KB会ライブ(9月15日(金)19時)、老いること、老いる醜さへの心構え

みなさま

お世話になります。

KB会ライブ(9月15日(金)19時)、老いること、老いる醜さへの心構え

9月15日(火)、19時より、ライブやります。

https://youtu.be/1GA4RAsvfxc

よろしければ、ご参加ください。

以下のご質問をいただきました・・・・みなさんのご意見を、期待します。

1、自分の老いること、老いることで醜い姿になっていく、これらをどう受け入れればいいのか

2、老いること、病むことに対する最善な心構えはあるのか

3、加齢によって、自分の姿が変貌している、どう認識していったらいいか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご参考までに・・・・・・・・

仙厓和尚の 「老人六歌仙」
引用

1.しわがよる、ほくろができる、腰まがる、頭ははげる、ひげ白くなる。
《 顔に皺がより、肌にほくろができて、腰が曲がり、頭髪は薄くなり、髭が白くなる 》

2.手は振れる、足はよろつく、歯は抜ける、耳は聞こえず、目はうとくなる。 
《 手が震え、脚がよろめき、歯は抜けて、耳が遠くなり、視力が低下する 》

3.身に添うは、頭巾、襟巻、杖、眼鏡、たんぽ、温石(おんじゃく)、しびん、孫の手。
《 身に付けるのは、頭巾や襟巻、杖、老眼鏡、湯たんぽ、かいろ、尿瓶、孫の手 》

4.聞きたがる、死にとむながる、寂しがる、心はまがる、欲ふかくなる。
《 人が話していると間に入って聞きたがり、死を恐れ、寂しがり、心がひねくれ、強欲になる 》

5.くどくなる、気短になる、ぐちになる、出しゃばりたがる、世話やきたがる。 
《 くどくどと、気短になり、愚痴が多くなり、出しゃばりで、人の世話を焼きたがる 》

6.またしても、同じはなしに子を誉める、達者自慢に人は嫌がる。
《 いつも子供の自慢と自分の健康自慢の同じ話を繰り返すので、人に嫌がられる 》

----------------------------------------------------・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから、まだ、早朝ZOOM坐禅会は、やっておりますので‥‥毎日6時から7時・・・出入り自由、みなさまのご参加を期待します。初めてでもOKです。

Zoomミーティングに参加する
https://zoom.us/j/96466595688

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

勘太郎
2020年09月13日 17:40
老人6歌仙、私の事です。自分で戒めても、出てしまいます。
※ 15日は火曜日です。
通行人
2020年09月13日 17:59
理想像!^^
2020年09月13日 18:06


>勘太郎さん
>
>老人6歌仙、私の事です。自分で戒めても、出てしまいます。
>※ 15日は火曜日です

訂正
15日(金)⇒15日(火)
地球人
2020年09月13日 18:07
愚さんを想像したのだが違ったかな。笑
地球人
2020年09月13日 18:33
画像とは違うとおもう。^^
宮啓
2020年09月13日 18:39
楽しみにしています。。
2020年09月13日 19:12
「楽に生きる」
https://www.youtube.com/watch?v=pesg5bR6HUI

法に従う^^

法に帰依する^^

生きてよろし^^

老いてよろし^^

病気になってよろし^^

死んでよろし^^

2020年09月13日 19:37
楽な生き方は・・^^

法に任せるだと・・^^


ふむふむ^^

寝る^^
2020年09月13日 19:57


>あさん
>
>「楽に生きる」
>https://www.youtube.com/watch?v=pesg5bR6HUI
>
>法に従う^^
>
>法に帰依する^^
>
>生きてよろし^^
>
>老いてよろし^^
>
>病気になってよろし^^
>
>死んでよろし^^
>
>
これ、観ましたけど、禅と一緒ですね
地球人
2020年09月13日 22:20
殺人は赦せない。

人間の社会は自然現象ではありません。
通行人
2020年09月13日 22:43
人を殺す行為を知ってしまった。
2020年09月14日 06:03
禅と一緒ですか^_^

わからなかった^_^

精進しますです^_^
地球人
2020年09月14日 10:06
いつの時代の話ですか?

病に罹ったら、病院で診察するでしょう。

健康で居たいから、定期検診も受けるでしょう。笑

ゆきちゃん
2020年09月14日 12:22
渡辺さんの動画 一回りして また最初から 見始めてます。
というわけで 10年前の渡辺さんとまた ご対面してるわけなんですけど
話し方とか 声の張りとか 動き方とか 今も全く変わってないので びっくりしてます。
今回のライブで 渡辺さんのその輝きの秘訣も教えてほしいです!
やはり「自分のことは勘定に入れず 」という精神ゆえなのかな。←これはよく渡辺さんが 動画で力説してることですよね!
15日のライブも 今からわくわくしてます。

話変わるんですが、宇宙や物質や私たちを 作った 源(無)は
なんのために そうしたのだと渡辺さんは考えますか?
渡辺さんの動画では 「自分(源とか無)を知るため」
というようなこと ぽろっと仰られていたような気もするんですが。。
前にお勧めした、ジュンコセレンディさんの 『宇宙の出現のしくみ』にも
無限のエネルギーを生み出せる無が 有を生み出すことによって
自分のことを知ろうとしている。つまり あらゆる有の存在が 無の化身。
ということを 解き明かしていました。
ここら辺のことも深く切り込んで渡辺さんが 説明してくれたら嬉しいんだけど。。。
渡辺さんのがいちばん解り易くて自分に合ってるので➖




地球人
2020年09月14日 15:18
>やはり「自分のことは勘定に入れず 」という精神ゆえなのかな。←これはよく渡辺さんが 動画で力説してることですよね!

なるほど、、、腹の立つこともないから、枕叩きも無用ですね。
2020年09月14日 18:17


>ゆきちゃんさん
>
>渡辺さんの動画 一回りして また最初から 見始めてます。
>というわけで 10年前の渡辺さんとまた ご対面してるわけなんですけど
>話し方とか 声の張りとか 動き方とか 今も全く変わってないので びっくりしてます。
>今回のライブで 渡辺さんのその輝きの秘訣も教えてほしいです!
>やはり「自分のことは勘定に入れず 」という精神ゆえなのかな。←これはよく渡辺さんが 動画で力説してることですよね!
>15日のライブも 今からわくわくしてます。
>
>話変わるんですが、宇宙や物質や私たちを 作った 源(無)は
>なんのために そうしたのだと渡辺さんは考えますか?
>渡辺さんの動画では 「自分(源とか無)を知るため」
>というようなこと ぽろっと仰られていたような気もするんですが。。
>前にお勧めした、ジュンコセレンディさんの 『宇宙の出現のしくみ』にも
>無限のエネルギーを生み出せる無が 有を生み出すことによって
>自分のことを知ろうとしている。つまり あらゆる有の存在が 無の化身。
>ということを 解き明かしていました。
>ここら辺のことも深く切り込んで渡辺さんが 説明してくれたら嬉しいんだけど。。。
>渡辺さんのがいちばん解り易くて自分に合ってるので➖
>


自分のことを勘定にいれず、ということは、非常に難しく実行できていません。つい、自分のことを優先して考えてしまいます。
ですから、むしろ、このキャッチフレーズによって、自分がどれだけエゴイスティックが映し出されるという感じですかね・・・・・

わたしは、宇宙は自らを展開して、自らを知ろうとしていると感じています。ただ、これはただの仮説で、実証不可能だと思います。

また、いまの宇宙論では・・・いくつもあるようなので、そのうちのひとつですが・・・・宇宙はただ広大で、なにもないみたいな、寂しい世界になりそうなのですが・・・・・

老いについては、どういう展開になるか・・・・・みなさんとすすめていきたいと思っています
2020年09月15日 04:41
無為自然 ありのまま^_^
2020年09月15日 06:39
永平寺の雲水いわく^_^

ありのままが仏教というのか^_^

ありのままに固執してはならず^_^

うーん^_^

だが断る^_^
みゅう
2020年09月15日 07:00
「これが人生か。しからばもう一度」 ニーチェ

こだわりもここまでやれば美しいと思います。
地球人
2020年09月15日 10:43
永遠回帰、永劫回帰は来世のことです。

自我の生死は一度切りですから、来世は初心です。
地球人
2020年09月15日 11:20
しかし、人間は同じ人生を繰り返します。
地球人
2020年09月15日 12:56
「自己のことを勘定にいれない」は悟りでしょうが・・・

世の中に、そんな人は居るだろうか?と、素朴な疑問が生じます。
2020年09月15日 21:08
今度、東京行って会う約束した女の子に、障害打ち明けたせいか、音信不通になってしまった。がっかり。
地球人
2020年09月15日 21:37
大平さん、それは残念でしたね。

しかし、考えようによっては早く分かってよかったのでは?
地球人
2020年09月15日 21:40
歳を取って嫌だなと思うのは病気になった時でしょう。
地球人
2020年09月15日 21:54
容姿で歳を取るのが嫌だ、と思うのは最初だけで、時間が経てば自然に受け入れるのでは?
地球人
2020年09月15日 22:15
歳を取ったな、と認めればいいだけでしょ。

何にしてもそうでしょう。
地球人
2020年09月15日 22:30
永遠の命は難しいけれども、他者の自我意識と自己の自我意識は同じと気づくことです。
通行人
2020年09月15日 22:52
此処は何処? 場所の相違に気づくことです。^^
地球人
2020年09月15日 23:14
無我!
地球人
2020年09月16日 00:42
場所の相違は知能の理解であって、体験ではない。
地球人
2020年09月16日 01:33
「歳を取りたくない!」は抵抗することではないのか?

地球人
2020年09月16日 01:37
「あの野郎!殺してやる!」と成りきったら、本当に怒りがこみ上げてくるのではないか?
地球人
2020年09月16日 01:49
フラッシュバックの心理現象があります。

フラッシュバック (flashback) とは、強いトラウマ体験(心的外傷)を受けた場合に、後になってその記憶が、突然かつ非常に鮮明に思い出されたり、同様に夢に見たりする現象。
2020年09月16日 07:51
 「この世において、どんな人にもなしとげられないことが五つある。一つは、老いゆく身でありながら、老いないということ…」
 「世のつねの人びとは、この避けがたいことにつき当たり、いたずらに苦しみ悩むのであるが、
 仏の教えを受けた人は、避け難いことを避け難いと知るから、このような愚かな悩みを抱くことはない。」
2020年09月16日 08:04
釈尊はどんな態度を教えておられるのでしょうか。経典(パーリ、増支部)には次のように示されています。

 「この世において、どんな人にもなしとげられないことが五つある。一つは、老いゆく身でありながら、老いないということ…」
 「世のつねの人びとは、この避けがたいことにつき当たり、いたずらに苦しみ悩むのであるが、
 仏の教えを受けた人は、避け難いことを避け難いと知るから、このような愚かな悩みを抱くことはない。」

経典を読んで正論と見抜く愚さん^_^

さすがや^_^
2020年09月16日 08:29
うん^_^

ゴマすった感がする^_^
2020年09月16日 10:07
うん?^_^

ブッタちゃんが^_^

「仏の教えを受けた人は•••」

なんて言うかな^_^

怪しいぞ^_^
2020年09月16日 10:09
たぶん日本語訳がおかしいんだろうな^_^
地球人
2020年09月16日 12:39
口述筆記のブッダ原始仏典は限られています。

アッタカヴァッガ、スッタニパーダ、ダンマパダ、他に何だっか?

