わたしの坐禅観

>特に質問6は絶対に聞きたいです。

質問6というのは、わたしの坐禅観、ということです。

抽象的な説明は後でします。わたしの坐禅はこんな感じです。予定を早めて、さっき接心から帰ってきました。

坐禅している間ですが・・・・


ところで、あの件はどうなるかな?これこれになるかな?そうなったらどうしようかな?ああしようかな、こうしようかな・・・・・

こんなことを考えててもしょうがないな、やはり、無字の公案でもやるかな

ムー!

こんなことの繰り返しです。


初心のころと一緒です。坐禅を始めて、三十数年になりますが、こんなところです。昔と変わりません。

要は、いきあたりばったり、ただ、坐禅しているだけです。形だけやっているわけです。

思考の連鎖はまずいわけですが、それが起こるときはしょうがないんで、起こるままです。

そうすると、おのずから落ち着いてきます。落ち着くと、洞察が働きやすくなります。全体の構造が、ただの因果、因縁によって引き起こされているということがわかったりします。

ただ、これだと、いわゆる無事禅・・・・・坐っていれば、悟らなくてもいい・・・・になってしまうわけですが、それはマズいんです。

ですから、なんとしてでも、真理を悟りたいという強い欲求を持ちながら、あわてずに、坐禅にお任せするという感じです。公案に任せてもいいです。おそらく、念仏や題目、祈りでも同じでしょう。

抽象的?、理屈っぽい説明は、また、今度、書きます。いずれにせよ、KB会でやります。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

地球人
2019年06月20日 15:51
>ただ、これだと、いわゆる無事禅・・・・・坐っていれば、悟らなくてもいい・・・・になってしまうわけですが、それはマズいんです。

たしかに、唯坐ってるだけで自我が静まって治まってしまうので、これでいいか・・・となります。笑
Keiren Applebaum(桂蓮)
2019年06月20日 16:16
私は>抽象的?、理屈っぽい説明は、また、今度<の編を先に読んで、この記事をよんだのですが、
こっちの方が理屈ぽいし、
理屈ぽいはずの坐禅観の方が
すんなり入ってくる感じがしますね。

個人的には渡辺さんの坐禅観が好きです。
無理強い説明しないところとか
理屈で格好つけないところとか
それが格好いいと思っています。

大体東大理系出たように思えない素朴さが好きで
ずっとビデオ観てますけどね。

まあ、なんだかんだ言っても私は正真正銘のアメリカでの渡辺さん支持者ですからね。

2019年06月20日 22:14
>まあ、なんだかんだ言っても私は正真正銘のアメリカでの渡辺さん支持者ですからね。

ありがとうございます。もっと、向上しなきゃという励みになります。

この記事へのトラックバック