ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

宮啓
2020年02月25日 21:24
 「二十歳の自分に聴かせたかった・・」という話が印象に残りました。

 私は、二十歳の頃に、クリシュナムルティに出会いたかった。

 しかし、愚さんが述べるように、出会わずに、茨の道を歩むことも大切なことだったのかもしれませんね。。
2020年02月25日 21:59


>宮啓さん
>
> 「二十歳の自分に聴かせたかった・・」という話が印象に残りました。
>
> 私は、二十歳の頃に、クリシュナムルティに出会いたかった。
>
> しかし、愚さんが述べるように、出会わずに、茨の道を歩むことも大切なことだったのかもしれませんね。。

まあ、終わったことは、終わったことですからね・・・・
地球人
2020年02月29日 01:06
クリシュナムルティの神秘体験は共有できるのですか?

超感覚的体験の日記を読んで断念しました。
お節介な見物人
2020年03月01日 09:41
 我々は、体験が覚者であるとの証明であるかのように決めつける癖があります。ある現象・体験に意味や価値を見出したり認めるということは、意味や価値がある現象・体験以外は必然的に意味や価値がないとしていることになります。
 よく「あるがまま」と言われているのは、今このままで何の問題もないし何もすることはないということではないでしょうか。
 修行僧が血の滲む苦労をしたと自慢気に話すのは「自我」が強かったという裏返しに聞こえます。修行僧の修行は「自我さん」の衝動との闘いかもしれません。何もしないということと一つに集中して他を排除する。(止観)

「自我さん」は常に何かをしていたい何かを掴みたい何かを得たいという衝動で生きているようです。「自我さん」は止まってしまうと存在していないことが見抜かれてしまうので常に動き回っているしかありません。
 経験や体験によって何者かになることはありません。身体が光りだすとか頭にエネルギーが渦巻いて髪の毛がチリチリになるわけでもありません。我々は何かの観念を掴むことで超人になるという「馬鹿らしい観念」から卒業したほうがいいかもしれません。
 答えを得るには問題がなければなりません。「あるがまま」でいいという人には問題があるでしょうか。問題がなければ答えも必要ではありません。

 「神」も人間の作った概念であり、「神」を見たり「神」と話す人などどこにいるのでしょうか。人知で説明できないことを「神」という概念を使うことで説明しているだけです。「野球の神」は「野球」というゲーム出来上がる前からどこかに潜んでいたのでしょうか。人間の力が及ばない悪いことが起これば「悪魔」を持ち出して説明します。人間の都合によって「神」や「悪魔」がお出ましになります。犬猫にも「神」がいるでしょうか。拝んでいる犬をいつの日か見ることができるかもしれません。
 日本の神様に青い目で天然パーマで顎髭をたくわえた神様はいません。紙にイエスや仏陀やマホメットが描かれていたとしても単なる紙であって紙の価値には変わりありません。紙に「除菌」と書いても除菌されるわけではありません。仏像を作ったってただの何らかの形でしかありません。犬や猫にとってどれが価値があるかなどサッパリ分かりません。
 レアアース・金・銀・プラチナ・石油・ウラン・硬貨・・10万年前には何の価値もありません。2年前にマスクなど今ほどの価値は見いだせません。必要とされるので価値があるというだけだと見抜かねければならないと思います。

 何かを得たり何かを掴めると思っている限り、覚者の言葉は価値があります。
何かを掴んだり何かを得たなら、何を掴んだのか何を得たのかを言い表しているはずですが・・・・。「衆生本来仏なり」「奇なるかな、奇なるかな、一切衆生悉く皆な如来の智慧徳相を具有す。ただ妄想執着あるがゆえに証得せず」・・。
「自我さん」が「あるがまま」の現実に対してイメージ(=妄想執着)を投射して実現させようとすることを見抜けばいいだけかもしれません。
 我々人間はどう頑張っても今ある人間の機能以外の機能を得ることはできない。100mを8秒台で走ることはできないし、走り高跳びで3mを超えることもできません。免疫機能をコントロールすることもできません。問題を抱えて何百年生きたとしても長生きしてよかったとなるでしょうか。
 どんなスーパーマンになりたいのでしょうか。「自我さん」の馬鹿げた妄想よりも、目の前の事実を事実として生きるより他ありません。
 今ある完璧な人体機能を否定して、ある何者になれるという思い込みが単なる思い込みでしかないと見抜く必要があるかもしれません。