後の経典は、弟子達の脚色です。
2020年09月16日 16:59
ブッタちゃんは哲学者^_^
2020年09月16日 17:00
ちなみにおいらはサウナー^_^

今日もさっぱりっと^_^
ゆきちゃん
2020年09月16日 17:23
今回もよかったです。
渡辺さんの輝きの秘密が少し見えた気もする
やはり 渡辺さんは 対立するものが 普通の人より少ないんだと思います。
心の風通しが良いとゆうか。ー私もそう在りたい。ー
だから ずっと毎日 渡辺さんのyoutubeを見ていきたいなあと改めて思いました。
んですが このチャンネルはずっと残しておいていただけるのでしょうか?
私の 心の温泉♨️として 末永く見続けていきたいので☺︎☺︎
2020年09月16日 17:51
うん?

だれかさんの鼻の下がのびてる感がする^^
2020年09月16日 18:00

ブッダのおしえ9(壁・法句経・さとり)

五つの壁

 ☆この世において、どんな人にもなしとげらねないことが五つある
 *一つ、老いゆく身でありながら、老いないということ
 *二つ、病む身でありながら、病まないということ
 *三つ、死すべき身でありながら、死なないということ
 *四つ、減ぶべきものでありながら、減びないということ
 *五つ、尽きるべきものでありながら、尽きないということ

世の常の人びと
 ☆避け難いことにつき当たり、いたずらに苦しみ悩む
 ☆仏の教えを受けた人は、避け難いことを避け難いと知る
 *このような愚かな悩みをいだくことはない
『パーリ増支部』
2020年09月16日 18:18
人生は苦なりとお釈迦様は説いておられます。経典には
この世において、どんな人にもなしとげられないことが
五つある。


一つには、老いゆく身でありながら、老いないということ
二つには、病む身でありながら、病まないということ
三つには、死すべき身でありながら、死なないということ
四つには、滅ぶべきものでありながら、滅びないということ
五つには、尽きるべきものでありながら、尽きないということ
である。


老病死滅尽は、人間が避けることのできない永遠の真理で
あることが説かれている。避けることができない、避けがたい
ことを避けがたいと受け止めることができた時、ここに、苦を
避けることを求めるのではなく、苦を担いながらそれを越えて
いく道が開かれてくる。
2020年09月16日 18:35


>ゆきちゃんさん
>
>今回もよかったです。
>渡辺さんの輝きの秘密が少し見えた気もする
>やはり 渡辺さんは 対立するものが 普通の人より少ないんだと思います。
>心の風通しが良いとゆうか。ー私もそう在りたい。ー
>だから ずっと毎日 渡辺さんのyoutubeを見ていきたいなあと改めて思いました。
>んですが このチャンネルはずっと残しておいていただけるのでしょうか?
>私の 心の温泉♨️として 末永く見続けていきたいので☺︎☺︎
>

喜んでくれたり、面白がってくれたりする方がいてくれれば、非常にうれしいです。

このチャネルは、わたしが死んだ後も残るんじゃないかと期待しているんですが・・・・
2020年09月16日 18:36


>あさん
>
>釈尊はどんな態度を教えておられるのでしょうか。経典(パーリ、増支部)には次のように示されています。
>
> 「この世において、どんな人にもなしとげられないことが五つある。一つは、老いゆく身でありながら、老いないということ…」
> 「世のつねの人びとは、この避けがたいことにつき当たり、いたずらに苦しみ悩むのであるが、
> 仏の教えを受けた人は、避け難いことを避け難いと知るから、このような愚かな悩みを抱くことはない。」
>
>経典を読んで正論と見抜く愚さん^_^
>
>さすがや^_^

正論ではあるけれど、実践するのは極めて難しい・・・そこで、どうするか?というのが問いになるわけです
2020年09月16日 18:38


>地球人さん
>
>「歳を取りたくない!」は抵抗することではないのか?
>
>
事実に抵抗することです。そして、事実に抵抗してしまうというのもまた事実です。ですから、ここから始めます
2020年09月16日 18:40


>地球人さん
>
>「あの野郎!殺してやる!」と成りきったら、本当に怒りがこみ上げてくるのではないか?

そういう場合もあるかもしれませんね
2020年09月16日 18:41
どうするか?

なにもしない^^

無為自然^^

即答です^^
2020年09月16日 18:46
永平寺の寺主さんは・・^^

どうするか?

「只管打坐 」

100%確実に即答で答えると思われます^^
2020年09月16日 18:54


>あさん
>
>永平寺の寺主さんは・・^^
>
>どうするか?
>
>「只管打坐 」
>
>100%確実に即答で答えると思われます^^
>
永平寺なんかどうでもいいです。
あなたはどうなんですか?
2020年09月16日 20:18
老病死滅尽・・^^

瞑想しながら死に至るのが理想ですね^^

究極の悟りは無為自然^^

これだけは譲れない^^
2020年09月16日 20:27
https://ameblo.jp/lifeshift/entry-12611191067.html

うん^^?

うわぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
2020年09月16日 20:36


>あさん
>
>老病死滅尽・・^^
>
>瞑想しながら死に至るのが理想ですね^^
>
>究極の悟りは無為自然^^
>
>これだけは譲れない^^

なるほど・・・・
ところで、無為自然を実行するのは、無為自然でしょうか?
2020年09月16日 20:39
宇宙におまかせ^^

朝早いので寝ます^^

おやすみなさいです^^
地球人
2020年09月16日 23:18
老いの恐怖は自我の死ですが・・・

自我に実体があると思ってるからです。
ところが自我に実体はない。自我が在るとするのは錯覚です。

テーブルの上にリンゴがある。
しかし、見てる私はいない。

愚さんも言ってますね。



通行人
2020年09月17日 09:17
>テーブルの上にリンゴがある。
しかし、見てる私はいない。

これ、無理だわ。

リンゴを認識した時に、自我、自己意識があるもの。^^

地球人
2020年09月17日 09:35
>リンゴを認識した時に、自我、自己意識があるもの。^^

それはそうだ。 リンゴ=自我だから、笑
通行人
2020年09月17日 09:45
>それはそうだ。 リンゴ=自我だから、笑

なるほど、、それが見てる私はいない。てことだね。^^
地球人
2020年09月17日 09:58
>なるほど、、それが見てる私はいない。てことだね。^^

言い方を替えると、自我というか自己を観ていることになる。
通行人
2020年09月17日 10:03
>言い方を替えると、自我というか自己を観ていることになる。

物を確認した時、自我、自己意識が働いてるってことです。^^
地球人
2020年09月17日 10:08
>物を確認した時、自我、自己意識が働いてるってことです。^^

あっ、参ったな。苦笑
地球人
2020年09月17日 10:24
見てる私がいない、とはどういうこと?

愚さんに訊いてみよう。苦笑
地球人
2020年09月17日 10:39
例えば、映画とか、スポーツとか夢中で見てる時は自我自己を忘れてることかな?
通行人
2020年09月17日 10:44
残念でした!^^

後で、あの場面を覚えてる?と聞けば、覚えてるでしょう。
通行人
2020年09月17日 10:50
印象に残ってる場面は鮮明に、印象に残ってない場面はぼんやりと、自我が働いてる証左です。
地球人
2020年09月17日 10:54
完敗だな。
地球人
2020年09月17日 14:56
即今は嘘だな。 宇宙の現象は全て因果である。
地球人
2020年09月17日 21:26
音楽も自然の音から因果に依って誕生しました。
地球人
2020年09月18日 08:36
地球に誕生した多種多様な生物は因果なのだろうか?

疑問はあります。 叡智の創造を否定できない。

人間の絵画は自然の模倣に過ぎないが・・・
通行人
2020年09月18日 09:14
地球に最初に誕生したのは、宇宙が誕生してからの因果の運動の蓄積に因って誕生したのだから、生態系の環境も含めて単細胞の原始生物ではないのだ。^^
地球人
2020年09月18日 09:29
坐禅の無我は只の無我ではない。「そのまま、素のままの自己でよかった。私は何をじたばたしていたのだろう。」と気づかせたのは、基底に叡智にあったからである。

勘太郎
2020年09月18日 09:40
引き込もりと独参

独参は好きではありません。https://zoom.us/j/96466595688
朝の坐禅で愚さんとおはようございます」とあいさつをします。これ、独参に近い感じがします。
引き籠りって、魚が敵から身を避ける為に小さな穴に入って身を隠し、外を伺っている、イメージです。私も小魚同様に、身(自我)を隠し、法なる環境に美味しいものは無いか?と生きています。独参はこの穴から私を引き出します。安全もくそもあるか!隠れていたら一生、大海を、知らずに終わってしまうぞ!
 小魚である私を認めたくない自分がいます。解っているのですけれども、小魚であることを確定したくない私です。それで独参が好きでないと思っています。穴の中では私が世界一です。この小心な私をじーっと見つめるのは気分が良くないですけれども、首根っこ捕まえてよくみろ!
通行人
2020年09月18日 09:44
人間は子から成長するにつれて、だんだんバカになっていく気がする。^^
地球人
2020年09月18日 09:50
ネット社会は大衆が引き籠って繁栄させたのです。

一般社会に原因があるのです。
地球人
2020年09月18日 10:03
ネット社会を引き籠りと認識するのは考えが古い。

コロナウィルスはネット社会に対する価値観の変換に大きな役割を果たすのではないか?
ネットの構築で、仕事も会社に出勤しなくても可能でしょう。
地球人
2020年09月18日 10:12
コロナウィルス感染の影響もあって、お寺の座禅会もネットで一般、普及するのではないか?

そうなると、無料ではなくると思うが、笑
地球人
2020年09月18日 10:18
愚さん、ビジネスチャンスです。
2020年09月18日 11:08


>地球人さん
>
>坐禅の無我は只の無我ではない。「そのまま、素のままの自己でよかった。私は何をじたばたしていたのだろう。」と気づかせたのは、基底に叡智にあったからである。
>

そのままの自己でいいわけないでしょう
>
地球人
2020年09月18日 11:42
>地球人さん
>
>>坐禅の無我は只の無我ではない。「そのまま、素のままの自己でよかった。私は何をじたばたしていたのだろう。」と気づかせたのは、基底に叡智にあったからである。
>

>そのままの自己でいいわけないでしょう

落ち着いて、本来の自己に戻った感覚意識は勘違いなのですね。

そういえば、普段の日常生活に戻ると、あたふたする自己に戻ってしまう。笑







>
通行人
2020年09月18日 12:48
本来仏も修行しなければ駄目なのよ。^^;
地球人
2020年09月18日 15:05
坐禅は我執が消えて、本来の自我に戻るだけなのだろう。

だから、日々精進して仏の道を歩まなければならない。
2020年09月18日 15:30


>地球人さん
>
>>地球人さん
>>
>>>坐禅の無我は只の無我ではない。「そのまま、素のままの自己でよかった。私は何をじたばたしていたのだろう。」と気づかせたのは、基底に叡智にあったからである。
>>
>
>>そのままの自己でいいわけないでしょう
>
>落ち着いて、本来の自己に戻った感覚意識は勘違いなのですね。
>
>そういえば、普段の日常生活に戻ると、あたふたする自己に戻ってしまう。笑
>
>
落ち着いた自己も、あたふたする自己も、どっちも夢幻であったということです。
2020年09月18日 19:07
>
>>>そのままの自己でいいわけないでしょう
>
>>落ち着いて、本来の自己に戻った感覚意識は勘違いなのですね。
>
>>そういえば、普段の日常生活に戻ると、あたふたする自己に戻ってしまう。笑
>
>
>落ち着いた自己も、あたふたする自己も、どっちも夢幻であったということです。

坐禅の境地も夢幻なんですか?



