11月09日 13:33
それにしても、トランプのメンタルはすごい。

自我が無我に逃げるよりも偉大ではないか? 笑
地球人
2020年11月09日 23:43
やはり、因縁生起の世俗社会にいては悟れない。笑

地球人
2020年11月10日 12:06
トランプは唯我独尊、独我の覚者なのだろう。笑
地球人
2020年11月10日 19:23
「一切の形成されたものは無常。」諸行無常と明らか知慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。

「一切の形成されたものは苦しみである。」一切皆苦と明らかな知慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。

「一切の事物は我ならざるものである。」諸法非我と明らかな知慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

そうだけれども、心身から解脱するのは無理でしょう。笑




2020年11月10日 21:51
う~~ん^^

『雑阿含経』


このように私は聞いた。ある時、仏陀は舎衛国は祇園精舎に留まっておられた。その時、世尊は告げられた。「比丘たちよ、まさに安那般那念を修すべきである。もし比丘が安那般那念を修習して習熟すれば、身体は止息し、心が止息して、尋あって伺あり、寂滅純一にして、明分想の修習を満足するであろう。何を以て、安那般那念を修習すること久しくなれば、身体は止息し、心が止息して、尋あって伺あり、寂滅純一にして、明分想の修習を満足する、と言うのであろうか。この比丘が、もし村落や市街に住み、晨朝に袈裟をまとって鉄鉢を持ち、村に入って托鉢乞食する時、よくその身の振る舞いを正し、諸々の感覚を制して、心をゆるがせにせず、托鉢を終えて住所に帰り、袈裟と鉄鉢を片付け、足を洗い終わる。あるいは林の中、空屋、樹の下、または空き地に入って身を正して結跏趺坐して、よく気をつける。目の当たりに、世俗の貪愛を断じ、欲を離れ清浄にして、瞋恚・睡眠・掉悔・疑を断じ、諸々の疑惑を離れて、善なる法について確信を得るに至る。五蓋煩悩という、心において智慧の力を弱らせ、涅槃に趣かせない障碍となるものから離れる。入る息を念じ、(息の長いこと・息の短いことに)念を繋げて行ずる。吐く息を念じ、息の長いこと・息の短いことに念を繋げて行ずる。身体全体を覚知しつつ入息し、身体全体(を覚知する)にて入息を行ずる。身体全体を覚知しつつ出息し、身体全体(を覚知する)にて出息することを行ずる。すべての身行が静まっていることを覚知しつつ入息し、すべての身行が静まっていつつ出息することを行ずる。すべての身行が静まっていることを覚知しつつ出息し、すべての身行が静まっていつつ出息することを行ずる。喜を覚知しつつ(入出の息をする)、楽を覚知しつつ(入息の息をする)、心行を覚知(しつつ入息の息を)する。心行が静まっていることを覚知しつつ入息し、心行が静まっていることを覚知しつつ入息することを行ずる。心行が静まっていることを覚知しつつ出息し、心行の静まっていることを覚知しつつ出息することを行ずる。心を覚知しつつ(入出の息をする)、心悦を覚知しつつ(入出の息をする)、心定を覚知(しつつ入出の息をする)する。心解脱を覚知しつつ入息し、心解脱を覚知しつつ入息することを行ずる。心解脱を覚知しつつ出息し、心解脱を覚知しつつ出息することを行ずる。無常を観察しつつ(入出の息をする)、(愛欲の)断を観察しつつ(入出の息をする)、無欲を観察(しつつ入出の息を)する。滅を観察して入息し、滅を観察しつつ入息することを行ずる。滅を観察して出息し、滅を観察しつつ出息することを行ずる。これを、安那般那念を修して、身体は止息し心が止息して、尋あって伺あり、寂滅純一にして、明分想の修習を満足することという」。仏陀がこの経を説き終わられたとき、諸々の比丘は、仏陀の所説を聞いて歓喜した。
2020年11月10日 22:04
尋あって伺あり

やな^_^
地球人
2020年11月11日 00:57
坐禅、接心すると、一時的にせよ、心身から解脱して寂静に至る。
2020年11月11日 07:52
「是名修安那般那念,身止息、心止息,有覺有觀寂滅,純一明分想修習滿足。」

うーん^_^
地球人
2020年11月11日 12:10
あさん、

心止息は解るけれども、身止息とは?

