> その問いとは「夢/現実」についてです。
>
> 私は昔から比較的夢をよく見る方で、それもリアルな夢を見る方だと思います。リアルでビビッド(vivid)な夢をよく見ます。それは殆どが悪夢です。つまり、不快で苦しい夢です。
>
> 例えば、津波に飲まれ大海の一部となってしまった街で必死に泳ぐ夢だったり、私を殺そうと襲いかかってくる人間からなんとか逃げ、最終的にその人間を刀で脳天から斬ってしまう夢だったり、車の助手席に座っていて、友人が事故を起こしてしまう夢だったり、砂一面の渦に飲み込まれてしまう夢だったり、その他いろいろです。
>
> 夢には当然のことながら映像があり(目を閉じているにも拘らず)、また思考があり、「意志」があります。
> 夢に於いて、必死に思考し、あれこれ考え、行動します。それが夢であると気付けば、夢に於いてそれらの体験をよそよそしく突き放して見ることが出来るだろうか、と目覚めた後考えてみたりするのですが、残念ながら夢に於いてそれが夢であると気付いたことはありません。
>
> 夢に於ける「知覚」、「感情」、「意志」は非常にリアルで切実なものです。特に、夢に於ける「意志」が興味深いです。
> といいますのも、その夢に於ける「意志」は、現実と呼ばれるこの世界に於ける「意志」と同じくらい切実な体験だからです。
>
> 勿論、朝目覚め、見た夢を振り返ってみるとその体験はぼんやりしています(遠い過去の記憶のようなぼんやり感です)。
>
> 併し、それがリアルであったことは間違いありません。
>
> 私は夢に於いて人を刀で斬ってしまいましたが、当然のことながら、そのことのために私が殺人罪で訴えられることはありません。なぜなら、この現実で実際に人を斬った訳ではないからです。
> 併し、一体あれはなんだったのか。夢とはそもそも何なのかという疑問がふつふつと湧いてきます。
>
> 「夢など幻覚に等しい熟考するに値しない虚偽の経験だ」と言い捨てることもできましょうが、私はそうは思えません。
> また、「夢は夢分析、精神分析に任せればよいではないか」という考えも個人的には嫌なのです。勿論、それはそれとして大変有益でしょうが、極端に言ってしまえば、それはあくまでも一般通念的世界認識に基づいているからです。つまり、夢/現実の確固たる線引きに基づいているからです。現実から夢を分析し、解釈していくという立場に基づいています。
>
> 私が問いたいのは、夢/現実の区分そのものであり、夢に於ける「思考」と現実に於ける「思考」の違いの解釈であり、延いてはそもそも「現実」とは何なのかということだからです。
>
> この身体が活動を停止すれば、この「現実」と永遠におさらばしなければなりません(と一般的に考えられています)。
>
> 「夢は虚偽の体験であり、現実は本物の体験である」、「夢に於ける意志と現実に於ける意志には決定的な差がある」等々と一般的には言われるかもしれませんが、
>よくよく考えてみれば、確固たる存在性を持っていると言われるこの「現実」も、必ず訪れる死という点(?)から考えれば、何かそこまで確固たるものではないような気が時々します。(「時々」と言いましたのは、このような実感を常に持っている訳ではないからです。そのように考える時以外はこの「現実」になんの疑問もありません。)
>
> 愚さんの仰るように、今、世界を見ている者(認識主体)が、一般に考えられているような〈私〉(=自我)ではなく、未知なるもの(知り得ない何か)であるとすれば、
>矢張り、夢を見たのもその知り得ない何かだったのでしょうか?
>
> 一体、誰(who)が夢を見たのか。何(what)が夢を見たのか。
>夢と現実とはそもそも何なのか。
>
> 死ぬのは誰なのか。Villageなのか。〈私〉なのか。それとも……。
>

適切なレスになっているとは思いませんが、わたしの夢に関する感じはこうです・・・・

眠っているとき、脳は昼間に起きた出来事で、矛盾があることを、解消しようとしているんだと推測します。つまり、ネットワークの組み換えをやっているんじゃないかなと思っています。このときに、夢を見るのだと・・・・

そして、夢に特徴的なことは、自我意識、自意識がないということです。ただ、情景が展開してそれに自分が対応しているだけです。常に、意識の背後で、自意識・・・唯識でいえば、末那識・・・・が、働いているのですが、睡眠中は、それがストップするようなのです。

この自意識は、目覚めているとき、無意識に蓋をして、無意識が意識化されないようにブロックしています。ですので、無意識と意識の間にギャップが生じ、両者の間に葛藤を起こしています。ですから、睡眠中に無意識は意識とつながりあい、ネットワークの組み換えをやっているようです。

この自意識がない夢の働きを、禅僧は、大夢、と呼んだようです。ですから、日常を、夢のように送れればいいわけです。

クリシュナムルティなんかだと、食べすぎとかを除いて、夢は見ない、といいます。別の言い方をすれば、目覚めている間に、矛盾を起こさないから、睡眠中調整する必要がないんだ、ということでしょう。禅に関していえば、夢を題材にした公案もありますし、前述した大夢というのもありますから、否定されてはいないでしょう。