 思考すれば思考するほど何かを得たり何かを掴んで解決できると思いこんでいます。食べて痩せる。酒を飲んで肝臓を治す。買いだめを解決するには買いだめを報道する。正しく恐れさせて恐れをなくす。平和になるために武力を増強する。野良猫が可哀想なので餌やりをする。
 思考は休むことなく修練してきて出来上がっている無意識のプログラムです。プログラムがプログラムをデプログラミング(=脱洗脳)することは日々の癖に気づいていくしかありません。考えないでいようとすることは、断食するよりも難しいこと。当たり前に働いて今の自分(=固定観念)を作ってきたものを疑るということです。思考が静かにるときを何度も何度も経験するのが近道かも知れません。
蓮風
2020年03月01日 11:15
神秘体験の類いを体験しようと思っても、「難しすぎる、ということもないが、やさしすぎる、ということもない」程度の体験に過ぎませんね………。

まともに日常生活を生きようとするほうが有産かも知れません。
蓮風
2020年03月01日 11:17
思考そのものを極端に忌避するのも、自縄自縛というか、一定の状態への拘泥であり、反知性主義の変奏なんでしょうねえ……私自身も通った道ですが。


思考は思考に過ぎない。
効用もあれば、欠点もある。
それだけのことです。
お節介な見物人
2020年03月01日 13:21
 犬も猫も人間も木も果物もDNAの半分から80%程度は同じようです。仏陀もイエスも犬も猫も植物も石もダイヤも石炭も金塊も最初から意味や価値がついてるわけではないようです。ダイヤや宝石にまったく興味がない人にはただの石の種類の一つでしかありません。
 各人の必要度合いによって意味や価値が生じているかもしれません。大人になれば幼児の玩具で遊ぶ必要がなく、玩具には意味や価値はありません。
 欧米人が仏陀を知らずに一生を終えることもあるし、東洋人も聖書を読むことなく一生を終える人もいます。
 知ることや必要とすることで、意味づけや価値づけする土俵に上がってくるようです。イトカワ(小惑星)を知らない子供にはイトカワは何の意味も価値もないかもしれません。
 知られていない必要とされていない一切には、意味も価値もない一様なただの存在。知るとか必要とされない存在は単に「あるがまま」としてある。

 発見によって、知ったり必要と感じた人には自由に意味づけや価値づけすればそれでいいのではないでしょうか。それは「私」にはこういう意味がありこういう価値があるとして大事にすることに何の問題もありません。一切に意味も価値もないからこそ、好き勝手に意味や価値をつければいいだけの話です。
 ただ自身の意味づけや価値づけに振り回されて問題山積しては悩みが絶えない事になるのは自明のようです。また自身の意味づけや価値づけを後生大事にしてケチをつけられて反発していては気が休まることがありません。

 大好物だったある魚を食べて食中毒になったら、そのある魚は食べる価値のないものに変化するかもしれません。あらゆるものは最初から意味や価値がついているわけではないので、その都度意味や価値を見出して飽きたらまた意味や価値のないものとしてニュートラル(=中道)に戻して「あるがまま」にしておけばいいかもしれません。
「晴れてよし曇りてもよし富士の山 もとの姿は変らざりけり」
花が咲けば愛でればいいし、花が散れば侘び寂びを感じればいいのでは。
勘太郎
2020年03月01日 14:24
 愚さんへの質問です。お手すきでしたら教えてください。
① 度一切苦役なのに、どうしてバカヤロー禅で自我を解放する必要があるのでしょう。
  お話の中で、一般人は、ドカンとは落ちない とおっしゃっています。そうしたら、般若心経はうそつきです。
 完全に度すまでを「悟りの深浅は無限に大きい」と云うのでしょうか?


②バカヤロー禅をすると嫌な人を思い浮べても、柔らかく感じます。
  質問、嫌な人の芯に私と同じモノが有る様に親近感を意識的に感じる様に努力するのか?無駄な努力はしないで、嫌と感じたらバカヤローと言い続けるか?