2020年09月18日 19:40


>さん
>
>>
>>>>そのままの自己でいいわけないでしょう
>>
>>>落ち着いて、本来の自己に戻った感覚意識は勘違いなのですね。
>>
>>>そういえば、普段の日常生活に戻ると、あたふたする自己に戻ってしまう。笑
>>
>>
>>落ち着いた自己も、あたふたする自己も、どっちも夢幻であったということです。
>
>坐禅の境地も夢幻なんですか?
>
>
坐禅している意識はありますが、その意識の主体はないということです。
地球人
2020年09月18日 20:16
>>>落ち着いた自己も、あたふたする自己も、どっちも夢幻であったということです。
>
>>坐禅の境地も夢幻なんですか?
>
>
>坐禅している意識はありますが、その意識の主体はないということです。

私の場合、その意識に到ってるかどうか?分からないですね。
自我は落ちている感覚はありますが・・・

2020年09月18日 20:41


>地球人さん
>
>>>>落ち着いた自己も、あたふたする自己も、どっちも夢幻であったということです。
>>
>>>坐禅の境地も夢幻なんですか?
>>
>>
>>坐禅している意識はありますが、その意識の主体はないということです。
>
>私の場合、その意識に到ってるかどうか?分からないですね。
>自我は落ちている感覚はありますが・・・
>
気絶してなければ意識はあるでしょう
地球人
2020年09月18日 20:58
>>>坐禅している意識はありますが、その意識の主体はないということです。
>
>>私の場合、その意識に到ってるかどうか?分からないですね。
>>自我は落ちている感覚はありますが・・・
>
>気絶してなければ意識はあるでしょう

その意識なら、自我が働いてない時、普段でもありますよね。
地球人
2020年09月18日 21:19
>>>気絶してなければ意識はあるでしょう

>>その意識なら、自我が働いてない時、普段でもありますよね。

無意識の時ですか?

無意識の時は、自意識が無いから気づきませんよね。

地球人
2020年09月18日 21:32
>無意識の時ですか?
>無意識の時は、自意識が無いから気づきませんよね。

つまり、見てる私がいない時です。
2020年09月18日 21:45


>地球人さん
>
>>>>坐禅している意識はありますが、その意識の主体はないということです。
>>
>>>私の場合、その意識に到ってるかどうか?分からないですね。
>>>自我は落ちている感覚はありますが・・・
>>
>>気絶してなければ意識はあるでしょう
>
>その意識なら、自我が働いてない時、普段でもありますよね。

坐禅していても、していなくても、意識はあるでしょう
地球人
2020年09月18日 22:20
>>>気絶してなければ意識はあるでしょう
>
>>その意識なら、自我が働いてない時、普段でもありますよね。

>坐禅していても、していなくても、意識はあるでしょう

生体の意識ですね。

無意識ですから、知覚できる意識ではありませんね。
地球人
2020年09月18日 23:03
睡眠の時にもある意識ですね。
地球人
2020年09月18日 23:05
他の動物にも意識ですね。
地球人
2020年09月18日 23:36
その意識は普段ある意識ですが、坐禅の時の意識と同じですか?
2020年09月19日 00:05


>地球人さん
>
>その意識は普段ある意識ですが、坐禅の時の意識と同じですか?

同じ場合と、ちょっと違う場合とありますが、それ自体はポイントではありません
地球人
2020年09月19日 07:11
>>その意識は普段ある意識ですが、坐禅の時の意識と同じですか?

>同じ場合と、ちょっと違う場合とありますが、それ自体はポイントではありません

普段の時はその意識が完全に無意識で表象化してませんが、坐禅の時は表象化して知覚してませんか?

その差異は非常に大きいとおもいます。
地球人
2020年09月19日 07:23
はっきりと知覚はしてませんが、ぼんやりと・・・
地球人
2020年09月19日 07:58
あさんは検索上手です。

ヨーガは面白いよ。
地球人
2020年09月19日 08:03
坐禅とヨーガを比較することで、より鮮明になります。
地球人
2020年09月19日 08:18
差異は非常に重要です。

自他不二と言いますが、自己と他己はDNA、指紋、顔認証で明らかに区別できます。
地球人
2020年09月19日 09:16
唯一無二の自我、自己は有るのです。

ですから、あなたはわたしです・・は、自我の本質で嫌なのです。

地球人
2020年09月19日 09:38
「あなたはわたしです」は、数式化すると、A=Bではなくて、A>Bです。

他己は自己と並び立つ存在ではなく、あなたはわたしの意識下にある。唯我、独我論です。 つまり、唯一無二の自我の証左です。それは、他己の自我にすれば、嫌でしょう。
地球人
2020年09月19日 09:47
愚さん。

>>その意識は普段ある意識ですが、坐禅の時の意識と同じですか?

>同じ場合と、ちょっと違う場合とありますが、それ自体はポイントではありません

ポイントでないとは、その意識に実効性、効力はないとのことですか?



地球人
2020年09月19日 10:45
続き・・・

>同じ場合と、ちょっと違う場合とありますが、それ自体はポイントではありません

その意識が、同じ場合と違う場合を解説してくれませんか?
地球人
2020年09月19日 10:56
あさん、

仏教では真我はない。あるいは、無記。ヒンドゥー教では真我が実体である。
2020年09月19日 11:04
うーん^_^

只管打坐^_^
地球人
2020年09月19日 11:26
坐禅は無我、、、空です。^^
2020年09月19日 11:50
>坐禅している意識はありますが、その意識の主体はないということです。

私の場合、その意識に到ってるかどうか?分からないですね。
自我は落ちている感覚はありますが・・・

¨ ¨ ¨

意識の主体はない、というのは。
白隠がコオロギの鳴き声で大悟した、というのがどういうことかわかればわかるはずです。

命そのもの、むきだしの命そのものが精いっぱいに生きる声によって大悟し、白隠は慈悲を知った。

個別の命も意識もないんです。
地球人
2020年09月19日 11:50
仏陀の坐禅は精神統一であって、無我の実体は倫理、道徳です。
地球人
2020年09月19日 11:55
愚さん、

>意識の主体はない、というのは。
白隠がコオロギの鳴き声で大悟した、というのがどういうことかわかればわかるはずです。
>命そのもの、むきだしの命そのものが精いっぱいに生きる声によって大悟し、白隠は慈悲を知った。
>個別の命も意識もないんです。

慈悲を知った主体があるのでは?



2020年09月19日 13:00
>慈悲を知った主体があるのでは?

主体があるかないかはどうでもいいんです。

個別の命、意識はない。それがわかれば。

わたしは愚さんではありません。
2020年09月19日 13:11
なんか知らんけど^_^

餃子の王将きた^_^

味噌ラーメンとミニ餃子頼んだ^_^

行為はあるが行為者はおらん^_^
地球人
2020年09月19日 14:02
>>慈悲を知った主体があるのでは?

>主体があるかないかはどうでもいいんです。
>個別の命、意識はない。それがわかれば。
>わたしは愚さんではありません。

慈悲を知ったことは大きいでしょう。

明らかに以前とは違うのでは?

地球人
2020年09月19日 14:13
「あなたはわたしです。」

と言ったのは、何ものですか?
地球人
2020年09月19日 14:23
>なんか知らんけど^_^
>餃子の王将きた^_^
>味噌ラーメンとミニ餃子頼んだ^_^
>行為はあるが行為者はおらん^_^

それは問題ないですが、

家に火を付けた行為なら、行為者はいないでは済まないでしょ。
地球人
2020年09月19日 14:37
自己こそ自分の主である。他人がどうして自分の主であろうか。自己をよくととのえたならば、得がたき主を得る。 ダンマパダ

ダンマパダはブッダの言葉のようです。
地球人
2020年09月19日 16:03
あさん、

その言葉の出処を紹介してもらえませんか? 
地球人
2020年09月19日 16:14
あさんは、家族が被害にあっても、行為者を問わないですか?

本当ですか、
snow
2020年09月19日 17:04
>家に火を付けた行為なら、行為者はいないでは済まないでしょ。

行為者はいない、が完全に理解されれば、愚行はできない。
愚行による損害を被ったとしても、切り替えが速くなる。

真摯にこのあたり追求すればいつかわかるよ。わからないかもしれないが、行為者はいないしそれもしかたないか。
さっきのコオロギの話、書いたのもsnowでした。
飛び入り失礼。 またいつか。
勘太郎、
2020年09月19日 17:19
、皆さん、好きな事書き込んでいて楽しいです。関連があるのか?ないのか?とても真剣に書いているとは思えません。しかし読んで楽しいです。声出して笑わせていただきました。
2歳の子供の落書きの様です。そこで、おいらも落書き。

 今日まで、意識と物質は別れていると信じて疑ってきませんでした。ところが、私自身が物質であり、精神であるのです。精神と物質は一つです。
ミミズの知性には驚かされます。彼らが移動を始めると翌日雨が降ります。脳が無いミミズは、人間でも難しい天気予報を行います。この夏2回とも移動と降雨が一致しました。

 
2020年09月19日 17:54
行為者を問う?

行為者ねぇ・・^^

ふーん^^

地球人
2020年09月19日 17:54
sonowさん、

「生まれによって賤しい人なるのではない。行為によって賤しい人ともなり、バラモンともなる」 ブッダのことば

そもそも、八正道とは何ですか? 正しい行為を説いたのです。笑
2020年09月19日 18:01
(何ものも)滅することなく(不滅),(何ものも)生ずることなく(不生),(何ものも) 断滅ではなく(不断),(何ものも)常住ではなく (不常),(何ものも)同一であることな く(不一義),(何ものも)異なっていることなく(不異義),(何ものも)來ることなく(不來),(何ものも)去ることのない(不去)〔ような〕,〔また〕戲論(想定された論議)が寂滅しており,吉祥である (めでたい),そのような縁起を說示された,正しく覚っ者(ブッダ)に,もろもろの說法者のなかで最もすぐれた人として,私は敬礼する。



最初から戲論寂滅か・・^^

さすが龍樹ちゃんや^^
地球人
2020年09月19日 18:01
あさん、

行為した者が問われるのは当然です。笑
2020年09月19日 18:06
『仏遺教経』に「汝等比丘よ、若し種種戯論せば、その心則ち乱る。復た出家すと雖もなお未だ得脱せじ。是の故に比丘よ、常に急に乱心戯論を捨離すべし。若し汝、寂滅の楽を得んと欲せば、ただまさに速やかに戯論の患いを滅すべし。是れを不戯論と名づく」

ゆえに・・^^

「只管打坐^^」

これで終わる^^
2020年09月19日 18:07
行為した者がおるのか?

ふーん^^
2020年09月19日 18:09
行為した者を参究せよ^^

2020年09月19日 18:10
私を参究せよ・・とおなじやな・・^^

分かる人にはわかる^^
2020年09月19日 18:12
「自己の正体を参究せよ^^」

永平寺の坊さんが言ってた^^

どうでもいいけど^^
2020年09月19日 18:15
自然は思考がないゆえに無慈悲やで^^
2020年09月19日 18:16
つまり・・どうゆうことや^^?

