逃避・・・・死、孤独

>愚 さん
>
>>The path to heaven lies through heaven, and all the way to heaven is heaven.
>
>>天国に至るプロセス自体が天国そのものだ、ということでしょうが・・・・
>
>>手間もかかるし、骨も折れますが、どうもほかに道はないようです
>
>はい。以前は他にも道はあるはずだ、と思っていましたが、愚さんの講義を拝聴していると他に道が無いことが分かってきました。
>
>解決が原理的につかないならば、絶望して最終的に自殺してしまうかもしれませんが、解決がつくならば、死ぬ必要はない。これは救いです。
>歴史を通してこれまでたくさんの人が死んでしまったのではないかと考えるのですが、この一点が納得できれば、思いとどまることができます。(死んでしまった人は縁で死すべく死んでしまったのかもしれませんが、そうであったらなんとも酷いことだと思ってしまいます。私は運良く(縁良く?)生きています。)
>言葉は誤解されることも多いし、実際よく分かっていない人が変なことを言いますから、本当に分かっている人は賢明に口を閉ざしているかもしれませんが、たとえ誤解されようとも愚さんのように我々凡夫に訴えてくれることは有難いことです。
>傲慢な態度かもしれませんが、多くの宗教家の言説は説得力がありません。言葉は言葉としてありますが、言葉を支える実体験がないからでしょう。これでは、悩める者が宗教それ自体を軽蔑してしまいます。宗教家の多くは良い人なのでしょうが、それ以上でも以下でもないということがあり過ぎるのではないか、と以前から疑問です。悩みが分かってもらえないのです。
>
>しかし、他人のことは一先ずどうでもよい、というのが救いを求める者の本来あるべき態度なのでしょう。多くの宗教家に対するこれまで自分がなしてきた批判も自己逃避であり、自己満足だったのだと反省しています。

こういうことでいいと思うのですが、ひとは、二重の逃避をします。

名誉、見栄、善良であるという自己イメージ、財産、プライド、ああだこうだを、自分の周りに作ります。そして、自分はそういう人間であると自己暗示をかけます。

それらは、あるがままの自己からの逃避です。あるがままの自己とは、敵対的で、自己中心的で、怒りっぽく、貪欲で、社会的には悪と思われているものです。

そして、このあるがままの自己の背後には、不安定があります。安定したいんです。孤独、死、未来の不定、という不安定から、安定を求めます。

この安定は絶対に得られません。人は遅かれ早かれ死ぬからです。孤独です。この欲求不満から、安定を求め、もがきます。エゴイズムです。自己中心性です。

死、孤独からの必死の逃避です。これが二つ目の逃避です。

死、孤独、これが本質です。これがわたしたちの正体です。自我の精髄です。

そこで、この死、孤独というものに入っていきます。入っていくといっても特別なことではありません。自分の孤独を、その感覚を、ひとりぼっちで、なにもかも頼りにならない・・・死の感覚を、味わっていくわけです。

これはやってみればわかりますが、最初はとまどうかもしれませんが、味わってみれば、それほど怖いものではありません。ある種の肉体的感覚があるだけです。その感覚になり切っていきます。

死を知ることはできませんが、死になることはできます。
死を知ることができないので、それを恐れ、逃避してきたわけです。この逃避を止めます。

すると、奇跡的な?逆転が起きます。安定があります。

なんてことはない、そもそもが安定していたんです。死や孤独は安定なんです。

死や孤独は、無前提に約束されているものですから、なにものもこの安定を壊せません。

このメカニズムの全体を、善悪を交えず、機械的に理解し、そのあるがまま、日常の自我のあるがままを見ていき、実感し、そして、超えていけばいいわけです。

これは、宗教的とか言うより、むしろ、科学的なものだと思います。必要なのは、あるべき自己になるというより、自己の現状を見て、理解していくことだと思います。

そのために、逃避を止めればいいんです。止めるために、坐禅とか利用すればいいと思います。

これがアプローチのひとつだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

地球人
2020年03月29日 18:38
>死を知ることはできませんが、死になることはできます。
死を知ることができないので、それを恐れ、逃避してきたわけです。この逃避を止めます。