2020年11月11日 17:04
うん?

わからん^_^
勘太郎 地球人さんへ
2020年11月11日 20:19
心身から解脱するのは無理でしょう。笑

言われる様に、眠っている時には心身は無いです。テレビを夢中で見ている時に心身は無いです。

 眠っている時に、奥さんの心身と地球人さんの心身の区別を着ける意識が無いのでどちらか?分かりません。 めが覚めてからこの心身はずーっと私の身体だったと思い返します、起きた時に。
復唱しますと、眠っている時は区別を着ける主体も思考もありません。
地球人
2020年11月11日 23:18
勘太郎さん

要するに、心身があることが重要です。
地球人
2020年11月11日 23:26
あさん、

ブッダが修行した止息は、正に息を止める難行だったようです。
2020年11月12日 00:15
道元ちゃんいわく^_^

心身脱落^_^
2020年11月12日 00:17
身体全体を覚知しつつ入息し、身体全体(を覚知する)にて入息を行ずる。身体全体を覚知しつつ出息し、身体全体(を覚知する)にて出息することを行ずる。すべての身行が静まっていることを覚知しつつ入息し、すべての身行が静まっていつつ出息することを行ずる。すべての身行が静まっていることを覚知しつつ出息し、すべての身行が静まっていつつ出息することを行ずる。
地球人
2020年11月12日 00:22
>道元ちゃんいわく^_^

>心身脱落^_^

心身とは何ぞや?
地球人
2020年11月12日 00:44
心身とは、あさんのことです。 笑
地球人
2020年11月12日 00:55
あさんが脱落するとどうなるの? 笑
地球人
2020年11月12日 01:00
あさんは脱落してないのだから、分からないよね。笑

愚さんに訊くべきだった。
2020年11月12日 01:00
無我か真我か?

それが問題やな^_^

知らんけど^_^
地球人
2020年11月12日 01:06
無我、真我、それが問題です。

体験しないとわからない。笑
地球人
2020年11月12日 01:12
あさんは只管打座、坐禅しないからわからない。笑

2020年11月12日 01:24
うん?

思考は後付け?

正解^_^
地球人
2020年11月12日 01:27
心身脱落の無我。それで終わりか?と言えば、そうではない。

其処から、真の自己を形成する必要があるでしょう。

でないと、世間に戻れば、また、煩悩、無明の自我に囚われます。
2020年11月12日 01:30
思考が後付けならば^_^

幻想の世界に住んでいることになるな^_^
2020年11月12日 01:32
思考すなわち自我だからな^_^

自我も当然幻想^_^
地球人
2020年11月12日 01:33
無我のままでいるのは無理です。

諸法無我なのだから。笑



地球人
2020年11月12日 01:37
>思考すなわち自我だからな^_^

>自我も当然幻想^_^

思考は、現実の体験だからリアルです。笑
地球人
2020年11月12日 01:42
だから、現実の体験が幻想であると、気づくことが大事です。
地球人
2020年11月12日 01:52
世界で生起してる事象の現実が無明なのだから、思考が煩悩、無明になるのは当然です。
地球人
2020年11月12日 02:00
世俗から出家しないと悟れないのは必然です。笑
地球人様 意識と身体のどちらが先か?
2020年11月12日 07:33
〉心身があることが重要です。