う~~ん^^

只管打坐^^

寝る^^
地球人
2020年09月19日 18:50
要するに、KB会の人達は無我に逃避したいのですね。笑
通行人
2020年09月19日 19:08
宗教は避難所であるのは事実です。

愚さんを応援します。^^ /
2020年09月19日 20:01
"老いること、老いる醜さへの心構え"


答えて曰く、
衆生は癡に覆われ、為に後に三行を起こす、
是の行を起こすを以っての故に、行に随うて六趣に墮つ。
諸行の因縁を以って、識は六道の身を受け、
識の著有るを以っての故に、名色を増長す。
名色増長するが故に、因りて六入を生じ、
情塵識和合して、六触を生ず。
六触に因るが故に、即ち三受を生じ、
三受の因を以っての故に、渇愛を生ず。
愛に因りて四取有り、取に因るが故に有有り、
若し取る者取らざれば、則ち解脱して有無し。
有に従いて生有り、生に従いて老死有り、
老死に従うが故に、憂悲諸の苦悩有り。
是の如き等の諸事は、皆生に従いて有り、
但だ是の因縁を以って、大苦陰を集む。
是れを謂いて、生死の諸行の根本と為せば、
無明の者の造る所、智者の為さざる所なり。
是の事の滅するを以っての故に、是の事則ち生ぜず、
但だ是の苦陰聚は、是の如くして正に滅す。
2020年09月19日 20:06
是の如く修習して、十二因縁の生滅を観る智の故に、是の事滅し、是の事滅するが故に、乃至生老死の憂悲、大苦陰まで、皆如実に正しく滅す。正しく滅すとは、畢竟じて滅するなり。

正論だけどな・・^^

実行するのは難しい^^

・・とだれか言ってた^^
地球人
2020年09月19日 22:13
あさんは勉強熱心だね。^^

仏陀が言ってるように、生老病死の摂理があると理解すれば済む話だが、愚さんは動画で何て言っていたかな。

「歳を取りたくない!」と念じればいいと言っていたね。
みゅう
2020年09月20日 06:47
snow さん

お勧めいただいた本の帯でトリフソンさんが学校の先生みたいににっこりしているのを見ると気分は反射的に何十年も前の中学校の教室の窓際にトリップし、それでも時々中身を読んでみると全身が5時限目の社会の授業中のモードに。真摯に追求するのと真反対の状態になってしまって進みませんが、それを楽しませていただいています。


 >真摯にこのあたり追求すればいつかわかるよ。わからないかもしれないが、行為者はいないしそれもしかたないか。


 久しぶりに”らしい”お声が聞けて、”覚醒した”、、わけはありませんが、とてもうれしかったです。

 そのうちまた宜しくお願いします。

snow
2020年09月20日 07:40
みゅうさん。 『つかめないもの』読んでらっしゃるのですね。
著書はジョーン・トリフソンさん(禅も学んだチャーミングで個性的な女性)。

頭で理解しようとせず物語や小説を読むような感じで読むといいのかな、と思います。
私も初読の際にはわからないところがたくさんあり、しばらく時過ぎて思い出したように読むとその時には理解できた、というのがありました。
ジョーンさんが静かに訴えたいことを知ろうとするとうちとけていく、というような感じかもしれません。
(気が向かれた際には、私のブログのほうにも書きにきてくださいね。)
snow
2020年09月20日 07:45
いや、「知ろうとするとうちとけていく」んじゃなくて、知ろうというより、逆に、知ろうとはせずに彼女の訴えに耳を傾けていこうとしていると、次第に理解できている、ということですね。
2020年09月20日 08:10
行為はあるが行為者はおらん^^

https://www.youtube.com/watch?v=e1aEae0fJEc

心の動きを死滅せよ^^

只管打坐やないかい^^

正論だが・・^^

実行するのは難しい^^
地球人
2020年09月20日 11:06
仏陀は行為を説いている。

行為に因って、人間社会は成り立っている。
2020年09月20日 13:47
ブッダちゃんは非我を説いておられる^^

 「・・・なぜ人間は苦しむのでしょうか?それはすべては常ならざるもの、無常であるからでありました。それはまた、別な角度からみると、我ならざるもの(非我)を我(アートマン)とみなすところから起こるとブッダは説きます。つまり、本来自己に属さないものを自己に属すると錯覚し、それに報われて苦を受けるというのです。」・・・

 「つまり、ブッダの言わんとするところは、まず、自己に有らざるものを自己の所有とみなすこと。二つには、自己には常住不変の実体があると見なすこと、三つには自己の本質というものがあると見ること、これらを否定することが非我の内容であると説きます。「色(物質的なかたち)は無常である。無常であるものは苦しみである。苦しみであるものは非我である。非我であるものはわがものではない。これはわれではない。これはわがアートマンではない。正しい智慧をもってこの(道理)を如実に観ずべし」(サンユッタ・ニカーヤ(相応部経典)) 


つまり・・^^

わかるな^^
2020年09月20日 13:55
つまりや・・^^

苦しみであるものは非我である。非我であるものはわがものではない。これはわれではない。これはわがアートマンではない。正しい智慧をもってこの(道理)を如実に観ずべし

映画を見てて映画の主人公になったつもりでいるなと・・^^

見るものと見られるものを分離せよと・・^^

あー言えばじょうゆうちゃんが言ってた^^
地球人
2020年09月20日 17:21
中村元氏の解説 再掲

インドの思想・哲学の多くは、自己の実体(アートマン)の探究、霊魂の不滅性の実証といった面に関心が向かっていますが、ブッダにおいては「我無し」の価値観ですから、もともとそうしたことは、測る物差しがないのであります。したがって、ブッダは沈黙しました。

「この状態から他の状態へと、くり返し生死輪廻に赴く人々は、行き着く先は無明にのみ存する。この無明とは大いなる迷いであり。それによって永いあいだこのように輪廻してきた。しかし明知に達した生けるものどもは、再び迷いの生存に戻ることがない。」 スッタニパーダ

ーーーーーーーーーーーーーーーー


ブッダは現世教であり、現世の人間界の主体は八正道の本意である倫理・道徳となる。倫理・道徳に実体は無い。笑 









2020年09月20日 17:49
「我無し」?

非我のほうが近いな・・^^

非我・・我にあらず・・実体はない・・変化生滅する^^

となると・・^^

ヨガの哲学に近い^^
2020年09月20日 18:23
http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-632.htm


中村:  そうです。消去法によってどんどん消していって、そして結局じゃ本当の自己を求めよ、ということを説いたわけです。本当の自己を求めるためには、誤って理解しているこの人間のいろいろな煩悩とか欲望とかございますね。そういうものにとらわれるな、と。如何なるものでも、我にあらずと、本当の我に非ず、と。だから「無我」というより「非我」という言葉の方が、古い漢訳仏典には使われているんでございます。けれども、「非我」というのは、どっちかというと哲学的な議論でしてね、やっぱり人々にその気持ちを理解させるためには、「我執を無くす」という意味で、つまり「煩悩に引っ張り回されるな」という意味で「我執を無くす」。それを簡単に「無我」と説くわけですね。
 
2020年09月20日 19:47


>あさん
>
>http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-632.htm
>
>
>中村:  そうです。消去法によってどんどん消していって、そして結局じゃ本当の自己を求めよ、ということを説いたわけです。本当の自己を求めるためには、誤って理解しているこの人間のいろいろな煩悩とか欲望とかございますね。そういうものにとらわれるな、と。如何なるものでも、我にあらずと、本当の我に非ず、と。だから「無我」というより「非我」という言葉の方が、古い漢訳仏典には使われているんでございます。けれども、「非我」というのは、どっちかというと哲学的な議論でしてね、やっぱり人々にその気持ちを理解させるためには、「我執を無くす」という意味で、つまり「煩悩に引っ張り回されるな」という意味で「我執を無くす」。それを簡単に「無我」と説くわけですね。
> 

これは間違っていますね・・・・
2020年09月20日 20:09
うわっ^^

僕とか・・^^

難しいことわからないんで^^

寝ます^^

おやすみなさいです^^
カムイ
2020年09月21日 06:53
なんもいじりようもない。
あるがままのものに対してあるがままに練って行く。
カムイ
2020年09月21日 07:08
俺もそうだけど、思考を練っちゃうんだ。
そうではなく、あるがままのものに対してあるがままに練ってくとぴったりとした感覚になり、やがて自分が薄れて来る。
これ続けてると自分が消えちゃうんだと思う。
カムイ
2020年09月21日 07:24
ここの所が当たり前の事実となってあえて言う必要がなくなれば大悟。
カムイ
2020年09月21日 08:33
和尚さんにほいってお茶出されたら、はいって飲むだけ
片付けといてって言われたら
はいって片付けてるだけ。
地球人
2020年09月21日 09:39
>「我無し」?
>非我のほうが近いな・・^^

あさん、正解です。^^

大乗では無我だが、小乗では非我でしょう。

正しい見解(正見)、正しい思惟(正思)、正しい生活(正命)、正しい努力(正精進)、正しい念い(正念)。正しい冥想(正念)する主体のわたしはあるだろう。

一方で、中村元も斯様に書いています。

「一切の事物は我ならざるものである。」(諸法非我)と明らかな知慧をもって観るときに、人は苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。 ダンマパダ

「一切の形成されたものは無常であり苦である。一切の事物は我ならざるものである」と受け取って生きることが、清浄な生き方であるとするのはどういうことでしょうか。それは。すべて一つのことを指しているからであります。つまり、「執着をはなれろ」ということです。 






地球人
2020年09月21日 10:14
カムイさん、お久です。

>なんもいじりようもない。
あるがままのものに対してあるがままに練って行く。

わたしは凡夫なので、あるがままがわからないのです。

>和尚さんにほいってお茶出されたら、はいって飲むだけ
片付けといてって言われたら
はいって片付けてるだけ。

誰が言っても、従いますか?

それができるのは、師匠である和尚さんを理解してるからですね。
カムイ
2020年09月21日 10:30
つまり事実はいじれない。
ありのままはいじりようがない。
和尚さんもわたしのお茶のやりとりは
なんのまじりっけもない
当たり前の事をお互いしてるだけ。
カムイ
2020年09月21日 10:33
禅ならこう言う動きをするとか、悟った者ならこう言う動きをするとか、そんなまじりっけのない、当たり前のやり取りです。
地球人
2020年09月21日 10:41

>つまり事実はいじれない。
ありのままはいじりようがない。
和尚さんもわたしのお茶のやりとりは
なんのまじりっけもない
当たり前の事をお互いしてるだけ。

>禅ならこう言う動きをするとか、悟った者ならこう言う動きをするとか、そんなまじりっけのない、当たり前のやり取りです。

仏教で言えば諸法無我で、因縁、縁起の行為ではないですか。

カムイ
2020年09月21日 10:45
仏教で言えば諸法無我で、因縁、縁起の行為

お茶を飲むのにこう言うの必要ですか?
地球人
2020年09月21日 10:52
>仏教で言えば諸法無我で、因縁、縁起の行為

>お茶を飲むのにこう言うの必要ですか?

誰でも、お茶を飲むわけではないでしょう。

地球人
2020年09月21日 11:02
たしかに、あえて言う必要はないです。

カムイさんの行為は自然です。
地球人
2020年09月21日 11:11
人間の社会は、諸法無我ではなく、諸法非我が適当でしょう。
通行人
2020年09月21日 11:18
カムイさんがお茶を飲む行為は、正しいと判断して、和尚さんとお茶を共にしてるわけではないので諸法無我が適当です。^^
地球人
2020年09月21日 11:37
お互いに意識して、お茶を共にしてるわけではない。

行為があって行為者はいない。
正しい行為は行為者は後付である。
ブッダは行為によって、賤しい者にも聖者にもなる。と言っている。

諸法無我が適当かな? どちらでもいいな。笑




カムイ
2020年09月21日 11:42
思考はいじれるが
事実はいじれないんです。
つまり和尚さんとお茶を飲んだって事実は変わらない。
それを聞いてあれやこれや思考をいじるのがまずい。
地球人
2020年09月21日 11:55
>思考はいじれるが
事実はいじれないんです。
つまり和尚さんとお茶を飲んだって事実は変わらない。
それを聞いてあれやこれや思考をいじるのがまずい。

それはその通りです。

偶々、諸法無我(非我)を論じていたので、カムイさんを引用してしまった。
すもません。
地球人
2020年09月21日 12:04
有限か無限永遠か。

それを決定するのは我の有無となりますが、この認識の差はあまりにも大きい。

禅は即今、今が無限永遠です。となります。



カムイ
2020年09月21日 12:19
真理は事実だから、思考をいくらいじくり回しても事実にはならない。
地球人
2020年09月21日 12:23
でも、事実を検証するでしょう。
カムイ
2020年09月21日 12:46
耳は聞いたまま、目はみたまま

検証しようがない。
地球人
2020年09月21日 12:51
即今を認識するのは可能か?