③お願い 天才の道元様を天才で私とは縁のない方と言わないでください。
     私は愚さんを大好きです。抱きしめたい程です。そして道元も      読むと理解できないながら、快感を感じます。

 仏に逢ったら、仏を殺せ。なのか?仏教への批難の言葉が最近は多い様な気がします。
愚さんの自論である「遠くでなく目先の課題にどう取り組むか?」
課題から目をそらさない事である。
目をそらさないとは、どういうことか?
バカヤロー禅を実行して、からだに課題だと教え込む事だ。
バカヤローの対象が人だと具体的に人を思い浮かべながらバカヤローと叫ぶことが出来ます。お金が欲しいー、コロナウイルス不安だ~ーとこれからも毎夜叫びます
勘太郎
2020年03月01日 15:18
禅オリジナルを再度観ると質問・お願いの返答がありました。
お答えは必要なくなりました。

ビデオを楽しみにしています。
2020年03月01日 17:03


>お節介な見物人さん
>
> 我々は、体験が覚者であるとの証明であるかのように決めつける癖があります。ある現象・体験に意味や価値を見出したり認めるということは、意味や価値がある現象・体験以外は必然的に意味や価値がないとしていることになります。
> よく「あるがまま」と言われているのは、今このままで何の問題もないし何もすることはないということではないでしょうか。
> 修行僧が血の滲む苦労をしたと自慢気に話すのは「自我」が強かったという裏返しに聞こえます。修行僧の修行は「自我さん」の衝動との闘いかもしれません。何もしないということと一つに集中して他を排除する。(止観)
>
>「自我さん」は常に何かをしていたい何かを掴みたい何かを得たいという衝動で生きているようです。「自我さん」は止まってしまうと存在していないことが見抜かれてしまうので常に動き回っているしかありません。
> 経験や体験によって何者かになることはありません。身体が光りだすとか頭にエネルギーが渦巻いて髪の毛がチリチリになるわけでもありません。我々は何かの観念を掴むことで超人になるという「馬鹿らしい観念」から卒業したほうがいいかもしれません。
> 答えを得るには問題がなければなりません。「あるがまま」でいいという人には問題があるでしょうか。問題がなければ答えも必要ではありません。
>
> 「神」も人間の作った概念であり、「神」を見たり「神」と話す人などどこにいるのでしょうか。人知で説明できないことを「神」という概念を使うことで説明しているだけです。「野球の神」は「野球」というゲーム出来上がる前からどこかに潜んでいたのでしょうか。人間の力が及ばない悪いことが起これば「悪魔」を持ち出して説明します。人間の都合によって「神」や「悪魔」がお出ましになります。犬猫にも「神」がいるでしょうか。拝んでいる犬をいつの日か見ることができるかもしれません。
> 日本の神様に青い目で天然パーマで顎髭をたくわえた神様はいません。紙にイエスや仏陀やマホメットが描かれていたとしても単なる紙であって紙の価値には変わりありません。紙に「除菌」と書いても除菌されるわけではありません。仏像を作ったってただの何らかの形でしかありません。犬や猫にとってどれが価値があるかなどサッパリ分かりません。
> レアアース・金・銀・プラチナ・石油・ウラン・硬貨・・10万年前には何の価値もありません。2年前にマスクなど今ほどの価値は見いだせません。必要とされるので価値があるというだけだと見抜かねければならないと思います。
>
> 何かを得たり何かを掴めると思っている限り、覚者の言葉は価値があります。
>何かを掴んだり何かを得たなら、何を掴んだのか何を得たのかを言い表しているはずですが・・・・。「衆生本来仏なり」「奇なるかな、奇なるかな、一切衆生悉く皆な如来の智慧徳相を具有す。ただ妄想執着あるがゆえに証得せず」・・。
>「自我さん」が「あるがまま」の現実に対してイメージ(=妄想執着)を投射して実現させようとすることを見抜けばいいだけかもしれません。
> 我々人間はどう頑張っても今ある人間の機能以外の機能を得ることはできない。100mを8秒台で走ることはできないし、走り高跳びで3mを超えることもできません。免疫機能をコントロールすることもできません。問題を抱えて何百年生きたとしても長生きしてよかったとなるでしょうか。
> どんなスーパーマンになりたいのでしょうか。「自我さん」の馬鹿げた妄想よりも、目の前の事実を事実として生きるより他ありません。
> 今ある完璧な人体機能を否定して、ある何者になれるという思い込みが単なる思い込みでしかないと見抜く必要があるかもしれません。
>
> 思考すれば思考するほど何かを得たり何かを掴んで解決できると思いこんでいます。食べて痩せる。酒を飲んで肝臓を治す。買いだめを解決するには買いだめを報道する。正しく恐れさせて恐れをなくす。平和になるために武力を増強する。野良猫が可哀想なので餌やりをする。
> 思考は休むことなく修練してきて出来上がっている無意識のプログラムです。プログラムがプログラムをデプログラミング(=脱洗脳)することは日々の癖に気づいていくしかありません。考えないでいようとすることは、断食するよりも難しいこと。当たり前に働いて今の自分(=固定観念)を作ってきたものを疑るということです。思考が静かにるときを何度も何度も経験するのが近道かも知れません。