心と身は分離できないモノです。しかしながら、身だけであると仮定すると身だけが存在しても、存在する事が判りません。

賢者は身が重要だとは言わない様な気がします。大嶺顕先生も「母親の胎内を抜けて出て来ただけで、母親は重要ではないよ」と言ってたような気がします。
 「幼子の母親である自分が死ぬ時に、赤子の行く末を案ずることは母親の執着である」と言っています。「赤子の事よりも、母親自身の自分とは何者なのか?を知る事が大切だ」と。
勘太郎 この出典はどなたの作なんでしょうか?
2020年11月12日 08:41
身体全体を覚知しつつ入息し、身体全体(を覚知する)にて入息を行ずる。身体全体を覚知しつつ出息し、身体全体(を覚知する)にて出・・・・。

教えてください。有名なお経なんですか?
地球人
2020年11月12日 12:12
>地球人様 意識と身体のどちらが先か?

意識がないと身体は動きません。

生物は一体です。

宇宙に意識があると言ってる人もいますね。 神仏ですか、笑
地球人
2020年11月12日 12:27
無生物に意識はあるのか?

意識はいつ、生じたか?

地球人
2020年11月12日 12:41
>身体全体を覚知しつつ入息し、身体全体(を覚知する)にて入息を行ずる。身体全体を覚知しつつ出息し、身体全体(を覚知する)にて出・・・・。

仏典は詳しくないので、あさんに訊いてみてください。

昆虫は、心臓、肺が無いので、意識、心はないとおもいます。笑



地球人
2020年11月12日 12:51
注意しなければいけない事は・・・

所詮、神仏は信仰です。微笑
あさんへ ありがとうございました。勘太郎
2020年11月12日 13:04
雑阿含経

ニセモノと本物の区別がつきませんので、雑阿含経でしたら本物です。

鼻からというわけではなく、身体全体で呼吸する感覚なんでしょう。確かに静かに呼吸するときは、特定の場所から吸い込む感覚が無いように感じます。
地球人
2020年11月12日 13:04
>昆虫は、心臓、肺が無いので、意識、心はないとおもいます。笑

そうとも言い切れない。

視覚、聴覚、触覚に意識が生じると考えられる。

地球人
2020年11月12日 13:12
>鼻からというわけではなく、身体全体で呼吸する感覚なんでしょう。確かに静かに呼吸するときは、特定の場所から吸い込む感覚が無いように感じます。

坐禅は、全身で呼吸してるわけではなく、鼻と腹で呼吸してます。
地球人
2020年11月12日 13:15
もとい、心臓も使ってます。笑

呼吸に集中してるのは確かです。
地球人
2020年11月12日 13:19
普段は、呼吸を忘れてます。

頭脳が働いてます。笑
地球人
2020年11月12日 13:32
思考を止めたら、人間社会で生きていけません。笑
地球人
2020年11月12日 13:55
神仏、信心も自然現象です。

生死がありますから。
地球人
2020年11月12日 14:02
ところで、 KB会の方々は、何を求めるてるのですか?
地球人
2020年11月12日 14:21
自我の悟りであれば、無理です。
地球人
2020年11月12日 21:47
要するに、悟ることが出来ない事を理解するのが悟りでしょう。笑

体験上、日々、坐禅をするのが心身に良いようです。
2020年11月12日 22:34
悟ると安楽になる^^

安楽になると悟りが消える^^
2020年11月12日 22:38

安楽(あんらく)
   
「安楽」は仏教ではみ仏さまの境地、心の安らぎ、心楽しさ、心身の理想の安らかさをいいます。

安楽は容易な、ゆとりのあるという意味で、また安易なという意味で使
われることもあります。本来は精神的な苦しみや悩みが無く、心身的にも
安らかで寛(くつろ)ぐようすをいいます。

理趣教には「大安楽豊饒」とありますが、仏教で説かれる安楽は全ての
ものの、不壊の永遠の安らかさをあらわします。
安楽に感じていても将来不幸に変わっていたり、悪しき報いがあるものは安楽とはいいません。
自らも、そして常に周囲の人々や社会の幸福や安心の祈念を意味するものです。
                              真言宗 『観自在』

ふむふむ^^
地球人
2020年11月12日 23:03
>悟ると安楽になる^^

>安楽になると悟りが消える^^

あさんは、現実社会の中で生きてないから、お気楽なんです。笑

地球人
2020年11月12日 23:15
煩悩、無明の現実世界で生きてる凡夫はどうすればいいか?