即今!と言われて、 えっ?とおもった瞬間に、自我が出て、即今ではない。

あっ、 薬缶のお湯が沸いている。 即今を捉えることは可能か? 









地球人
2020年09月21日 13:03
事実は因果です。

コンロで薬缶の水を沸かした。(因)

薬缶の水が沸いた。(果)
カムイ
2020年09月21日 13:28
とは言っても、わたしが思考いじくる度に愚さん相手してくれてありがとう。
地球人
2020年09月21日 21:09
禅はよく知らないけれども、

即今只今とは、因果の現実の自己を生きる、とのことですね。
地球人
2020年09月21日 21:25
即今只今とは因果の儘、生きる。
地球人
2020年09月21日 21:46
譬えると、 嵐に遭う時節には遭うがよく候。
カムイ
2020年09月22日 06:24
・即今只今とは、因果の現実の自己を生きる、とのことですね。


おしいな、因果の現実を生きる時自己はないねん。
地球人
2020年09月22日 07:05
カムイさん、

>>・即今只今とは、因果の現実の自己を生きる、とのことですね。

>おしいな、因果の現実を生きる時自己はないねん。

その後の二つの投稿を読めば、自己が自我でないことが解ります。

地球人
2020年09月22日 07:41
もちろん、大きな台風が来たら、必死に逃げますよ。

生き物ですから、笑
勘太郎
2020年09月22日 07:49
be meant to do
アクセントbe méant to dó
《主に英国で用いられる》〈人が〉…することになっている; …しなければいけない.

エルビススプレスリー 愛さずにはいられないの中にあります。

私の場合には、書き込まずにはいられない。書き込むことになっている。
自分は無いモノと信じて、暮らすこと と決心した(決心することになっている)
地球人
2020年09月22日 07:50
人間も生き物、動物ですから、無意識は有り得ない。

カムイ
2020年09月22日 07:50
人間が元々備わってる真心は自我があったら機能しない。
だから無我無心でいなければならない。
地球人
2020年09月22日 07:59
カムイさん、

真心はどんな時に生じますか?
カムイ
2020年09月22日 08:11
俺に聞くより、自分の中の真心を探った方がいいよ。
地球人
2020年09月22日 08:18
カムイさん、その振りはどうかと思いますが、

>俺に聞くより、自分の中の真心を探った方がいいよ。

自分の中ですか、

他者は関係ないのですか?
カムイ
2020年09月22日 08:32
じゃ言おか
あんたの文章からだけの判断やけど、あんたからは真心感じんな。
つまりかなりぶ厚い自我で覆われてるって事。
地球人
2020年09月22日 08:47
>じゃ言おか
あんたの文章からだけの判断やけど、あんたからは真心感じんな。
つまりかなりぶ厚い自我で覆われてるって事。

議論する場と理解してます。

真心はないですが、真摯に応対してます。

カムイさんは真心を求めていたのですね。

では、カムイさんに返答するのは止めます。

地球人
2020年09月22日 09:04
誤解されると不味いので・・・

人は真心を求めている。 その通りです。
snow
2020年09月22日 09:06
>議論する場と理解してます。
>真心はないですが、真摯に応対してます。
>カムイさんは真心を求めていたのですね。
>では、カムイさんに返答するのは止めます。

地球人さんは、議論にもなってないの、自分では気づいてないみたい、って感じます。
エゴの条件反射で動いているのだという自覚がないように感じます。

私、snowは、こちらにはもう投稿しないと書いたけどまたしてるわけで、それを正当化はしないですよ。 それについてもし批判されれば正当化はできません。

でね。こっからなんですが・・・。
地球人さんが条件反射レスするのも、snowがまた投稿しているのも、そうなるしかないからそうなっている(全体性から起きている、つまり、行為はあるが行為者はいない)ってことなんです。
これが理解できるかどうかですね。

私が批判を恐れずに投稿しに来たのは、地球人さんは↑を理解できるといいんだろうな、と感じるからです。

嵐に合う時は合うのがいい、っていうのは、「そうなるしかないことが一瞬一瞬に起きているのが世界だ」って意味ですよ。
全体性から起きているんだから、嵐はそもそも避けようがないんです。
嵐に合う時は合うのがいい、ってのは、かっこつけてのやせ我慢を言ってるのではなく、それが世界である、と言ってるだけなんです。
地球人
2020年09月22日 09:18
snowさんも、真心を求めているのですね。

了解しました。snowさんの意思に沿って同意する方向で、気をつけて配慮します。

しかし、困ったな、、、此処はそんな人ばかりで・・・

愚さんも、そうなのかな。 苦笑

通行人
2020年09月22日 09:27
地球人よ

愚さんは迷える人を救いたいから、KB会、ブログを開いている。

故に、そんな人達が集まってきます。

理解しなさい。^^

snow
2020年09月22日 09:31
あのね~。。。カムイさんも私も愚さんも、真心とか求めてないと思います。
少なくとも私は求めていません。 なんでそうなるのか実に不思議。

投影してませんか?  だってさ、正直なところ、地球人さんは愚さんのこのブログに依存状態ですよね?  投稿数がとても多いのがその根拠と言えると思います。
まず、そのあたり、きちんと見たほうがいいと思いますよ。
煩悩即菩提で言うなら、そこいらが地球人さんの煩悩なんじゃないですか。

それと。さきほどの、嵐に合う時は・・の話。あれについてはどうですか?
私が書いたことについてどのように考えられますか? という問いです。
地球人
2020年09月22日 09:37
>嵐に合う時は合うのがいい、っていうのは、「そうなるしかないことが一瞬一瞬に起きているのが世界だ」って意味ですよ。
全体性から起きているんだから、嵐はそもそも避けようがないんです。
嵐に合う時は合うのがいい、ってのは、かっこつけてのやせ我慢を言ってるのではなく、それが世界である、と言ってるだけなんです。

その通りです。しれは否定してない。

しかし、自身の危険があれば、必死こいて逃げると言っただけです。

カムイ
2020年09月22日 09:37
衆生本来仏なり
の仏とは真心を言ってると思います。
snow
2020年09月22日 09:41
>その通りです。しれは否定してない。

そうなんですね。 返答ありがとうございます。
地球人
2020年09月22日 10:02
snowさん、

恐縮です。 
地球人
2020年09月22日 10:07
カムイさん、悟れたのですね。

人間界において、今後のご活躍に期待しています。

>衆生本来仏なり
の仏とは真心を言ってると思います。

snow
2020年09月22日 10:15
いえ、こちらこそ、何度も地球人さんには酷いことを言って申し訳なく思う部分があります。
気を悪くされることが多いと思います。 すみません。

柳は緑、花は紅 という言葉が、いいなとは私は思うんですね。
そして、愚さんは、「自分を変えようとしてもその努力は無駄」というようなことをおっしゃいますが、ある意味その通りだな、と思うんです。
ありのままの姿を見つめ受けとめると、自然に努力要らずに変化するのだろう、と感じます。
2020年09月22日 10:17
おい標識^^

もっと暴れろ^^
地球人
2020年09月22日 10:18
人間は、悪人、善人として生まれて来るわけでなく、無垢の仏性があるからこそ、縁起に因って悪人にも善人にもなるのです。 一切衆生悉有仏性
地球人
2020年09月22日 10:24
>柳は緑、花は紅 という言葉が、いいなとは私は思うんですね。
そして、愚さんは、「自分を変えようとしてもその努力は無駄」というようなことをおっしゃいますが、ある意味その通りだな、と思うんです。
ありのままの姿を見つめ受けとめると、自然に努力要らずに変化するのだろう、と感じます。

一切衆生悉有仏性の意味を書きましたが・・・ありのままに見ることができるのが悟りです。しかし、それも縁起の有る無しではありませんか?
2020年09月22日 10:32
うん^_^?

やばい^_^

標識が調子にのってきた^_^
地球人
2020年09月22日 10:35
あさん、、、彼岸です。
snow
2020年09月22日 10:42
>一切衆生悉有仏性の意味を書きましたが・・・ありのままに見ることができるのが悟りです。しかし、それも縁起の有る無しではありませんか?

私が書いた「ありのままに見る」っていうのは、悟りとか関係なくって。

自分自身についてありのままに見る、ってことですよ。
(プライドがあるとなかなか見られないわけです。)
でもそのへんなプライドを打ち破って自分自身を見る。
醜さもたまに出る善も因縁に拠ってるのが、見ることで理解できたりもすると思います。
そしたら、どんな自分でも自分を否定も肯定もしなくなるでしょう。
まさに、花は紅 柳は緑です。
そうした繰り返しにより、次第に自然に努力なしに変化していくでしょう、というのを言いました。

すみません。これでとりあえず終わります。
地球人
2020年09月22日 10:49
>自分自身についてありのままに見る、ってことですよ。
(プライドがあるとなかなか見られないわけです。)
でもそのへんなプライドを打ち破って自分自身を見る。
醜さもたまに出る善も因縁に拠ってるのが、見ることで理解できたりもすると思います。
そしたら、どんな自分でも自分を否定も肯定もしなくなるでしょう。
まさに、花は紅 柳は緑です。
そうした繰り返しにより、次第に自然に努力なしに変化していくでしょう、というのを言いました。

はい、ありのままに見ることができる事が悟りです。

凡夫にはできません。何かの切っ掛けの縁起が必要です。自力ではなく他力が必要です。 
地球人
2020年09月22日 10:57
>まさに、花は紅 柳は緑です。
そうした繰り返しにより、次第に自然に努力なしに変化していくでしょう、というのを言いました。

それには、自然の植物もまた、気象の他力が必要とします。

2020年09月22日 10:57
彼岸って^_^

心から遠離した真我に留まっている境地^_^

永遠の平安の境地だと思うんだよな^_^

心は非我なんだよな^_^

つまり変化生滅する実体のないもの^_^
地球人
2020年09月22日 11:06
墓参りは、因果の故人を想う気持ち、心です。
地球人
2020年09月22日 11:09
あさんは因果の故人はいないの?
地球人
2020年09月22日 11:17
仏性は因縁、縁起で生じます。

無い人もいます。
地球人
2020年09月22日 11:21
故人、仏がいないから、仏性が無いとは言ってない。

誤解のないように、
地球人
2020年09月22日 11:30
逆に、善人、悪人になる仏性、心は無いほうがいいのではないか?