ここで、三昧、瞑想ということがでてくるわけですが、これは、坐禅とかやってるうちに、自意識の活動が穏やかになり、思考に対して、リフレクションしなくなるわけです。これは夢と同じような効果があり、ネットワークの組み換えを効率的に行うようなのです。

夢と現実についてですが、区別は難しいですね。自我は現実か?、他者は現実か?、数は現実か?速度は現実か?温度は現実か?時間は現実か?とか、考えると、わからなくなります。意識、思考のつくりあげるものを現実といえば、夢も現実でしょうね・・・・

また、金剛経だったか、一切の有為の法は、夢、幻、泡、影のことく、また雷(いかづち)の如し、かくのごとくの観をなすべし、とかいうのがありましたが、要するに、世界そのものを夢幻と見なせ、ということですが、そうだとすれば、あらゆるものが夢でしょうね・・・・

夢を見ている主体はなく、ただ夢があるだけでしょう。仮に、真我とか神とかいう言葉を使えば、夢は真我であり、真我がそれを見ているということになります。

死ぬものは、「わたし」というイメージでしょう。つまり、イメージがなくなるだけですから、死ぬものはないということになります。

睡眠、夢、無意識、ここら辺のところは、よくわからないですね・・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

地球人
2020年04月15日 00:38
>死ぬものは、「わたし」というイメージでしょう。つまり、イメージがなくなるだけですから、死ぬものはないということになります。

いや、人は肉体が「私」だと思ってるのです。
地球人
2020年04月15日 01:33
昔の人は霊魂の存在を信じていましたが・・・

現代科学においては頭脳が死滅すれは自我の意識が消滅することを疑う人はいないでしょう。

みゅう
2020年04月15日 07:52
>眠っているとき、脳は昼間に起きた出来事で、矛盾があることを、解消しようとしているんだと推測します。つまり、ネットワークの組み換えをやっているんじゃないかなと思っています。このときに、夢を見るのだと・・・・


 つまり、夢を見るのはその日の体験を振り返り日記を付けるようなものかと。振り返るのはメモ帳であり、過去の日記であり、それらを通して”現実”を再確認しながら辻褄が合うように今日の日記を記すということでしょうか。

 なるほど、夢は、記憶の再構築といえると思います。ただし、このネットワークの組み換えは、脳だけに刻まれたものではないように思います。


>そして、夢に特徴的なことは、自我意識、自意識がないということです。ただ、情景が展開してそれに自分が対応しているだけです。常に、意識の背後で、自意識・・・唯識でいえば、末那識・・・・が、働いているのですが、睡眠中は、それがストップするようなのです。

 
 睡眠時の認識を覚醒時と比べると仏教でいうところの五根からの感覚が制限されているようです。だとしたら統覚にも制限があって当然だと思います。夢の中で記憶を思い起こしたときそこから連想して、、、というような心の働きは覚醒時に比べて弱いと思いますが、悪夢でみられるように、記憶そのものにたとえば自我意識、自意識の働きがすでに強くきざみこまれていることも大いにあると思います。


どうでしょうか。

  


 
地球人
2020年04月15日 10:59
坐禅をしてる人は夢をあまり見ないでしょう。

坐禅で自我の葛藤を解消してるからだと考えます。
地球人
2020年04月15日 11:26
私の煩悩は多寡が知れていて、坐禅をすれば消滅します。笑
通行人
2020年04月15日 11:36
単なるエゴイズムだろう。^^
地球人
2020年04月15日 11:47
単なるエゴもくそもない。

エゴはエゴだ。笑
2020年04月15日 17:12
恋愛してるときとか,誰かをあいしてるとき、目覚めていても夢を見てるような感じですね。

夢というとネガティヴな響きがしますが、あいするひとたちは、そうでない人よりはるかに鋭敏で、また恐怖をしりませんね。

あいがない人は恐怖でいっぱいですね。
2020年04月15日 17:15
人々は批評といふ言葉をきくと、すぐ判断とか理性とか冷眼とかいふことを考へるが、これと同時に、愛情だとか感動だとかいふものを、批評から大へん遠い処にあるものの様に考へる、さういふ風に考へる人々は、批評といふものに就いて何一つ知らない人々である。

この事情を悟るには、現実の愛情の問題、而もその極端な場合を考へてみるのが近道だ。(……)

恋愛は冷徹なものぢやないだらうが、決して間の抜けたものぢやない。それ処か、人間惚れれば惚れない時より数等利口になるとも言へるのである。惚れた同士の認識といふものには、惚れない同士の認識に比べれば比較にならぬ程、迅速な、溌剌とした、又独創的なものがある筈だらう。(……)

理知はアルコオルで衰弱するかも知れないが、愛情で眠る事はありはしない、寧ろ普段は眠つてゐる様々な可能性が目醒めると言へるのだ。傍目には愚劣とも映ずる程、愛情を孕んだ理知は、覚め切つて鋭いものである。(小林秀雄「批評について」)
Village beside a mountain stream
2020年04月17日 20:47
愚 さんへ