煩悩、無明は自分自身にあるのではないと理解することです。
通行人
2020年11月12日 23:28
う~ん、煩悩無明の世界と一体になってる時に気づけるかな?^^
地球人
2020年11月12日 23:33
その世界の中にいる時は気づけない。

坐禅すると気づける。
地球人
2020年11月12日 23:54
あと、煩悩無明の世界の勝者は歓喜、至福です。

地球人
2020年11月13日 00:46
勝者とは何者か?

言わなくてもわかりますよね。笑
勘太郎 只管打座の解説で明快です。
2020年11月13日 09:30
私は救われていない」

「私は不完全だ」

「私はダメだ」

そんな思い込みを打ち消すために

私たちはその思いとは「別のもの」を持ってきて

(それは「成功体験」であったり、「承認欲求の充足」であったり、「愛情の獲得」であったりするのですが)

その「別のもの」を以て埋め合わせようとするのですが

いずれにしても一時しのぎの結果にしかなりません。

たとえ一時的にはその思いを消し去ることができたかのように見えることがあっても

その思い込みはしばらくすると再び疼き出すことになります。

そして何度も何度も

「私は救われていない」

「私は不完全だ」

「私はダメだ」

という思いを解消するための方法さがし、穴埋め作業が延々と繰り返されるのです。



「私は救われていない」

その思いを終わらせるのに、他の思いを持ち出す必要はありません。

「成功体験」や「承認欲求の充足」「愛情の獲得」といった経験をこなす必要もありません。

「私は救われていない」という思いは「私は救われていない」というその思い自身で終わらせることが可能です。

なぜなら

まず、”自分が救われていない”という状況があって「ああ、私は救われていない」と思っているのではなく

「私は救われていない」という思い込がまず先に在って、その後”自分は救われていない”という思い込みを補強するような状況探しを自ら行っている

というのが事の手順だからです。

例えば

同じ状況をAさんとBさんが経験したとして

Aさんは「こんなことに出くわすなんてやっぱり私は救われていない」と思い

Bさんは特に何の感慨も抱かない

ということもあるでしょう。

「自分が救われていない証しとしての状況」はAさんの思いの中にしかありません。

つまり

”「私は救われていない」という思い”



”状況”

とは

全くの無関係

ということです。

”救われていない状況”というものがあって、その結果「私は救われていない」という思いを生み出しているのではなく

状況とは全く何の関係なく、ただ「私は救われていない」という思いが思い浮かんでいるだけ

”私は救われていない”という感じを受けるのは、「私は救われていない」という思いがそこにあるそのことだけが原因です。

”私は救われていない”という感じを受けるのは、「私は救われていない」という思いがそこにあるその結果です。

状況は全く関係がありません。

私が救われていないのは「私は救われていない」と思っているからです。

「私は救われていない」と思っているから私は救われていないのです。

これは「そうであってはいけない」と言って責めているのではありません。

いつだって今ある思いがその原因であり結果です。

では、新たに「私は救われている」と思い込めばいいのか?

新たな思い込みで旧い思い込みを上書きすればいいのか?