AIロボットは、善人でも悪人でもない。
2020年09月22日 16:36
ブッダの言葉・スッタニパータ 第五 彼岸に至る道の章 1~18
https://ameblo.jp/0358rainbow/entry-12537809047.html

1119 (ブッダが答えた)、
「つねによく気をつけ、自我に固執する見解をうち破って、世界が空なりと観ぜよ。そうすれば死を乗り越えることができるであろう。このように世界を観ずる人を、<死の王>は、見ることがない。」
カムイ
2020年09月22日 16:36
わたしは老師に悟ったとは言われてません、法を体得したとは言われました。
2020年09月22日 16:51
https://blog.goo.ne.jp/anandabhavan/e/ce82c0219c609e2769a3934a8918c12e

サーンキヤ哲学は仏教と同じく「心理学」ではあるのですが、実は大変な事を主張しています。日頃私達はなんとなく自分のことを自分の「心」だと思っています。もっと突き詰めれば自分とは「自我意識」のことです。「自我意識」は眉間のちょっと上に有るように感じますね。私もサーンキヤ哲学に出会うまでは自分の本質は「自我意識」だと思っていました。

 サーンキヤ哲学が仏教と違うのは二元論だという事です。

 サーンキヤ哲学では世界の根本原理としてプルシャ(精神原理)とプラクリティ(物質原理)の2つを立てます。そして肝心なのは私達が日頃「これが自分の本質だ」と感じている想念や自我意識や統覚などの心の働きをプラクリティ(物質原理)の展開のくくりに入れ、それとは別にプルシャ(精神原理)の存在を主張します。私達の心の働きは身体の働きや環境世界の働きと同根、同じ性質を持ち、心の働きが静止した時に初めてプルシャ(精神原理)が現れます。プルシャ(精神原理)は「真我」、あるいは「絶対主観」と呼んでも良いでしょう。

 ラマナマハリシが行ったようにプラクリティ(物質原理)の展開の終わりの方から始まりの方へ瞑想を進め、つまり想念が静止し、自我意識が静止し、統覚が静止した時に初めてプルシャ(精神原理)にたどり着くことが出来るのです。仏教でもこういうことは教えていますが、サーンキヤ哲学ほど明確に「心の働き」と「真我」を区別しておらず、それが仏教の難しい所でもあります。

 以上をまとめてみますと、サーンキヤ哲学は二元論であり、精神原理と物質原理、つまり「真我」と「心の働き」を明確に区別するものです。
2020年09月22日 16:55
法を体得した?

ほほう^^

法を体得してなかったらここに存在してないね^^^

2020年09月22日 17:06
観察者効果

科学における観察者効果とは、観察するという行為が観察される現象に与える変化を指す。例えば、電子を見ようとすると、まず光子がそれと相互作用しなければならず、その相互作用によって電子の軌道が変化する。原理的には他の直接的でない観測手段でも電子に影響を与える。実際の観察をしなくても、電子が観測可能な位置に単に入っただけでも、理論上はその位置が変化してしまう。
2020年09月22日 17:08
さてっと^^

観察者効果とどう結びつけるかが問題やな^^
カムイ
2020年09月22日 17:13
・法を体得してなかったらここに存在してないね^^^


ん?この日本語おかしくない?
よくわからないのは俺だけかな。
地球人
2020年09月22日 17:21
他の掲示板で他者に散々批判、仲謀されようが、己が世界の真理を主張してほとんど動じることがない人がいた。わたしも彼が主張する真理に疑問があった。

しかし、彼は己が生命と全ての人間を救済する真理思想に疑いがなく確信が持っていたようでした。

他者に何か批判されて、心が動揺するのであれば、自己と悟りが一体になっていないということです。

他者、社会に悪をもたらす思想でなければ、my only悟りがあってもいいじゃないですか。そもそも、悟りの目的は自己救済なのですから。





2020年09月22日 17:22
ありのままで完璧^^

と言っておる^^
カムイ
2020年09月22日 17:25
じゃ法を体得する前の俺はなんだ?
地球人
2020年09月22日 17:29
あさん、

>法を体得してなかったらここに存在してないね^^^

一切衆生悉有仏性と言いたいのだろう。笑
地球人
2020年09月22日 17:35
カムイさん、

>じゃ法を体得する前の俺はなんだ?

煩悩即菩提でしょう。
カムイ
2020年09月22日 17:44
ちょっとつっついたらこれかよ。
2020年09月22日 17:55
う~~ん^^

身心脱落^^
地球人
2020年09月22日 18:00
あさん、

プラクリティ(根本原質)とは何ですか?

詳細に説明してください。
地球人
2020年09月22日 18:07
もっとも、、衆生本来仏性にしても、何で煩悩無明のまま、死に至る人がいるのか? 疑問があるわけです。

宗教の痛いところだ。笑
地球人
2020年09月22日 18:23
仏性の有無は、親から愛、慈悲の幼児体験の有無だろう。
地球人
2020年09月22日 19:22
遡れば、仏は母胎が適当か。菩提
2020年09月22日 20:22
なんかみんなヨーガ哲学から来ている感がする^^
2020年09月22日 20:24
あなたが行為者でないことを分かりなさい^^

といわれても・・^^

ヨーガ哲学わからんとわからんで^^
カムイ
2020年09月22日 20:45
頭いじくり回してありのままになってないやん。
2020年09月22日 20:56
うん?

正解^_^
地球人
2020年09月22日 21:46
肉体の運動は思考ではない。

食って食われての生態に慈悲がある。
地球人
2020年09月23日 06:12
愚さんの言ってることで解せないのは、輪廻転生を信じていることです。

何故、自我に実体はなく無我であるのに、輪廻転生するのか?
地球人
2020年09月23日 06:48
痛みとか感覚があるから、わたしはリアルな夢を見ていたとの認識です。

地球人
2020年09月23日 07:07
坐禅は基底に降りることである。

基底の意識は無我であるから、自我が無く煩悩が消えるのは自明です。
2020年09月23日 07:09


>地球人さん
>
>愚さんの言ってることで解せないのは、輪廻転生を信じていることです。
>
>何故、自我に実体はなく無我であるのに、輪廻転生するのか?

自我は輪廻転生しません。自我が虚妄であること、つまり、無我に気が付くと、真の自己が現れます。如来とか仏とか、ああだこうだ呼ばれているものです。

これが、輪廻する主体です。これは対象化されないので、輪廻する主体がないといってもいいのですが、この場合は輪廻はない、という表現になります。

ですから、死んだらなにもかも終わり、というのも間違いだし、死んでも魂のように継続するものがある、というのも間違い、ということ、つまり、断見も常見もダメというのと似ているというか、同じです。
みゅう
2020年09月23日 07:13
snow さん

>いや、「知ろうとするとうちとけていく」んじゃなくて、知ろうというより、逆に、知ろうとはせずに彼女の訴えに耳を傾けていこうとしていると、次第に理解できている、ということですね。


 ありがとうございます。コメント欄がなぜかとても繁盛しているようでお姿を見落としてしまいました。

 結果は、、、耳ではなく頭が傾き、まぶたが落ちてゆき、心地よさに、次第に意識がとけていく、、、修行しなおします。

 ところで、このビデオ、
https://www.youtube.com/watch?v=KAaBVsEy2LA
後ろ10分くらいから5分ほどのところが個人的に興味深いと思いました。

 それでは、また

2020年09月23日 07:15
見ているものは永遠不変やで^_^

知らんけど^_^
地球人
2020年09月23日 07:43
>自我は輪廻転生しません。自我が虚妄であること、つまり、無我に気が付くと、真の自己が現れます。如来とか仏とか、ああだこうだ呼ばれているものです。
>これが、輪廻する主体です。これは対象化されないので、輪廻する主体がないといってもいいのですが、この場合は輪廻はない、という表現になります。

輪廻する主体は人類、というか生類ですね。

>ですから、死んだらなにもかも終わり、というのも間違いだし、死んでも魂のように継続するものがある、というのも間違い、ということ、つまり、断見も常見もダメというのと似ているというか、同じです。

人類、生類は不滅か否かわかりませんが継続しますね。

ともかく了解しました。



snow
2020年09月23日 08:05
みゅうさん。

>結果は、、、耳ではなく頭が傾き、まぶたが落ちてゆき、心地よさに、次第に意識がとけていく、、、修行しなおします。

非二元に興味がもしあるなら、というので紹介させていただいただけですし、無理に読んでくださいと言ってはないんですが・・・(*ノωノ)
読みづらいけどなんか気にはなる、って感じなのかな、とか想像させていただいてます。
しばらく置いといて、思い出した時に読んでみる・・ぐらいがいいのかな、と思います。
ちなみになんですが、私がまさにそうしてました。
snow
2020年09月23日 08:13
みゅうさん。

https://www.amazon.co.jp/%E6%82%9F%E3%82%8A%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B-%E2%80%95-%E9%9D%9E%E4%BA%8C%E5%85%83%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E8%A6%9A%E9%86%92%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/4864512760/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E9%9D%9E%E4%BA%8C%E5%85%83+%E4%B8%AD%E9%81%93&qid=1600815971&s=books&sr=1-1

『悟りを生きる 非二元へのシンプルなガイド』という本。
読んではないのですがよさそうに感じます。
仏教をよく学んでこられた方にも受け入れやすいのかな、と。
ただ書いてみてるだけですので‥そこはヨロシクお願いします。( `・∀・´)
地球人
2020年09月23日 08:25
あさん、

コピペ、引用するのではなく、このトピに合わせて自分の言葉で語りなさい。

言葉を統一しないと、周囲は混乱するだけです。 

地球人
2020年09月23日 08:34
意識は無意識だから、心、体に対して効力が無い。 とのことです。
地球人
2020年09月23日 08:38
誤解されるので、

意識の時には、心が働いている。
地球人
2020年09月23日 08:48
心は感情だから違う。

意識は知能が働いてる。物を認知している。
地球人
2020年09月23日 09:00
覚り、悟りとは、生死を超えた不死なのだろう。自我の願望なのだろう。
地球人
2020年09月23日 09:05
確かに、不死であることを確信した時に、煩悩、無明は消えるでしょう。
地球人
2020年09月23日 09:29
不死と言うと、主体は?問われるからね。笑





snow
2020年09月23日 09:45
>>『悟りを生きる 非二元へのシンプルなガイド』という本。

Amazonレヴューに、「まさに中道。この本は、原始仏教の言わんとすることをわかりやすく書いている」というのを見つけ、私も今、注文しました。
かねてより考えていたことが確からしいものと感じられる予感がします。
地球人
2020年09月23日 11:32
中道、仏陀ですか、

自己の主体は八正道の主体は倫理・道徳です。つまり、主体は個人ではなく公人の私です。
地球人
2020年09月23日 11:40
無我は坐禅で体験できます。
2020年09月23日 11:40
うん?

自身と思考との同一視から解放される

まさしく^_^

ヨガ哲学^_^

地球人
2020年09月23日 11:55
しかしながら、 地球人の投稿数は何ですか? と問われると、、

自我のタガが外れているだけかもしれません。笑
地球人
2020年09月23日 12:08
無我になると自制が訊かなくなるから自己が必要であって、八正道となるのでしょう。
2020年09月23日 12:10
うん?

