ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

cheaptrick
2020年02月18日 12:06
渡辺さんの物理の話のファンです。

量子論といえば二重スリット実験です。遅延選択実験とか量子消しゴム実験とか、不思議なものがいっぱいありますが、もうひとつ腑に落ちません。できればこれもお願いしたいところですが、マニアックすぎますかね。

哲学的な議論は、結局個人の感想を述べあっているだけで、どこにも行き着きませんが、物理は、それがどれほど常識はずれのアイデアであっても、実験で決着がつくのでスッキリします。その点、禅が見性で決着をつけるのと似ているようです。

それから、「時間の終焉」の表側のカバー袖に、クリシュナムルティの「ある晩、世界のその地方の不思議な静寂の中で・・・」という文章がありますが、どこからの引用なのでしょうか? 
2020年02月18日 14:06
彼女にふられて鬱になってます。これからどうやっていきていけばいいんだ。
2020年02月18日 17:05


>cheaptrickさん
>
>渡辺さんの物理の話のファンです。
>
>量子論といえば二重スリット実験です。遅延選択実験とか量子消しゴム実験とか、不思議なものがいっぱいありますが、もうひとつ腑に落ちません。できればこれもお願いしたいところですが、マニアックすぎますかね。
>
>哲学的な議論は、結局個人の感想を述べあっているだけで、どこにも行き着きませんが、物理は、それがどれほど常識はずれのアイデアであっても、実験で決着がつくのでスッキリします。その点、禅が見性で決着をつけるのと似ているようです。
>
>それから、「時間の終焉」の表側のカバー袖に、クリシュナムルティの「ある晩、世界のその地方の不思議な静寂の中で・・・」という文章がありますが、どこからの引用なのでしょうか? 

大野純一さんが入れたんですが・・・・たしか、生と覚醒のコメンタリー、からだと思うのですが・・・・・魅力的な文章ですよね
cheaptrick
2020年02月18日 18:31
>大野純一さんが入れたんですが・・・・たしか、生と覚醒のコメンタリー、からだと思うのですが・・・・・魅力的な文章ですよね

ありがとうございます。

いい文章ですよね。「時間の終焉」を読むときはいつも、まずこの文章を読んでから本文に入ります。通奏低音みたいなものです。

「コメンタリー」は、いちおう全巻持ってるんですが、ほとんど読んでません。クリシュナムルティの本は何となく読みづらくて苦手です。ただ、ボームさんとの対話だけは読めます。
2020年02月18日 18:46


>cheaptrickさん
>
>>大野純一さんが入れたんですが・・・・たしか、生と覚醒のコメンタリー、からだと思うのですが・・・・・魅力的な文章ですよね
>
>ありがとうございます。
>
>いい文章ですよね。「時間の終焉」を読むときはいつも、まずこの文章を読んでから本文に入ります。通奏低音みたいなものです。
>
>「コメンタリー」は、いちおう全巻持ってるんですが、ほとんど読んでません。クリシュナムルティの本は何となく読みづらくて苦手です。ただ、ボームさんとの対話だけは読めます。

三巻、四巻のほうが読みやすいかもしれません・・・・
非常にユニークで優れた本だと思っています。

こういうのはほかにないんじゃないかな

それと、かれの記憶力に驚きます。どうなっているのかな?文学的な才能はあるみたいですね・・・・
宮啓
2020年02月18日 20:12
 仏陀が現実を観察すると、甘美に見える。

 A氏が現実を観察すると、灰色に見える。

 B子が現実を観察すると、ピンク色に見える。

 現実の色も、誰が観察するのかも、確率的に確立しているのかもしれません。

 高確率現象を「世論」「常識」「メジャー」と呼び、低確率現象を「マイナー」「少数派」「奇異」「特殊」と呼ぶのでしょうか。

 ちなみに、現在のところ、クリシュナムルティの陳述内容は、特殊・奇異・少数派と見なされるのではないでしょうか。。
cheaptrick
2020年02月19日 01:04
>三巻、四巻のほうが読みやすいかもしれません・・・・
非常にユニークで優れた本だと思っています。

>こういうのはほかにないんじゃないかな

>それと、かれの記憶力に驚きます。どうなっているのかな?文学的な才能はあるみたいですね・・・・

わかりました。今度チャレンジします。