そうでもありません。

繰り返しになりますが

思いを終わらせるのに、他の思いを持ち出す必要はありません。

状況とは全く無関係に

状況と全く関わることなく

「私は救われていない」

という思いがただそこに生じているだけ。

状況と全く無関係であるならば

それを否定することも、肯定することもできません。

無関係であるが故に照らし合わせる基準が何処にも無いからです。

否定もなく、また肯定もしない時

正しいとも、正しくないともいうものが何処にも無い時

その思いは「思いの主(あるじ)」を失います

いや、もともと主が居なかったことに気付きます。

思いの主とは「是非を問う者」であり「基準を求める者」です。

思いは常に状況とは無関係であり、無関係であるが故に是非や基準を寄せ付けず「思いの主」とも無関係です。

つまり

「救われていない」のは”私”ではなく

「救われていないという思い」が”私”だったということです。

「救われていない」という思いが私である以上、私はそれ以外のものになる必要がありません。

「救われていない」という思いが私であるが故に

私は「救われている」振りをする必要が全くなくなるのです。

私は「救われる」可能性を追い求める必要が全くなくなるのです。

私は最初から「救われていない」という思いで充たされ、そして完成されていたのです。

完成されたものは運動を終え

運動を終えたものは終焉を迎えます。

「私は救われていない」という思いは「私は救われていない」という思いで充たされ完成しそして終わっていきます。

思いは常にそれ自身で充たされ完成し、そして終わっていくのです。

17:03 | ありのままに | edit | page top↑
地球人
2020年11月13日 13:44
>つまり
>「救われていない」のは”私”ではなく
>「救われていないという思い」が”私”だったということです。
>「救われていない」という思いが私である以上、私はそれ以外のものになる必要がありません。
>「救われていない」という思いが私であるが故に
>私は「救われている」振りをする必要が全くなくなるのです。
>私は「救われる」可能性を追い求める必要が全くなくなるのです。
>私は最初から「救われていない」という思いで充たされ、そして完成されていたのです。
>完成されたものは運動を終え
>運動を終えたものは終焉を迎えます。
>「私は救われていない」という思いは「私は救われていない」という思いで充たされ完成しそして終わっていきます。

勘太郎さん、
クリシュナムルティ&ボームの「時間の終焉」ですかね。


しかし、理想がある限り、救われてない思いは残るのでは?



地球人
2020年11月13日 14:35
それは、「救われてない思い」=「私」だからです。

「救われてない思い」は「私」ではない。その「私」とは何ですか?



地球人
2020年11月13日 14:51
あさん、

検索を依頼します。笑
地球人
2020年11月13日 15:05
「私」とは「理想」、言葉を変えれば、「欲望」だと考えます。笑
地球人
2020年11月13日 15:08
腹減ったな。 旨いもの、食いたい。

でも、金が無いし、諦めよう。笑
通行人
2020年11月13日 15:14
>でも、金が無いし、諦めよう。笑

その「私」は理性でしょ。^^
地球人
2020年11月13日 15:37
そうだね、、 私に理性があると思えない。笑
地球人
2020年11月13日 16:05
そんな事を言ったら、 食欲は更に、「私」ではない。

「私」がお腹が空いてるわけではない。笑
地球人
2020年11月13日 16:12
>「一切の形成されたものは無常。」諸行無常と明らか知慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。

>「一切の形成されたものは苦しみである。」一切皆苦と明らかな知慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。

>「一切の事物は我ならざるものである。」諸法非我と明らかな知慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

>そうだけれども、心身から解脱するのは無理でしょう。笑


誰だ? これを書いたのは? 笑
2020年11月13日 18:11
うん?

わたしは後付け^^
地球人
2020年11月13日 18:39
仏陀は後付け! 地球人も後付け。笑い
地球人
2020年11月13日 18:42
ブッダは後付け! わたし、地球人も後付け! 笑
地球人
2020年11月13日 18:49
 ブッダは後付け! わたし、地球人も後付け!

 ついでに、仏陀も後付け、釈迦如来も後付け! 笑
地球人
2020年11月13日 19:33
ブッダも、仏陀も、釈迦如来も、・・・・地球人も後付け! 笑
地球人
2020年11月13日 19:35
表示されないので、何度もやり直ししたら、いっぺんに表示された。笑ひ
地球人
2020年11月13日 19:44
日々更新してるのは、何者か? 笑
通行人
2020年11月13日 19:52
小乗から大乗へ、仏教真理も因果思考では?^^
地球人
2020年11月13日 20:13
現代思想家によると、AIが世界を支配するそうだ。
通行人
2020年11月13日 20:41
AIは未来を予測できるのか?