夢に関する回答をありがとうございます。以前から問いたいと思っていた主題だったので、回答をいただくことができて嬉しいです。大変参考になります。


>眠っているとき、脳は昼間に起きた出来事で、矛盾があることを、解消しようとしているんだと推測します。つまり、ネットワークの組み換えをやっているんじゃないかなと思っています。このときに、夢を見るのだと・・・・

私の夢はたいそう物騒なものが多いですから、相当な矛盾が在るのでしょう。小学生の頃から悪夢をよく見るようになったので、そのころから矛盾に苦しんでいたのでしょう。思えば、確かにそのころから日常の矛盾に苦しんでいました(世の建前と目の前で繰り広げられる世界の矛盾)。


>そして、夢に特徴的なことは、自我意識、自意識がないということです。ただ、情景が展開してそれに自分が対応しているだけです。

これはまさにその通りです。自我意識はありません。夢に於いては必死に状況に対応しているだけです。目覚めた後、自我意識が生まれ、夢を振り返ります。


>この自意識は、目覚めているとき、無意識に蓋をして、無意識が意識化されないようにブロックしています。ですので、無意識と意識の間にギャップが生じ、両者の間に葛藤を起こしています。ですから、睡眠中に無意識は意識とつながりあい、ネットワークの組み換えをやっているようです。

自分は自分のことを知っていると思い込んでいますが、意識化されていない広大な広野が唯識でいえば阿頼耶識としてあるのですね。夢をコントロールできたらよいのに、と思うことがよくあるのですが、どうやっても無理です。阿頼耶識は己の狭い自我意識(末那識)を超えているので、コントロールするのが無理なのは当然かもしれません。


>この自意識がない夢の働きを、禅僧は、大夢、と呼んだようです。ですから、日常を、夢のように送れればいいわけです。

>クリシュナムルティなんかだと、食べすぎとかを除いて、夢は見ない、といいます。別の言い方をすれば、目覚めている間に、矛盾を起こさないから、睡眠中調整する必要がないんだ、ということでしょう。禅に関していえば、夢を題材にした公案もありますし、前述した大夢というのもありますから、否定されてはいないでしょう。

なるほど。


>ここで、三昧、瞑想ということがでてくるわけですが、これは、坐禅とかやってるうちに、自意識の活動が穏やかになり、思考に対して、リフレクションしなくなるわけです。これは夢と同じような効果があり、ネットワークの組み換えを効率的に行うようなのです。

自意識がひとりでに沸き上がってくる思考に対して、リフレクション、リアクションしているのですね。確かにそうです。愚さんがいつも仰るように感情をただ味わえばよいのに、感情を自意識で抑え込むなり、制圧しようとしたり、コントロールしようとしたりしてしまいます。このリフレクション、リアクションが癖になっています。私はこの構造をもっと反省する必要があるようです。禅をするのが一番なのでしょうが。


>夢と現実についてですが、区別は難しいですね。自我は現実か?、他者は現実か?、数は現実か?速度は現実か?温度は現実か?時間は現実か?とか、考えると、わからなくなります。意識、思考のつくりあげるものを現実といえば、夢も現実でしょうね・・・・

>また、金剛経だったか、一切の有為の法は、夢、幻、泡、影のことく、また雷(いかづち)の如し、かくのごとくの観をなすべし、とかいうのがありましたが、要するに、世界そのものを夢幻と見なせ、ということですが、そうだとすれば、あらゆるものが夢でしょうね・・・・

普段は現実と夢の区別など考えないのですが、死を考えると、また不思議となぜか誕生し生きていることを考えると、一切はもしかたら夢のようなものなのか、と考えてしまうことがあります。過去を考えるとそのような感慨はひとしおです。というのも、過去は夢のようにぼんやりしていて、在るとも無いとも、なんとも言えないような対象だからです。


>夢を見ている主体はなく、ただ夢があるだけでしょう。仮に、真我とか神とかいう言葉を使えば、夢は真我であり、真我がそれを見ているということになります。

脳を含むこの身体が夢を見ているのでもないのでしょうか?(この質問はすでに先日の講義でしました。)このような言い方になりますのも、一般には、脳が夢を見ているのだ、と考えられていますから。
併し、この脳を含む身体も自然(Nature)の無限の因果に依って成り立っていますから、この身体だけを自然から取り出して、それ自体として考えることは間違っているのでしょう。
ここのところは、まだ私の考え不足です。


>死ぬものは、「わたし」というイメージでしょう。つまり、イメージがなくなるだけですから、死ぬものはないということになります。

いつも愚さんの講義を拝聴していますから、頭では、理屈では、理解するのですが、ここが超えられません。ここさえ、超えることができれば、無我への気づきになるのでしょうが。なんとも、超えられません。
先日の愚さんの講義に勇気づけられました。自灯明法灯明の実践あるのみ。


大変参考になりました。どうもありがとうございました。