自殺は死の逃避でしょう。

>なんてことはない、そもそもが安定していたんです。死や孤独は安定なんです。
>死や孤独は、無前提に約束されているものですから、なにものもこの安定を壊せません。

此処に気づく人は中々いません。

>このメカニズムの全体を、善悪を交えず、機械的に理解し、そのあるがまま、日常の自我のあるがままを見ていき、実感し、そして、超えていけばいいわけです。

悟りです。 自我に支配されてる限り難しい。

坐禅の止観でありのままの自我を視ることができれば可能でしょう。

要領は鏡に映る自己をありのままに客観するように・・・









通行人
2020年03月29日 19:07
自我の終焉! 自我の現代社会では難度高いわ。^^
2020年03月29日 20:18


>地球人さん
>
>>死を知ることはできませんが、死になることはできます。
>死を知ることができないので、それを恐れ、逃避してきたわけです。この逃避を止めます。
>
>自殺は死の逃避でしょう。
>
>>なんてことはない、そもそもが安定していたんです。死や孤独は安定なんです。
>>死や孤独は、無前提に約束されているものですから、なにものもこの安定を壊せません。
>
>此処に気づく人は中々いません。
>
>>このメカニズムの全体を、善悪を交えず、機械的に理解し、そのあるがまま、日常の自我のあるがままを見ていき、実感し、そして、超えていけばいいわけです。
>
>悟りです。 自我に支配されてる限り難しい。
>
>坐禅の止観でありのままの自我を視ることができれば可能でしょう。
>
>要領は鏡に映る自己をありのままに客観するように・・・
>
>
その通りだと思います・・・・
地球人
2020年03月29日 21:48
愚さんの動画のお蔭です。
Village beside a mountain stream
2020年03月29日 21:54
愚 さん

なるほど。大変勉強になります。
感想はたくさん山ほど溢れてくるのですが、愚さんの文章の内容が豊かで咀嚼しきれていません。従って、感想の文章を纏めきることがまったく出来ませんでした。私の力不足であります。

実践的且つ理論的な助言をありがとうございます。エッセンスが凝縮された文章です。
この愚さんの言葉を大事にして、実践することに努めます。
Village beside a mountain stream
2020年03月29日 22:01
こちらの不具合がありました。正しい文章は以下のものです。

愚 さん

なるほど。大変勉強になります。
感想はたくさん山ほど溢れてくるのですが、愚さんの文章の内容が豊かで咀嚼しきれていません。従って、感想の文章を纏めきることがまったく出来ませんでした。私の力不足であります。

実践的且つ理論的な助言をありがとうございます。エッセンスが凝縮された文章です。
この愚さんの言葉を大事にして、実践することに努めます。
Village beside a mountain stream
2020年03月29日 22:04
さっき見たときは文章がうまく表示されていなかったのですが…。もう一度見てみると何の問題もありませんでした。同じ文章を二回書いたことになってしまいましたが、お許しください。
カムイ
2020年03月30日 06:08
死はなくならないけど
死の観念はなくなる感じかな
地球人
2020年03月30日 13:34
空っぽはよいのですが・・・空虚、虚無に陥ると鬱病、そして自殺も有ります。
地球人
2020年03月30日 13:56
人生は同じことの繰り返しです。
カムイ
2020年03月30日 16:02
真理とはきっと優しいはず
死も真理なんできっと優しいんだと思う。
地球人
2020年03月30日 22:42
仏教の真理は涅槃寂静でしょう。

何が死ぬのですかね。
通行人
2020年03月30日 23:45
自我!

誰か?生きながら死んだ人を紹介して^^
地球人
2020年03月30日 23:56
私はいない・・無我と言ってる人はけっこういるよ。
地球人
2020年03月31日 00:05
というか・・・無我の気づいてないだけだ。笑
通行人
2020年03月31日 00:15
転ぶと痛いからね。^^
地球人
2020年03月31日 00:17
転ぶと痛いのは皆、同じだろう。笑
通行人
2020年03月31日 00:20
今日、わたしが何をしていたか?わかる?^^
地球人
2020年03月31日 00:29
だから、、、自己が自我は仮象だと悟るしかないのだよ。
カムイ
2020年03月31日 00:32
禅での「なり切る」と「死に切る」は同じ意味らしいです。
ですから生きながら死ぬとは
「生になり切る」ことだと感じます。

通行人
2020年03月31日 00:37
自我が自己に実体が無いと悟るんじゃないの?

自我が気づかないと分からないでしょ。^^
カムイ
2020年03月31日 00:43
生死と対立させる事が迷いのようです。
生きながら死ぬとは生死の対立がない。
道元禅師の言葉をかりますと
前後裁断・・・つまり生は生のみであり、死は死のみである。
とか言われてますね。
地球人
2020年03月31日 00:46
>禅での「なり切る」と「死に切る」は同じ意味らしいです。
ですから生きながら死ぬとは
「生になり切る」ことだと感じます。

その時は、自我を忘れてるだけではないですか?