数撃てば当たる戦法きたな^_^
2020年09月23日 12:12
無我なのに八正道とはこれいかに^_^
地球人
2020年09月23日 12:22
無我は仏ではない。笑
地球人
2020年09月23日 12:43
八正道において、坐禅とは心身の基本の姿勢を学ぶ修行にすぎない。
2020年09月23日 12:50
戯論(けろん):龍樹によれば、言葉とは、現実を覆い隠すものであり、主観的欺瞞以外の何ものでもなく、有情を無智と苦悩へ導くものである

故に語らず^_^
地球人
2020年09月23日 12:54
龍樹は外道だからね。笑
地球人
2020年09月23日 13:05
中村元によると、龍樹は複数いて著作も一人のものでなかったようだ。
地球人
2020年09月23日 13:17
坐禅は我執から解放されるだけじゃないかな。

その境涯が無我の感覚なのだろう。





2020年09月23日 14:23
やっぱり核心は^_^

遠離だったか^_^
2020年09月23日 15:37
日常の私たちの心は、時間に縛られ、空間に縛られ、世間のありとあらゆる習慣や状況や知識に縛られていて、あたかも頑丈な檻に閉ざされているかのようです。でも、いったい自分の外のだれが心を縛ることなどできるでしょう。逃げ場がないですって? もちろん逃げ場などありません。つぶさに観察してみると(これは本当は容易なことではありませんが)心には限界がないのです。心を束縛しているようにみえるものは、みんな幻影です。それもまた心が生み出したものにほかなりませんが。

 だからそれから逃げる必要はないのです。それが幻影であることを見抜けばよい。それが「一切の顛倒夢想を遠離して」ということです。「顛倒」とは「逆さま」の意。「遠離」とは「超越」の意。ないものをあると誤って考えることが、「顛倒夢想」です。それを遠離するとは、これまで心経本文で「ない」と述べられてきた諸法を「ある」とみなすレベルを卒業しているという意味です。 
2020年09月23日 16:22


>あさん
>
>日常の私たちの心は、時間に縛られ、空間に縛られ、世間のありとあらゆる習慣や状況や知識に縛られていて、あたかも頑丈な檻に閉ざされているかのようです。でも、いったい自分の外のだれが心を縛ることなどできるでしょう。逃げ場がないですって? もちろん逃げ場などありません。つぶさに観察してみると(これは本当は容易なことではありませんが)心には限界がないのです。心を束縛しているようにみえるものは、みんな幻影です。それもまた心が生み出したものにほかなりませんが。
>
> だからそれから逃げる必要はないのです。それが幻影であることを見抜けばよい。それが「一切の顛倒夢想を遠離して」ということです。「顛倒」とは「逆さま」の意。「遠離」とは「超越」の意。ないものをあると誤って考えることが、「顛倒夢想」です。それを遠離するとは、これまで心経本文で「ない」と述べられてきた諸法を「ある」とみなすレベルを卒業しているという意味です。

理屈はあっています。要点は、幻影であることを見抜けないわけです。ですから、問いは、見抜けないときどうするか?です。
2020年09月23日 16:25


>あさん
>
>無我なのに八正道とはこれいかに^_^

「正」という意味は、無我、無分別ということです。つまり、無我で、やっていけ、というのが、八正道の意味です。
2020年09月23日 16:27


>あさん
>
>https://blog.goo.ne.jp/anandabhavan/e/ce82c0219c609e2769a3934a8918c12e
>
>サーンキヤ哲学は仏教と同じく「心理学」ではあるのですが、実は大変な事を主張しています。日頃私達はなんとなく自分のことを自分の「心」だと思っています。もっと突き詰めれば自分とは「自我意識」のことです。「自我意識」は眉間のちょっと上に有るように感じますね。私もサーンキヤ哲学に出会うまでは自分の本質は「自我意識」だと思っていました。
>
> サーンキヤ哲学が仏教と違うのは二元論だという事です。
>
> サーンキヤ哲学では世界の根本原理としてプルシャ(精神原理)とプラクリティ(物質原理)の2つを立てます。そして肝心なのは私達が日頃「これが自分の本質だ」と感じている想念や自我意識や統覚などの心の働きをプラクリティ(物質原理)の展開のくくりに入れ、それとは別にプルシャ(精神原理)の存在を主張します。私達の心の働きは身体の働きや環境世界の働きと同根、同じ性質を持ち、心の働きが静止した時に初めてプルシャ(精神原理)が現れます。プルシャ(精神原理)は「真我」、あるいは「絶対主観」と呼んでも良いでしょう。
>
> ラマナマハリシが行ったようにプラクリティ(物質原理)の展開の終わりの方から始まりの方へ瞑想を進め、つまり想念が静止し、自我意識が静止し、統覚が静止した時に初めてプルシャ(精神原理)にたどり着くことが出来るのです。仏教でもこういうことは教えていますが、サーンキヤ哲学ほど明確に「心の働き」と「真我」を区別しておらず、それが仏教の難しい所でもあります。
>
> 以上をまとめてみますと、サーンキヤ哲学は二元論であり、精神原理と物質原理、つまり「真我」と「心の働き」を明確に区別するものです。
>

サーンキヤと仏教はつまるところ、同じだと思っています
2020年09月23日 16:42
私もです^_^
地球人
2020年09月23日 17:39
あさんも、

冥想とか坐禅するの?^^
地球人
2020年09月23日 17:53
>2020年09月23日 15:37
日常の私たちの心は、時間に縛られ、空間に縛られ、世間のありとあらゆる習慣や状況や知識に縛られていて、あたかも頑丈な檻に閉ざされているかのようです。でも、いったい自分の外のだれが心を縛ることなどできるでしょう。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下


あさんの言葉なの? 引用ではなくて、、


2020年09月23日 18:00
うん?

どこかのコピペだよ^^

「「遠離」とは「超越」の意」

この意味を知りたくて・・^^

コピペしただけ^^

失礼いたしました^^

「遠離」って「超越」ではない感がするんだよな^^
2020年09月23日 18:06
「遠離」

遠く離れて観察する^^

こんな意味だと^^

しかし・・^^

思考も自分ではないとか・・^^

この発想はなかなか気づかない^^
2020年09月23日 18:10
遠離一切顛倒夢想。究竟涅槃^^

ヨガ哲学に通ずる^^
2020年09月23日 18:12
思考も観察対象なんだと^^
2020年09月23日 18:14
まぁ思考も変化生滅するからね^^

当然といえば当然^^
地球人
2020年09月23日 18:38
思考、妄想が自我、自己ではないとすると、、

自我、自己とは何ですか? 私は実体がないのか? 





2020年09月23日 18:56
ヨガを学ぶなら知っておきたい、サーンキヤ哲学の二元論
https://www.youtube.com/watch?v=MQwhuUgbZiw



「観察者効果」
私たちを含めてこの世界の全てを構成している根本単位の素粒子には
不思議な性質があります。


それは誰も観察していないときには素粒子は「波」になって、
誰かが観察しているときは「粒」になるということです。


だぶるんだよな・・^^

どう考えても^^

解明すればノーベル賞とれるかも^^
地球人
2020年09月23日 19:06
あさん、 

>それは誰も観察していないときには素粒子は「波」になって、
誰かが観察しているときは「粒」になるということです。

わたしもそう、考えた。^^
相対性理論が自我、自己ではないのか?

量子論は?
2020年09月23日 19:08
とりあえず・・^^

寝る^^
地球人
2020年09月23日 19:16
量子論は、個我、個人!

あさんが明日の朝、生きてるかどうかわからない。私も! 笑
地球人
2020年09月23日 19:26
宇宙の原理、現象の因果を踏襲するのは必然であります。
カムイ
2020年09月23日 19:35
地球人さん思考をあんまりいじくり回さんほうがいいよ。

縁に従って淡々と只やっていく。
ここで縁ってなんだ?
と頭をいじるのがアウト。
お茶を差し出されたらお茶を飲む縁があるだけで。

良寛さんだとこんな表現
『花無心』
「花 無心にして 蝶を招き、 蝶 無心にして 花を訪ぬ。花 開くとき 蝶来たり、 蝶 来たるとき 花開く。
吾(われ)もまた 人を知らず。 人もまた 吾を知らず。知らずして 帝則(ていそく)に従う。」
地球人
2020年09月23日 19:37
世界を構成する最小の単位を唱えたのはライプニッツであります。

砂粒の一つ、一つは決して同じ形状ではない。
地球人
2020年09月23日 19:43
自我は閉ざされていて、他我と交わることはない。
地球人
2020年09月23日 20:00
最後は、誰もが皆、独りで死にます。

死を共有することはできない。 

地球人
2020年09月23日 20:07
考える人、

考えないことについて、考えている。

地球人
2020年09月23日 20:35
カムイさん、

>地球人さん思考をあんまりいじくり回さんほうがいいよ。

掲示板は、テーマについて考察、思考する場ですから。
地球人
2020年09月23日 20:41
>それは誰も観察していないときには素粒子は「波」になって、
誰かが観察しているときは「粒」になるということです。

見てない時は自我が無いが、見ている時は自我がある。
地球人
2020年09月23日 20:47
仏教は自我が悪で、無我が善です。
地球人
2020年09月23日 20:56
仏教は個人主義ではなく全体主義です。

東洋、日本も未だに個人主義ではなく全体主義です。
地球人
2020年09月23日 21:07
武士道とは無我となって主君の命に死ぬ事なり。
地球人
2020年09月23日 21:11
それでも、あなた方は無我を良しとするのか?
地球人
2020年09月23日 21:19
あなた方は無我と成って、自我の苦しみから逃避しようとしてるだけではないのか?
カムイ
2020年09月23日 21:20
無我をあれこれ考えるよりさ、実際に無我になったらわかるやろ。
地球人
2020年09月23日 21:29
>無我をあれこれ考えるよりさ、実際に無我になったらわかるやろ。

無我の歴史経緯を語ったのです。

わたしは自我はあるので・・・

無我のカムイさんはどうなの? 実際のところは?
カムイ
2020年09月23日 21:42
俺も無我を心がけてるけど、自我あるよ
地球人
2020年09月23日 21:42
わたしは唯一無二の自我、自己を大事にします。
地球人
2020年09月23日 21:49
例えば、

戦争が始まった。 躊躇なく、戦士となって戦場に向います。

嵐に遭う時節には、遭うがよく候!?
地球人
2020年09月23日 22:21
この句を詠んだ良寛は、間違いなく逃亡したでしょう。
地球人
2020年09月23日 22:27
何故なら、良寛は権力、政府の犬となって支援金を得た曹洞宗に嫌気がさして、乞食僧になったのです。
地球人
2020年09月23日 22:39
坐禅をして、煩悩、我執に気づくのは、自我自己ではないですか? 

地球人
2020年09月23日 22:51
人は他の動物と違って、自己に対しても客観できるのです。
地球人
2020年09月23日 23:08
誰の気配も感じないので失礼します。笑
snow
2020年09月24日 05:58
地球人さん。

>それでも、あなた方は無我を良しとするのか?

もともと誰でもが無我なんですよ。
無我になろうとするのではなく、もともとが無我だったのだな、と気づく。
それが大切なんです。
そうすると、逆に主体的になるんです。
このことについてはもう何度も言っています。

地球人さんの場合、まず、自我という言葉に囚われず「自己意識(観照意識)」を育んだほうがいいようですよ。
つまり。坐禅の際の静かなる意識、それを日常生活でも忘れない、静かなる意識が本体であること、思考はそこに流れてくるだけのものであること、を忘れないように過ごしていると自己意識が定着してきます。

それが完全に定着しきると、もともと無我だったのだけれど、現れてはいなかった無我が表面に出てきます。
そうすると、主体的ということになっていきます。
snow
2020年09月24日 07:17
ふと気づいたのですが・・。
私がさきほど書いたものは、十牛図の流れと偶然にも一致してますね。
自画自賛してるわけではないんですが、偶然にもそうだな、と。

(もちろん、私が書いたものが十牛図解釈の正統、正しいものだと言っているのではないです。)

2020年09月24日 07:28
うーん^_^

スノウさんもなかなかやな^_^
勘太郎, 死に特別な死はない。
2020年09月24日 07:40
〉最後は、誰もが皆、独りで死にます。

〉死を共有することはできない。 


死にたくはないけれど、死ぬのが楽しみです。
共有することができないどころか、全く同じカタチ(道)をなぞって死んでゆく。1列に並んで、行進して死んでゆきます。
個々個性が輪廻するとは思いませんので、海の波が崩れ落ちるのを想像します。波は並んで次々に崩れて終わります。一つの波は、二つではないので、共有できないかもしれませんが、皆さん全く同じく死にます。

 追伸 地球人さんは よく書き込みのおわりに 笑と付け加えます。これは書き込んだ文と読んだ人行為の価値を抜いてしまいます。風船に穴を開ける事です。どんな恥ずかしい稚拙な文でも力を込めて書き、最後に。をつけて蓋をします。書き込んで失敗したと思うときも多いですけれども、そこは決の穴に力を込めて我慢します。
みゅう
2020年09月24日 07:42
snow さん
 
無我、自我、、他我、、、「我」の意味があってもよいかと、、

snow
2020年09月24日 08:23
みゅうさん。

>無我、自我、、他我、、、「我」の意味があってもよいかと、、

う~ん。。おっしゃる意味がわかりません。 すみません。
地球人
2020年09月24日 08:24
>>それでも、あなた方は無我を良しとするのか?