過去のデータで判断するのでは、因果予測だろう。^^
地球人
2020年11月13日 20:58
宇宙に出れば、未知との遭遇があるかもしれない。笑
地球人
2020年11月13日 22:48
宗教思想の最近事情はどうよ?

神仏は死語だったりして、笑
地球人
2020年11月13日 23:09
日本の仏教は、大方、先祖供養でしょう。笑

コロナウィルス感染下で、遠隔地の子孫は代行供養を利用したようです。
地球人
2020年11月14日 10:39
此処の方々は、宇宙の真理、摂理、自己の本質について、真剣に考えているのが好ましい。
通行人
2020年11月14日 10:50
現世で存在してる人間は宇宙の真理、摂理、自己の本質なんて直接、関係ないでしょ。これから年末に向けて何かと忙しくて、そんなことは露ほども頭にないわ。^^
地球人
2020年11月14日 10:59
おい、通行人、、555、Getした! おめでとう! 

来年は幸があるかもしれんぞ!笑
通行人
2020年11月14日 11:08
お宅は世俗に興味をなくしてる。

ようするに、人生が終わってる。 よくいえば、出家か?^^
地球人
2020年11月14日 11:15
いや、そんなことはない。

まだ先だとはおもうが、生死の一大事が待っている。 最大の難事です。笑
通行人
2020年11月14日 11:21
ぷっ、 死ぬ時節には死ぬがよく候!^^
地球人
2020年11月14日 11:29
そんな言葉は、悟った人の言葉だよ。

自我、生死の人には言えない。笑
地球人
2020年11月14日 11:41
自我において、生死を解消することが悟りなのは間違いない。
2020年11月14日 11:45
心観察してるものがおる^_^

2020年11月14日 11:47
心を観察してるものがおる^_^

ほんまもんの私や^_^
地球人
2020年11月14日 11:51
今度は、温泉サウナ風呂の自我の御仁が来た。微笑
地球人
2020年11月14日 11:56
わたしにしても、とりあえず健康だから、暢気なことを言ってるのだろう。笑
地球人
2020年11月14日 12:13
生死に係わる大きな嵐が来たら、我を忘れて、必死に逃げるだろう。

悟りなんて、全く頭にないことは断言できる。笑
地球人
2020年11月14日 12:19
つまり、嵐に遭う時節は無我です。
通行人
2020年11月14日 12:50
自我を見ないのが悟りだね。^^
地球人
2020年11月14日 13:08
自我が自我を見ると鬱病なるよ。
通行人
2020年11月14日 13:22
自惚れが強い私や、あさんは心配ないわ。^^
地球人
2020年11月14日 13:28
なるほど、、では、躁病に注意!笑
地球人
2020年11月14日 13:46
「観察者は観察される」は、誰の言葉だったか? クリシュナムルティだったかな。

観察者は、観察する人ではないのか?



通行人
2020年11月14日 14:48
観察される人は被観察者だから矛盾するわ。^^
通行人
2020年11月14日 14:52
>なんか寿司が流れておる^_^

観察する人は鮪なの?^^
地球人
2020年11月14日 15:06
>観察者は観察される

あさん(観察者)は鮪を食べたい事を観察された。笑 
地球人
2020年11月14日 15:12
あさん、

観察者が消えては成立しない。笑
地球人
2020年11月14日 15:17
観察者=観察される人を証明しなければならない。
地球人
2020年11月14日 15:19
もとい、

観察者=観察される物を証明しなければならない。
地球人
2020年11月14日 15:25
観察者は観察される

あさん=鮪を証明するには?