思考が、問題だと、本当に感じておられますか?
2020年03月01日 17:15


>勘太郎さん
>
> 愚さんへの質問です。お手すきでしたら教えてください。
>① 度一切苦役なのに、どうしてバカヤロー禅で自我を解放する必要があるのでしょう。
>  お話の中で、一般人は、ドカンとは落ちない とおっしゃっています。そうしたら、般若心経はうそつきです。
> 完全に度すまでを「悟りの深浅は無限に大きい」と云うのでしょうか?
>
原理的にはうそつきではありませんが、実践的にはうそつきです。実際的には、ある種の逃避を与えているのではないかと思っています。

>
>②バカヤロー禅をすると嫌な人を思い浮べても、柔らかく感じます。
>  質問、嫌な人の芯に私と同じモノが有る様に親近感を意識的に感じる様に努力するのか?無駄な努力はしないで、嫌と感じたらバカヤローと言い続けるか?
>
バカヤローと言い続けます。

>③お願い 天才の道元様を天才で私とは縁のない方と言わないでください。

かれも似たり寄ったりだと思います。ただ、文才があるのと、ノイローゼ的に仏教にはまったところが天才ですね。

>     私は愚さんを大好きです。抱きしめたい程です。そして道元も      読むと理解できないながら、快感を感じます。
>
三島由紀夫とか、似てるんじゃないですかね

> 仏に逢ったら、仏を殺せ。なのか?仏教への批難の言葉が最近は多い様な気がします。

仏教はよくできているので、わたしから、自分で考えぬくチャンスを奪いました。これはあきらかに弊害です。

>愚さんの自論である「遠くでなく目先の課題にどう取り組むか?」
>課題から目をそらさない事である。
>目をそらさないとは、どういうことか?
>バカヤロー禅を実行して、からだに課題だと教え込む事だ。
>バカヤローの対象が人だと具体的に人を思い浮かべながらバカヤローと叫ぶことが出来ます。お金が欲しいー、コロナウイルス不安だ~ーとこれからも毎夜叫びます

ひとが求めているものは自分の感情との接触だと感じています。というのは、接触することによって、癒されるからです。さまざまな文学や音楽もそうだと思います。自分の感情と接触するツールなのだと思います。

もし、そうであるなら、そんなツールを使わずに、直接接するように意図的になったらいいだろうというのが、素朴な提案です。
2020年03月01日 17:15


>勘太郎さん
>
>禅オリジナルを再度観ると質問・お願いの返答がありました。
>お答えは必要なくなりました。
>
>ビデオを楽しみにしています。

とにかく、なんでも質問してください。そのたびに、こちらも整理されます
お節介な見物人
2020年03月01日 17:56
愚さん

頭の中のお喋り(=思考)が止んで事実とともにあって至福を感じます。
蓮風
2020年03月01日 18:14
「解決した」のならば、それで佳いんじゃないんでしょうか。
2020年03月01日 18:39


>お節介な見物人さん
>
>愚さん
>
>頭の中のお喋り(=思考)が止んで事実とともにあって至福を感じます。

であれば、その情景を描写されたらどうでしょうか?
お節介な見物人
2020年03月01日 18:56
愚さん

果物の味も描写する能力もありません。
描写できればいいのですが、言葉では不可能かと思われます。
蓮風
2020年03月01日 19:14
それは、味わったものの表現なんて原理的に不可能なんですが、それを承知で「苺は苺、林檎は林檎」と決着しなかったんですか?
蓮風
2020年03月01日 19:22
超然とした立場で、ごく当たり前のことを書くってことは、雀さんなの? > 見物人氏
お節介な見物人
2020年03月01日 20:11
当たり前のことで決着しないで、どこで決着するのでしょうか。
蓮風
2020年03月01日 20:32
それはおっしゃるとおり。
でも、それにしてはクドい。
2020年03月01日 21:57


>お節介な見物人さん
>
>愚さん
>
>果物の味も描写する能力もありません。
>描写できればいいのですが、言葉では不可能かと思われます。

なるほど・・・・しょうがないですね
地球人
2020年03月02日 00:47
自我の悪い所は利害、損得勘定が働く点です。

どうしても、特別視してしまうのです。
通行人
2020年03月02日 10:51
自我の消滅は無理。

誰だって、自己ファースト。

自我の悟りでいいでしょ。^^
通行人
2020年03月02日 11:22
自己に執着するから煩悩が生じる。

自己を解放させてあげればいいってことです。^^