夢中になってる時です。でも、その時は自覚が無い。
カムイ
2020年03月31日 00:50
わたしは死ぬ一秒前まで今を生きて、一秒後にコテンといこうたくらんでます。
通行人
2020年03月31日 00:53
生死は二元論。

しかし、自己は自己の死を確認できないので一元です。

地球人
2020年03月31日 01:01
>わたしは死ぬ一秒前まで今を生きて、一秒後にコテンといこうたくらんでます。

即今も自我が有ると考えますが、それでいいんじゃないですか。
地球人
2020年03月31日 01:07
>しかし、自己は自己の死を確認できないので一元です。

自我が自分の死を物理的に確認できない。
でも。他人の死で確認できる。

まあ、肉体が自我だと認知してることになるが、笑

カムイ
2020年03月31日 01:15
何故、いい悪い、善悪、好き嫌い、生死などが出来るかと言うと、
「今」の事なのに過去を持ち出してるのが原因かと思われます。
「今」ってのは一つのものなのに過去を用いて二つに別けてる。
例えるならば、一つのリンゴを食べてまずいうまいと言ってる訳です。
法と呼ばれるものは「今という刀」です。
なんで、今以外のものを法で切ってく訳です。
通行人
2020年03月31日 01:16
諸行無常、色即是空、五蘊皆空 悟るしかない。^^
地球人
2020年03月31日 01:21
>何故、いい悪い、善悪、好き嫌い、生死などが出来るかと言うと、
「今」の事なのに過去を持ち出してるのが原因かと思われます。

そうではなくて、自我と他我が二対があるからでしょう。
地球人
2020年03月31日 01:27
禅思想は独我論の一元界だから、自他、現在過去・・・が存在しない。
地球人
2020年03月31日 01:27
禅思想は独我論の一元界だから、自他、現在過去・・・が二元が存在しない。
地球人
2020年03月31日 01:30
禅思想は自他不二ではなく、自己の一元界でしょう。
カムイ
2020年03月31日 02:05
思想ってのも法で切って行くわけです。
禅ってのは思想を切っていく方向なんで
禅思想とかありえないです。
地球人
2020年03月31日 02:45
なるほど・・・一元界は思想ではない。
地球人
2020年03月31日 02:51
ところで、他者はどのように見えるのですか?
地球人
2020年03月31日 02:59
つまり、他者は相対して独立して存在するのか? それとも、自己の範疇で存在するのか?
地球人
2020年03月31日 04:00
禅の独我の世界では自己にとって他者は勝手な言動する嫌な存在の異物でないか?

あるいは、他者も独我の世界だから相互理解は難しいと考え無視するか、又は容認して干渉しない。





カムイ
2020年03月31日 05:58
禅は他者より自分を知ることから始めます。
とくにあなたはそうした方がいい。
カムイ
2020年03月31日 06:04
自分を知れば他者も見えるようになります。
カムイ
2020年03月31日 06:20
地球人さんは坐禅をされているようですが
それは大変素晴らしいことなんですが
どうも、間違った坐禅をしているように感じられます。
地球人
2020年03月31日 09:35
坐禅はしています。その結果が以上の禅の世界観の考察となりました。

間違ってるのであれば、その考察の何処が何が間違っているか指摘して頂ければありがたい。
カムイ
2020年03月31日 09:56
書いても反論するだけに終わると思いますが書きますね。

坐禅会、接心会に行くとだいたい最初は坐禅中は数を数えるよう指導されます。
これだけをするのが正しい坐禅です。
これ、難しいです。だいたい三つ数えたあたりで数から離れてます。
要するに違うこと思い描いてます。
で、気がつけばまた数を数える。
これ、坐禅の入門用のように思われがちですが、長年坐禅やってる人でも難しいんじゃないかな。
わたしは数のかわりにひと息ひと息に意識を置いてます。
これも、3息目くらいで息から離れてます。
数なら数を数えるだけ。
これが正しい坐禅です。
カムイ
2020年03月31日 10:01
これを続けることを練ると言うんですが、どこまで練って行けるかです。
地球人
2020年03月31日 10:06
ですから、数息観の世界はどんな世界であるか?尋ねているのです。

自己と他者の関係性は?
カムイ
2020年03月31日 10:25
自己と他者の関係性は?