通行人
2020年11月14日 15:34
>あさん=鮪を証明するには?

鮪の名づけ親は人間(あさん)である。^^
地球人
2020年11月14日 15:48
>>あさん=鮪を証明するには?

>鮪の名づけ親は人間(あさん)である。^^

クリシュナムルティさん、

この回答は、どうなのでしょうか? 故人だったか、 笑
地球人
2020年11月14日 16:23
観察者(あさん)=観察される対象(まぐろ)

観察者なき観察?

観察者は存在しますが、観察される対象と葛藤しません。笑
通行人
2020年11月14日 16:31
葛藤しないのは、鮪を見たままだからでしょ。

鮮度の悪そうな鮪だったら、葛藤します。^^
地球人
2020年11月14日 16:50
鮮度の悪そうな鮪だったら、注文しないでスルーすれば葛藤はない。笑
地球人
2020年11月14日 16:56
観察者なき観察とは、あるがままで見て自我で見るな、てことです。
地球人
2020年11月14日 17:56
空っぽ!
2020年11月14日 18:51
今日、知り合いのヴァイオリニストに私の曲をめちゃくちゃ酷評されたのだが、怒りがわかなかった。

それどころか、客観的にその意見を一考してみようという意欲さえわいた。


明らかに前の私ではない。
2020年11月14日 19:09
うん?

うわぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
2020年11月14日 19:24
明らかに前の私ではない。

ということは^^

かわらない私(観察者)がいるということか^^
2020年11月14日 19:27
つまり・・^^

私(観察者)

  ↓(観察)

心(思考・感情)

・・とこういうことやな・・^^
2020年11月14日 19:31
実をいうと・・^^

今朝からこれ↓やってた^^

私(観察者)

  ↓(観察)

心(思考・感情)



2020年11月14日 11:47
心を観察してるものがおる^_^

ほんまもんの私や^_^
2020年11月14日 19:34
私(観察者)は働きもなにもない^^

ただ見てる(観察)だけ^^

ヨガ哲学は正しかった^^

知らんけど^^
地球人
2020年11月14日 19:46
大平さん、

>今日、知り合いのヴァイオリニストに私の曲をめちゃくちゃ酷評されたのだが、怒りがわかなかった。
>それどころか、客観的にその意見を一考してみようという意欲さえわいた。

>明らかに前の私ではない。

それはよかったですね。 

大平さんの音楽は良い悪いではなくて、他者が共感できない世界だったのです。

地球人
2020年11月14日 19:51
あさん、

>私(観察者)は働きもなにもない^^
>ただ見てる(観察)だけ^^
>ヨガ哲学は正しかった^^
>知らんけど^^

それは、坐禅です。笑
2020年11月14日 21:21
私(観察者)は働きもなにもない^^

観察者も観察されるとはこれいかに^^
2020年11月14日 21:50
肉体は快感を知り、マインドは幸福を知り、ハートは喜びを知り、 「第4のもの」 は至福を知る。至福がサニヤス――探求者たること――の目的であり、〈気づき〉 がそこへ至る道だ。
 注意深く、見守ることを忘れない。見守って……見守って……見守っていることが大切なのだ。しだいに、「見守る者」がより固定し、定着し、不動になり、そして変容が起こる。見守っていたものごとが消え失せる。
 そのときはじめて、「見守る者」自身が見られるものとなる、観察者自身が観察されるものとなる。あなたは、我が家に辿り着いたのだ。

うん?

まじ?
2020年11月14日 21:52
「第4のもの」 は至福を知る。至福がサニヤス――探求者たること――の目的であり、〈気づき〉 がそこへ至る道だ。

うん?