>もともと誰でもが無我なんですよ。
無我になろうとするのではなく、もともとが無我だったのだな、と気づく。
それが大切なんです。
そうすると、逆に主体的になるんです。
このことについてはもう何度も言っています。

具体的に、無我とは何ですか?

>地球人さんの場合、まず、自我という言葉に囚われず「自己意識(観照意識)」を育んだほうがいいようですよ。
つまり。坐禅の際の静かなる意識、それを日常生活でも忘れない、静かなる意識が本体であること、思考はそこに流れてくるだけのものであること、を忘れないように過ごしていると自己意識が定着してきます。

はい、坐禅をしてます。

>それが完全に定着しきると、もともと無我だったのだけれど、現れてはいなかった無我が表面に出てきます。
そうすると、主体的ということになっていきます。

無我が表面に出るとは、どういうことなんですか?

例えば、ご自身の体験で説明してください。

わたしは頭が悪いで、具体的に説明してもらわないと理解できないのです。



地球人
2020年09月24日 08:58
>〉最後は、誰もが皆、独りで死にます。

>〉死を共有することはできない。 

>死にたくはないけれど、死ぬのが楽しみです。
共有することができないどころか、全く同じカタチ(道)をなぞって死んでゆく。1列に並んで、行進して死んでゆきます。
個々個性が輪廻するとは思いませんので、海の波が崩れ落ちるのを想像します。波は並んで次々に崩れて終わります。一つの波は、二つではないので、共有できないかもしれませんが、皆さん全く同じく死にます。

何故、死ぬのが楽しみなのですか?

死を共有することができないとは、一緒にあの世に逝けないとのことです。

> 追伸 地球人さんは よく書き込みのおわりに 笑と付け加えます。これは書き込んだ文と読んだ人行為の価値を抜いてしまいます。風船に穴を開ける事です。どんな恥ずかしい稚拙な文でも力を込めて書き、最後に。をつけて蓋をします。書き込んで失敗したと思うときも多いですけれども、そこは決の穴に力を込めて我慢します。

あまり意味がないのです。癖なのです。
人と会って話てもつい、笑うというか、微笑んでしまいます。

誤解を与えるから、止めたほうがいいというのであれば、止めます。笑







snow
2020年09月24日 08:59
地球人さん。

>具体的に、無我とは何ですか?

地球人さん独自だけでは生きていられない、ということ。
つまり、何か他のものが存在しているがゆえに地球人さんがある、ということ。

>>地球人さんの場合、まず、自我という言葉に囚われず「自己意識(観照意識)」を育んだほうがいいようですよ。
つまり。坐禅の際の静かなる意識、それを日常生活でも忘れない、静かなる意識が本体であること、思考はそこに流れてくるだけのものであること、を忘れないように過ごしていると自己意識が定着してきます。

>はい、坐禅をしてます。

坐禅している時の静謐な意識を日常生活でも保つように。
それが本体であることを忘れないように。

>>それが完全に定着しきると、もともと無我だったのだけれど、現れてはいなかった無我が表面に出てきます。
そうすると、主体的ということになっていきます。

>無我が表面に出るとは、どういうことなんですか?

>例えば、ご自身の体験で説明してください。

あらゆるものからの恩恵を受け生きている自分というのを実感します。
個別の命というのはなく、すべての命は一つ、繋がり合っていて分離していないということからの言動になっていくようです。
私はまだ、途中ですけどね。
途中でないなら、地球人さんにいろいろ伝えるにしても、もっとエレガントに伝えられる(傷つけない配慮を自然にしつつ)と思います。

言葉というのは、人類の発展を見てもわかるように後付けです。
まず、体験・経験があり、それに対して言葉によって名称がつけられていきます。
ですので、まずは、体験・経験から入って、無我とはこういうことなんだ、という実感としていくというのが筋だと思います。

はっきり言いますけど。地球人さんは、愚さんのブログに依存しすぎです。
むやみやたらに投稿しても何もならないですよ。
まずは、「本体」としてある、ということをされてほうがいいと思います。
そうすれば、ブログ依存もしなくなるでしょう。

すみません。今日はもう見ませんので、返事は今日はできません。
地球人さんも、依存していないで「本体としてある」をされてみたほうがいいでしょう。
地球人
2020年09月24日 09:25
譬えると、自我は恒常なのですが、鏡を見てない時は無我で、鏡を見ている時が自我です。

地球人
2020年09月24日 10:00
>>無我が表面に出るとは、どういうことなんですか?

>>例えば、ご自身の体験で説明してください。

>あらゆるものからの恩恵を受け生きている自分というのを実感します。
個別の命というのはなく、すべての命は一つ、繋がり合っていて分離していないということからの言動になっていくようです。
私はまだ、途中ですけどね。

つまり、自己が他者と葛藤が無い時ですね。
でも、恒常で葛藤が無いのは理想です。

>途中でないなら、地球人さんにいろいろ伝えるにしても、もっとエレガントに伝えられる(傷つけない配慮を自然にしつつ)と思います。

そんな傷つきやすい自我ではないので気にしなくていいです。
バンバン、自己の意見を言ってください。
掲示板は議論の場ですから、他者の言葉をを気にしていると議論にならないです。議論と関係ない誹謗中傷の言葉はアウトですが・・・

>言葉というのは、人類の発展を見てもわかるように後付けです。
まず、体験・経験があり、それに対して言葉によって名称がつけられていきます。
>ですので、まずは、体験・経験から入って、無我とはこういうことなんだ、という実感としていくというのが筋だと思います。

体験、経験を言語で表現しないとと理解できないでしょう。

>はっきり言いますけど。地球人さんは、愚さんのブログに依存しすぎです。
むやみやたらに投稿しても何もならないですよ。
まずは、「本体」としてある、ということをされてほうがいいと思います。
そうすれば、ブログ依存もしなくなるでしょう。

依存と言われば、そうです。笑
愚さんのブログはともかくおもしろいのです。
常連さんも面白いし、、行きつけの飲み屋みたいもんです。笑
snowさんのブログ?を貼って頂ければ、顔を出しますが、おかみさんに出入り禁止になるのではないかな。苦笑

>すみません。今日はもう見ませんので、返事は今日はできません。
地球人さんも、依存していないで「本体としてある」をされてみたほうがいいでしょう。

生活に支障が出たら止めますが、アルチュウですかね。笑
地球人
2020年09月24日 10:26
議論は肯定、否定ではなくて、他者の真意が分かれば終了です。

それ以上、しても良いことはない。意志の統一は無駄です。
地球人
2020年09月24日 10:34
飲み屋とか、アルチュウとか、抽象ですので誤解のないように、

わかってますよね。笑

私もアル中です。
2020年09月24日 15:06
仕方がないですね。御同輩様。
インドでは。再びこの世に生まれてこない事が願いだと聞きます。これは生きる事は辛いので、産まれたくないのでしょう。インド人と同じで、私は死ぬのが楽しみです。

 とは言っても、死ぬ夢を見て、孤独感?で脂汗を流して飛び起きた事もあります。死にたいと思ったり、死ぬのは恐ろしいと感じたりその時々でころころ変わります。
2020年09月24日 23:21
心解脱^_^

遠離やな^_^
地球人
2020年09月25日 00:21
わたしは幸い、アセトアルデルヒトを分解する能力が弱くアル中になれませんでした。

死に関しては確信してます。生体の死滅と同時に実体が無い自我意識現象は消滅します。

地球人
2020年09月25日 00:34
ですから、縁起無我でもなく自我が消滅した覚者は、死に対して何の恐怖も想いもなく安らかに臨終を迎えることができるでしょう。
地球人
2020年09月25日 00:39
何故、縁起無我では駄目なのか? それは、縁起無我でない自我自己を立ててしまうからです。
地球人
2020年09月25日 00:57
別の言い方をすると、宇宙の物理現象があるだけだと、真から認識すると死生観は消滅することになります。
地球人
2020年09月25日 01:14
縁起無我でも、他者は自己なのだから、人としての自己の生命は続くことにはなる。笑
地球人
2020年09月25日 01:21
他者を認識するから自己の意識が生じます。

つまり、他者を認識できなければ、自己の意識も生じない。
地球人
2020年09月25日 01:29
自我自己の根拠は物を認識してるだけである。
地球人
2020年09月25日 01:34
物を認知する知能が無くなると自我意識は消滅します。

重度の認知症ですね。
地球人
2020年09月25日 01:38
生きながら自我が死滅します。
2020年09月25日 06:04
仏教かじってると分かりやすいんだよなー^_^

これが^_^
2020年09月25日 07:42
うん?

やばい^_^

オウムの道を辿ってる感がする^_^
地球人
2020年09月25日 08:02
ありのままにしていれば、自他不二で平常です。

喜怒哀楽はそのままにして、心を働かせない。

地球人
2020年09月25日 09:22
しかし、自我が働かないことはないから、理性を身に付ける。
地球人
2020年09月25日 10:18
自我がないと物を認識、認知できません。

此処に、愚さんとの相違があるのかな?

意識しなくても、自我が適当でなければ自己でもいいですが働いています。

地球人
2020年09月25日 10:31
例えば、

外から家に帰って来て、食道のテーブルの上にリンゴがあった。

即、「ああ旨そうだ。食べたいな!」にはならない。

地球人
2020年09月25日 11:08
自我は英語に訳すとエゴだからね。

国語辞典から、哲学では、「他のものに相対して存在する自己」の意味なので使っていたが、誤解があるのでは、「自己」が適当かな。

地球人
2020年09月25日 11:12
禅は一元論だから、相対は無いのだよね。
地球人
2020年09月25日 11:17
しかし、相対しないとリンゴを、物体を認識、認知できない。
2020年09月25日 11:55
自我の正体を参究せよ^_^
地球人
2020年09月25日 12:08
鏡に映る人が私自身であると分かるのは相対しているからです。

待てよ、、鏡は私自身を映す媒体であると知っているからだね。

それにしても、映っているのは、私の身体にすぎない。

私の意識は頭脳の働きで生じるわけだが、私は生まれてから今、此処の因果の記憶の同一性に因って生じている。他者は他者の因果の記憶の同一性によって生じている。その因果の記憶の相違である。

無意識も含めて意識の始まりはオギャーと生まれた時点から生じる。やがて、物を認知できる意識になると自己が生じる。その意識が私の始まりです。他者の意識の経緯はどうか?全く同じである。

時系列の因果の体験記憶の相違が自己と他者のそれぞれの「私」を形成する。

因縁生起の無我の経緯であるが、無我とは私、自己の実体は無いとの意味である。