こういうのを落として数だけになり切って行くのが正しい坐禅です。

地球人
2020年03月31日 10:56
>自己と他者の関係性は?
>こういうのを落として数だけになり切って行くのが正しい坐禅です。

禅の世界観からすれば・・・

自己も他者も居ない自他不二のあるがままの一元界である。

だから、地球人の問いは愚問である。















カムイ
2020年03月31日 11:12
自己も他者も居ない自他不二のあるがままの一元界である。

こういうのも坐禅で落としていきます。
キリがないんでこの辺にしておきますね。
地球人
2020年03月31日 11:40
>>自己も他者も居ない自他不二のあるがままの一元界である。

>こういうのも坐禅で落としていきます。
キリがないんでこの辺にしておきますね。

客観で語るとそうなるのです。

カムイさんは禅者でありストレスなく生きてるようでよかった。

それでは。


通行人
2020年03月31日 12:11
ストレスが無いのはすごいわ!

禅の達人だよ。^^
カムイ
2020年03月31日 12:35
坐禅をしている時と同じ事を日常でもすればいいんだよね。
坐禅で数を数えてるんなら、坐禅してない時でも数を数えてればいい。
坐禅してる時は数を教えて、坐禅を終えたら色即是空がどうのこうのとか頭動かすのはおかしい。坐禅してない時も数を数える。
すると、坐禅してる時としてない時とのギャップがなくなる。
と、最近ひしひしと感じますが、これ、言うのは簡単だけど、いざ実践するとなると超難しい。

地球人
2020年03月31日 12:57
覚者、達人はストレスを感じる自我が無いのでは?
地球人
2020年03月31日 13:03
災難に逢う時節には災難に逢うがよく候
カムイ
2020年03月31日 13:05
実際、車の運転しながら数を数えてられない。
数を数えながご飯食べれない。
どうするかって言うとご飯を食べる時はご飯を食べる事に意識を置く。
もっと細かく言うと
箸を動かす時は箸に意識を置き、ご飯を噛む時は噛む事に意識を置く。
これが道中の工夫
地球人
2020年03月31日 13:14
ゆっくり噛んでいると、味わってる自己、自我が現れないですか?
カムイ
2020年03月31日 13:19
自分で試して下さい
地球人
2020年03月31日 13:23
触覚、味覚、感覚があるから意識するでしょ。
地球人
2020年03月31日 13:33
味わってる、その自己意識、自我は特に問題ないのです。
地球人
2020年03月31日 21:39
ちょっとお聞きしますが、大平さんは楽譜に書いて作曲するのですか?
カムイ
2020年04月01日 10:20
正法眼蔵によると、道元禅師は臨済禅師は凄い人と言ってますね。
これは聞いたことなかった。
カムイ
2020年04月01日 10:57
祖師に共通する所は
命を全うするまで自身も猛烈に修行し続けてるところですね。
カムイ
2020年04月01日 11:04
自分の甘さが恥ずかしくなる。
この祖師達の原動力はなんなんだろ?
この原動力を菩提心と呼ぶのかもしれない。
カムイ
2020年04月01日 11:13
親子の愛と比べものにならないほどの祖師の慈愛から来てるのか
身を持って示しているのか
カムイ
2020年04月01日 11:35
道元禅師はちゃんとこう書いてある。
恥ずかしく思うのなら祖師の恩にこたえなさいと。
カムイ
2020年04月01日 12:13
祖師もそのまた昔の祖師の恩にこたえるべくやってるんだ。
こうやって法が継がれて行くんだ。
地球人
2020年04月01日 13:49
カムイさんは何が引っ掛かるのでしょうか?

世俗社会は「嵐に遭う時には遭うがよく候」に尽きるとおもいます。

地球人
2020年04月01日 13:54
嵐に遭う時節には災難に逢うがよく候。 もとい。
地球人
2020年04月01日 13:58
世俗社会の嵐は避けられないので、心を動かさないで対処するしかありません。
2020年04月01日 14:02
とくに、大作の場合は、紙にペンで書いてからそれをソフトに入力します。
地球人
2020年04月01日 14:14
楽譜は書いてるのですね。

地球人
2020年04月01日 14:18
世俗の嵐、災難も自然の嵐、災難と同じです。
カムイ
2020年04月01日 14:21
この世に生まれて来た事自体が災難
カムイ
2020年04月01日 14:23
いつか死ぬのも災難

さて、どうしたものか
地球人
2020年04月01日 15:50
自然の災難は受け入れるが、人の災難は受け入れらない。見過ごせない。

禅寺で坐禅を組んだりします。 何故、分別するのか?
地球人
2020年04月01日 16:51
コロナウィルスは・・・

天災、自然災でありますが、人から人へ人災でもあります。

世界各国の天災、人災です。 

不謹慎かもしれませんが、神仏からの贈り物か?