でへ^^
2020年11月14日 21:55
注意深く、見守ることを忘れない。見守って……見守って……見守っていることが大切なのだ。しだいに、「見守る者」がより固定し、定着し、不動になり、そして変容が起こる。見守っていたものごとが消え失せる。

今朝から見守っていましたけど・・^^

なにか?・・・^^
地球人
2020年11月14日 22:32
あさん

>私(観察者)は働きもなにもない^^

>観察者も観察されるとはこれいかに^^

わたしの坐禅観は、煩悩、我執に気づいて、我が消滅する現象が起きて、眼が覚める。正気に戻る。






snow
2020年11月15日 08:15
あさん。

>心を観察してるものがおる^_^

>ほんまもんの私や^_^

出会ったんですね。^^

ただ観ているだけのそれ、それが本質・本体ということです。
もともと、それであったということですね。

それと出会い、そこから離れないようにしていると定着して(このあたりは努力が必要ですが)嫌でもいつも気づいているようになりますよ。

そしてそのうち。今、あさんが「観察している者」と言ってるものの存在感がなくなっても自然に気づいている、という感じになると思います。

そうしているうち、世界の見え方も以前とは違って見えてくると思います。
その内容については、あさんが自ら感じるにまかせて今は書きません。

 (スクロールがたいへんにつき、レスはできないと思います。)
地球人
2020年11月15日 09:13
>>心を観察してるものがおる^_^

>>ほんまもんの私や^_^

>出会ったんですね。^^

ほんもの私を疑え! 笑

地球人
2020年11月15日 10:40
はっきり言って、二人とも、うさん臭い!微笑
地球人
2020年11月15日 10:49
本物のわたしに出逢って自我が救われたなら、あなたにとって本物でしょう。
地球人
2020年11月15日 10:55
本物か偽物の違いは、今後の自我自己の変化を観れば判明できます。笑
地球人
2020年11月15日 12:02
「このままでよかったんだ!」

は、疑ったほうが賢明です。笑

地球人
2020年11月16日 22:17
真我は皆、同一なんだろうね。

救済方法は、ヨガ・坐禅とは限らない。

地球人
2020年11月16日 23:36
愚かさんはとどのつまり、KB会の動画で何をしてるのだろうか? 微笑
地球人
2020年11月16日 23:55
言葉を伝える。 解り合う。 誰が?
勘太郎
2020年11月18日 13:48
閉塞感に満ちている感じがする。
住宅街の道路でさえも、人と車の動きが少なく、静かな様に思います。正月も静かな感じがします、これに似た雰囲気。騒がしくしていないと落ち着かない生活に馴れてまい、静かさに違和感がある。一緒の部屋に住む猫と犬も丸まって寝ている。そうでありながらも、静かに時計の音を聞いて居るのも良い気分です。
地球人
2020年11月18日 16:36
勘太郎さん、

それは外出を控える、コロナウィルスの影響ではないですか?
勘太郎
2020年11月18日 17:47
はい、そう思います。

皆さんはどうお過ごしでしょう。今年の春に学校が1月半休みになった時に、子供達が欲求不満になったと聞きました。こんなに脅かされ続けると気持ちが萎えます。咳がコホンと出れば。自分はコロナかしら?コロナに罹ったらどうしよう・・・これは束縛の極みです。極みと言ったら大げさですけれども。

 ここは、ぐっと堪えて、嫌な気分のままで居て、その嫌な気分から逃げ出そうとする自分を睨みつけて、嫌な気分に居続ける練習の絶好の機会と致しましょう。いやな気分を見続けるのであって自分を見続けるとはちがうのか?自分も気分も同じモノでしょうから、どっちでもいいやあ~。
地球人
2020年11月18日 18:54
ありのままに見る。

西洋哲学では純粋理性と言います。
地球人
2020年11月21日 11:37
1日、ヨーガ瞑想してるだけでいいのか?

文明は進化しない。
喝欲、煩悩があればこその文明です。笑
地球人
2020年11月21日 14:17
しかし、これで満ち足りていたのでは、文明の進化はない。笑
地球人
2020年11月21日 14:54
豊穣に向かう文明の過程で禅は衰退した。

道理でしょう。